<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

年末の片平キャンパス散歩で

今年も残りわずかですが、冬枯れのなかに緑の植物が目立つ時期になりました。
先日の片平キャンパス散歩で見つけたクロマツです。
f0100593_15482878.jpg
まるでジャングル!片平キャンパスの一角です。
これもこの時期ならでは、見つかった光景でしょう。
f0100593_20185195.jpg
ジャングルと思えた一角は、実は何でもないところ。
f0100593_20185816.jpg
空高く伸びるユリノキの枝ですが、
この時期ならでは、樹の姿がよく姿が判るのでしょう。
f0100593_20192211.jpg
多分これが今年最後の投稿になりそうです。
皆さんどうぞよい年をお迎えください。


by ciao66 | 2017-12-28 16:02 | 仙台散歩 | Comments(4)

冬の片平キャンパス散歩で見つけたものは・・・

片平キャンパスを散歩していて見つけたのです。
黒紫、丸型しわしわの熟した実。これなんだろう?
気になって、はなせんせにネットで聞いてみることに。
f0100593_20191012.jpg
樹の全体像はこんな感じ。
すっかり葉は落ちて、枝にたわわに実がついています。
f0100593_20191691.jpg
こうして撮ってみると面白い感じ。
枝がしなって空を向いて勢いが有ります。
f0100593_20190426.jpg
はなせんせから答えが返ってきて、これはマメガキではないかと。

そうか!と画像検索して調べて、たぶん違いなかろうと思いました。

カキ(柿)の小さいのだったとは♪

1枚目の写真をよく見ると確かに柿のへたが有りました

春から秋にかけて散歩のついでに、観察したいと思います。
by ciao66 | 2017-12-24 20:46 | 仙台散歩 | Comments(4)

漱石山房記念館に行ってみる

早稲田南町7番地、 ここに漱石が住んでいたのですが、
その地に開館したばかりの「漱石山房記念館」に行ってきました。
f0100593_15105623.jpg
再現された「漱石山房」です。
バルコニーがぐるっと回った洒落た建物。
f0100593_15111472.jpg
再現されたのは右端の書斎の部分のみです。
f0100593_15112253.jpg
ここに漱石は明治40年に引っ越して、ここで大正5年に死去しました。
 
バルコニーの手すりが描く模様がアートです。
日当たりのいい書斎だったようです。
f0100593_15113251.jpg
建物の中は撮影禁止なので、ご案内できませんが、
漱石当時のように室内も復元されていて、
公式サイトにはちょっとだけ その様子が出ています。

漱石の旧宅は空襲で焼失したままでしたが、部分的ながら再現されたわけです。
猫の案内で2階に上がって、展示物を見学します。
小説のあの猫・・・!?
f0100593_15134498.jpg
2階から見た1階の様子です。
f0100593_15184925.jpg

建物の周りにはゆかりの植物があります。
f0100593_15140243.jpg
赤い実は・・・ザクロでしょうか。
f0100593_15141270.jpg
バショウかな・・・これも漱石の家に有ったのでしょう。
f0100593_15150083.jpg
紅葉する百日紅も当時の姿を偲ばせます.
(ここに行ったのは11月中旬でした。)
f0100593_15160687.jpg
漱石の胸像です。
f0100593_15154989.jpg
猫のお墓です。猫は千駄木の「猫の家」からここへ引っ越し、その後亡くなった。(←本文訂正しました)あの「吾輩は猫である」の猫で、小説だけではなく実在した漱石の愛した猫。空襲でバラバラになったものが復元されています。
f0100593_15163140.jpg
猫塚の案内板です。
f0100593_15165510.jpg
漱石が「三四郎」「それから」をここで書き、門人たちが集まっていた様子を想像し、
書斎の再現や、猫塚、ゆかりの植物なども見られる、なかなか興味深いところでした。

by ciao66 | 2017-12-20 20:50 | 東京散歩 | Comments(2)

冬の散歩道

山茶花が冬空に映えていました。
この青空が有ると、白が綺麗だと思ったのです。
「あら嬉しい」と山茶花の声が聞こえたような・・・
f0100593_22125923.jpg
@榴岡公園
by ciao66 | 2017-12-16 08:44 | 仙台散歩 | Comments(2)

26. マカルト広場からセバスティアン教会へ歩く

オーストリア旅行の最終日、オーベンドルフからザルツブルクに戻って来ました。
飛行機の出るのは夕刻なので、まだ少し時間が有ります。
f0100593_21393438.jpg
ちょうど12時頃、路地裏に見つけたレストランです。
f0100593_19094160.jpg
料理の写真は上手く行かず、お皿と食器だけ撮ってどうする?(笑)。
f0100593_19091847.jpg
モーツァルトハウスそばのフュルストというお菓子屋さんに来ました。
手作りなのはここだけという、モーツァルトクーゲルンの元祖のお店。
(丸いチョコですが、買ったのはここだけなので、比較はできず。)
f0100593_21374651.jpg
橋を渡って、マカルト広場に来ました。
ここもモーツァルトハウスなのですが、生家が手狭になって、そこから引越した家です。
この2階部分に一家は住んでいましたが、2階だけでも結構広い立派な家です。
f0100593_21404669.jpg
建物はタンツ・マイスター・ハウス(舞踏教師の家)という通称で、実はこの家は、第二次大戦の空襲で粉々になって、最近になって再建されたものです。
2階からは写真禁止で、ご紹介できませんが、とても丁寧に再現されている印象でした。
公式サイトはこちら
f0100593_21405721.jpg
午後2時半ころ見学を終え、
リンツァー通りを少し歩いてセバスティアン教会に来ました。
f0100593_21410700.jpg
堂内の様子です。
f0100593_21414219.jpg
美しい回廊です。その外側は・・・
f0100593_21421030.jpg
教会の墓地になっていて、
f0100593_21431234.jpg
目当てのお墓を見つけました。
真ん中の大きい墓がモーツァルトの奥さんのコンスタンツェ。
小さい右側の墓が、モーツァルトの父、レオポルトの墓です。
f0100593_21425752.jpg
ニッセンというのはモーツァルトの死後しばらくして再婚した相手の姓で、コンスタンツェ・モーツァルトからコンスタンツェ・ニッセンに変わったわけです。
再婚したニッセン氏はデンマーク人の外交官で、コンスタンツェとともにモーツァルトの伝記や手紙の編集などに携わりました。

有能な教育者であったモーツァルトの父レオポルト、
彼がいなければ天才モーツァルトはいなかったはずですが、
お墓が脇に有って、小さいのは謎です。

午後3時半ころ、最後に来たのは、ミラベル庭園です。毎日のように来ていたのですが、一か所撮り忘れたところ、
ぐっと手を伸ばした二人の銅像は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のなかで
ドレミの歌を歌いながら通過したところでした。
f0100593_21440819.jpg
すぐそばのホテルに預けてあったキャリーケースを受け取り、バスでザルツブルク空港に向かいます。
20分ほどで空港に到着、近くて便利な小さなローカル空港です。
f0100593_21450223.jpg
乗るのはルフトハンザ子会社のユーロウィングス。
ゲートから歩いていき、タラップで飛行機に搭乗、このローカルさがいいのです。
f0100593_21452419.jpg
ザルツブルクの夕刻の空からの景色です。時刻は午後7時前ころ。
向かう先は、ベルギーのブリュッセルです。
f0100593_21460504.jpg
飛び立ってまもなく国境越え、ここはドイツの上空です。
f0100593_21464096.jpg
乗り換えのブリュッセル空港です。乗り換え時間は50分だけという忙しさで、遅れたら大変だったのですが、ほぼ定刻に着いてくれたので幸いでした。
f0100593_21473342.jpg
無事乗り換え完了し、今度はANA便で日本へ。
f0100593_21475609.jpg
雨の成田に到着。
この旅で初めて遭遇した雨。
f0100593_21481808.jpg
最後まで長々と旅行記をご覧いただき、コメントを頂戴し、
どうも有り難うございました。

さて、次回は何処へ?


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

by ciao66 | 2017-12-12 21:09 | オーストリア2017 | Comments(6)

25. 国境の橋を渡ってラウフェンの街に行く

渡った向こう側はドイツ、ここは国境の橋です。
でも、昔からここが国境だったわけではありません。その謎解きはのちほど・・・。
f0100593_21105437.jpg
付近の地図です。南から北に流れる国境のザルツァッハ川、その東側(右岸)はオーストリアのオーベンドルフ、その西側(左岸)はドイツのラウフェンという町です。
f0100593_21024151.jpg
案内板にはこんなことが書いて有りました。
「ラウフェン、町は分断された。」・・・どういうことだったのでしょう。
f0100593_21025391.jpg
案内板を読んでみると・・・(以下は意訳し要約しています)
ザルツブルク司教の領地だったラウフェンは何度も戦争に見舞われ、フランス革命に続くナポレオン戦争のあと(その戦後処理で)1803年から18167年の間には大きな変化が起こり、一旦はイタリアのトスカーナ大公の領地に変わり、その後すぐにまた支配者が変わって、今度はドイツのバイエルン王国の一部になりました。
f0100593_21274008.jpg
1816年にはまた変化が有り、バイエルン王国はプファルツ地方と引き換えに、川の東側部分をオーストリア帝国に手放し、これにより、何世紀もの間ひとつの町だった、ラウフェンは分断されて、ラウフェンとオーベンドルフに別れることになりました。
f0100593_21280905.jpg
町を流れる川が新しい境界になったことで、経済は混乱し、両岸の人々は違う国籍になりました。ルール、法律、学校、通貨、その他何もかもが違ったものになり、多くの家族が互いの関係を断たれたと感じました。岩塩の流通で栄えた町は小さな村になってしまいました。
f0100593_21284090.jpg
 静かな美しい町ですが、昔は一つの町だったのが、政治にや戦争に翻弄され、ついに分断されてしまったという歴史を持っていました。
これは現地に来てみないと判らない事実でした。この小さな町の歴史はあまり知られていないように思われます。
ナポレオン戦争についてはヨーロッパ各地で影響を及ぼしていますが、国境が変わった例は他にも多くあったと思われます。
案内板の説明では、分断が市民へどう影響したのかの記載が印象に残りました。

橋のたもとの旗が並ぶ場所です。オーベンドルフ側には、
オーベンドルフの旗、ザルツブルク州の旗、オーストリアの旗、EUの旗。
f0100593_21034236.jpg
オーベンドルフ側から国境の橋と対岸のラウフェンを望みます。
この橋を渡る前に、オーベンドルフ側の眺めの良さそうな高台を発見して、そちらに行ってみます。
背後を見上げると・・
f0100593_21040527.jpg
階段の上に素敵な祠が見えたのです。
f0100593_21042619.jpg
祠からさらに進むと、広い田園地帯でした。
f0100593_21045569.jpg
オーベンドルフの緑の景色。広い空でした。
f0100593_21050879.jpg
また元の場所に戻って、これから国境を越えます。
f0100593_22175252.jpg
国境の橋の名前はヨーロッパ橋という。小さな橋。
f0100593_22194030.jpg
国境を越えました。オーベンドルフ側を振り返ります。
よく見るとDとOのプレートが写真の左右両端に有ります。
これが国境線でしょう。 
f0100593_22190908.jpg
ドイツ側の岸に立ちました。
ザルツァッハ川は少し先でドナウ川に繋がり、ずっと先では黒海に流れこむ川です。
f0100593_21055582.jpg
ラウフェン側の橋のたもとの旗です。
町の旗、バイエルン州の旗、ドイツの旗、EUの旗。
f0100593_21065658.jpg
街の中心部に入りました。ここを左に曲がって・・・
f0100593_21070716.jpg

先に進むと茶色い屋根の大きな教会が有ります。
対岸のオーベンドルフ側から見えていた教会でしょう。
f0100593_21071713.jpg
下から見上げます。立派な教会Stiftskircheです。
f0100593_21073099.jpg
教会が立派なのは、岩塩を運ぶ拠点として、水運で栄えた街だったので、財力が有ったのでしょう。
f0100593_21074044.jpg
回廊は中世風の雰囲気のあるものでした。
f0100593_21075072.jpg
ドアを開けて入ろうとしたのですが、開きません。
閉まっているのか、仕方がないね。と思ったとき・・・
f0100593_21090589.jpg
ドアを開けて人が出てきました。
硬くて開けにくいドアだったようです。
おかげで中に入ることが出来ました。堂内の様子です。
f0100593_21092542.jpg
回廊の端からザルツァッハ川を望みます。
美しい緑の河原の向こうはオーストリア、こちらはドイツです。
f0100593_21082078.jpg
教会を出て、街の中心広場マリエンプラッツを通って・・・
f0100593_21094645.jpg
もう一つの国境の橋、ザルツァッハ橋を渡って、オーストリア側に戻ります。
こちらの橋はとても立派な橋です。
f0100593_21100773.jpg
振り返ると先ほどの教会が見えました。
f0100593_21105437.jpg
この美しい景色は昔も今も変わりがないのでしょう。
f0100593_21103582.jpg
次回はオーストリア旅行記の最終回です。
ザルツブルクに戻って、夕刻まで時間が有ります。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

by ciao66 | 2017-12-09 22:10 | オーストリア2017 | Comments(4)

24. オーベンドルフの「きよしこの夜礼拝堂」 sanpo

ザルツブルクの郊外に有名なクリスマスソングの生まれた教会が有り、旅の最終日にそこへ行ってきました。
それは小さな村の教会で起きた、200年前のある出来事がきっかけでした。
f0100593_20351753.jpg
オーベンドルフに行くにはザルツブルク地下駅から電車に乗ります。
f0100593_20302429.jpg
ザルツブルク・ローカルバーンという名前の私鉄ですが、
f0100593_20303430.jpg
単線ののんびりしたローカル線。途中の駅ですれ違い・・・
f0100593_20304485.jpg
外には緑の牧草地が広がり、
f0100593_20311724.jpg
この日も青空♪
オーストリア旅行中ずっとお天気でした。
f0100593_20310688.jpg
30分ほど乗車してオーベンドルフ駅で下車し、
「きよしこの夜礼拝堂」に向かいます。
f0100593_20314120.jpg
この道を真っすぐ行くと、まもなくザルツァッハ川に出るはず。
f0100593_20315043.jpg
不思議な十字架のような雲。
飛行機が交差しただけでも、なんだか十字架のように見えてきました。
f0100593_20320773.jpg
土手に出ました。どんな眺めでしょう。
f0100593_20321879.jpg
ザルツァッハ川です。手前はオーストリアで、向こうはドイツのバイエルン州。
国境の川を見るというのは初めてで、これも目的の一つだったのです。
f0100593_20323336.jpg
川はぐっと蛇行して流れています。向こうのドイツの街はラウフェンという所。
f0100593_20324225.jpg
大胆に湾曲したザルツァッハ川、気持ちのいい散歩道でした。
ここから土手を降りると、
f0100593_20334267.jpg
「きよしこの夜礼拝堂」のある広場が見えてきました。
f0100593_20341692.jpg
丸い形のかわいい建物です。
f0100593_20351753.jpg
入り口はこちら側です。階段を上がって入ってみましょう。
f0100593_20352742.jpg
木の長椅子が数列だけの小さな礼拝堂です。
f0100593_20361774.jpg
祭壇です。
f0100593_20353771.jpg
祭壇を拡大して見て見ましょう。素朴だが味のあるレリーフです。
f0100593_20360616.jpg
横のステンドグラスを見ると、星の下にギターを抱えた作曲者のグルーバーと、
「きよしこの夜」の楽譜が描かれています。
f0100593_20354713.jpg
もう一つのステンドグラスには作詞者のモール司祭が描かれています。
f0100593_20355582.jpg
元々あった教会は洪水で流失し、その後に出来たのが今の礼拝堂です。

1818年のクリスマスの数日前、鼠が教会のパイプ・オルガンの弦をかじって演奏不能になりました。修理が間に合わずに困ったモール司祭は、自作の詩を教会のオルガン奏者のグルーバーに見せて、ギター伴奏で歌えるように作曲を依頼し、ミサの数時間前に出来上がったのが「きよしこの夜」でした。

奇跡のようなお話でしたが、ここから「きよしこの夜」の歌(←音が出ます)が世界中に広まっていったわけです。
f0100593_20370461.jpg
湾曲した川を向こうに行くと橋が有り、そこから国境を越えて、
対岸のドイツ領内、ラウフェンの街に入ることにしました。
f0100593_20500533.jpg
次回は国境の町、ラウフェンとオーベンドルフの意外な歴史を発見する、の巻です。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

by ciao66 | 2017-12-06 19:54 | オーストリア2017 | Comments(4)

関口芭蕉庵と六義園に行く

鎌倉へ行く前の日は、東京都内の散策をしておりました。
ここは、松尾芭蕉が住んでいたというところです。
芭蕉が何故ここに住んでいたかというと・・・
f0100593_16073573.jpg
関口芭蕉庵は神田川に面していて、神田上水の改修工事にたずさわっていた。
俳人の前は土木屋さんという異色の経歴!

関口芭蕉庵、少しだけ色づいた樹と秋空。
f0100593_16063844.jpg
風流な池。
f0100593_16062855.jpg
先に進むと・・・
f0100593_15570262.jpg
一番奥の方に庵らしきもの。芭蕉の没後に弟子たちが建てたらしい。
f0100593_16072623.jpg
俳人の住んでいたところだけに、やはり風流なところでした。

関口芭蕉庵の脇にある胸突坂を登ると目白台です。
f0100593_16064610.jpg
文京区をずっと縦断して駒込の六義園に来ました。
ちょっと色づき始めた頃でしたが、今頃はどうなったでしょう。
f0100593_16083351.jpg
大名庭園らしい伸びやかなところでした。
f0100593_16084473.jpg
一番高い小山に登ると・・・これは絶景です。
f0100593_16085399.jpg
印象に残ったのは、
曲線が風情のある石の橋でした。
f0100593_16090300.jpg
続きはオーストリア編の後になります。
by ciao66 | 2017-12-03 09:34 | 東京散歩 | Comments(4)