カテゴリ:九州はるばる( 19 )

7. 福岡市博物館で時空をまたぐ歴史散歩?

福岡で泊まったのは、中洲川端駅そばのホテルオークラ福岡ですが、
ラッキーなことに・・・
f0100593_17152907.jpg
グレードアップしてもらった大きめの部屋でした。角部屋でしたから・・・
f0100593_21195891.jpg
そこからは博多川と中洲が見えます。
f0100593_21202261.jpg
夕食は、ホテルの近くの中華のお店、星期菜。
f0100593_21193831.jpg
評判のいいお店ですが、
f0100593_21194457.jpg
やはり、期待を裏切らないお味でした。
f0100593_21195009.jpg
夕食後、ホテルの近くをお散歩です。
f0100593_21201339.jpg
那珂川を挟んで、右手は博多の中洲、左手は福岡地区。
f0100593_21201812.jpg
翌日のホテルの朝食です。色々と有ってなかなか良かったのでした。
f0100593_21363858.jpg
天神に出て、そこから西鉄バスで博物館へ移動中です。
都市高速を通る路線バスというのは初めてで、なんと
「立っている人はしっかり吊革につかまって」というアナウンスも!
f0100593_21202887.jpg
さすがにスピードは控えめでしたが、不思議な感じでした。
このバス、高い所から湾岸地帯が望めてなかなか面白いのです♪
f0100593_21225053.jpg
着いたところは、「シーサイドももち」の中心部、
なぜかサザエさん通りの向こうに、福岡市博物館が有ります。
f0100593_21203275.jpg
ここのお目当ては、金印です。
漢倭奴国王印」本物が展示されていますが、意外に小さいもので、
しかし想像以上に立派なものでした。写真は説明ビデオからの抜粋です。
f0100593_21205045.jpg
印影です。
f0100593_21205519.jpg
金印が伝わったルートです。
f0100593_21204670.jpg
弥生時代の甕棺墓(かめかんぼ)です。まゆのような不思議な形をしていますね。
f0100593_21211056.jpg
遣唐使の船の復元です。
f0100593_21211582.jpg
想像力が膨らみます。
f0100593_21212083.jpg
鴻臚館です。平安時代に設置された外交および海外交易の施設で、のちの福岡城のあったところに有りました。
f0100593_21213375.jpg
蒙古船の大きな木碇です。石を挟んでいました。
f0100593_21213847.jpg
蒙古の後、明の時代の交易船です。
f0100593_21215350.jpg
江戸時代の福岡と博多です。海がもっと迫っていました。
f0100593_21220126.jpg
戦前~戦後の福岡の様子です。
f0100593_21223462.jpg
今は無き「西鉄」ライオンズ、埼玉に行ってしまいましたが・・・
f0100593_21223934.jpg
博多祇園山笠の舁き山です。「まだ少し背が足らないよ」というシーンでしょう。
長谷川 法世作の漫画、「博多っ子純情」(1976~83年)を思い出しました。
f0100593_21224361.jpg
こちらは博多どんたく、でしょうか?
f0100593_21203798.jpg
ここは福岡の歴史をビジュアルに楽しめる、なかなかいい博物館でした。
1時間少々の見学の後、地下鉄で福岡空港に来てランチにします。
f0100593_21230408.jpg
お天気は下り坂でしたが、何とか雨にも逢わず、最終日まで来て、
最後は麺類で仕上げです。博多ラーメンを美味しくいただきました。
f0100593_21230838.jpg
小さなジェット機で仙台へ2時間たらず、夕刻には帰宅しました。
f0100593_21370808.jpg

by ciao66 | 2019-04-23 06:59 | 九州はるばる | Comments(4)

6. 太宰府天満宮と「令和」ゆかりの大友家持邸宅跡

ここは太宰府天満宮の太鼓橋です。
これを渡ると、清めになるのだそうです。
f0100593_21005443.jpg
その数分前です。参道のお店で名物の梅ヶ枝餅を頂きました。
f0100593_20481727.jpg
門前町はここで終わり、和服を着た外国人も多数お参りです。
f0100593_21003446.jpg
クスノキでしょうか。見事に茂っています。
f0100593_21004184.jpg
雰囲気のある太鼓橋です。
f0100593_21004863.jpg
冒頭の写真の場所に追いつきました。
まだもう一つの太鼓橋が見えます
f0100593_21005443.jpg
朱塗りの立派な楼門は安土桃山時代のもので、
石田三成が再興したものだそうです。
f0100593_21010703.jpg

~~菅原道真は、平安時代を代表する政治家、学者で、右大臣まで上り詰め、讒言によって太宰府に左遷された。
その後、道真の怨霊が雷神となり、その怒りを静めるために天満宮が建設された。~~

いよいよ本殿が見えてきました。
f0100593_21011640.jpg
お~。これが京都からはるばる飛んできたという伝説の梅です。
その名も飛梅!
f0100593_21012140.jpg
美しい建物はやはり安土桃山時代のもの。
f0100593_21012781.jpg
お参りしました。
f0100593_21013195.jpg
天満宮を敷地を通り抜けて、
大きな建物のエスカレーターに来ました。
ここは何処でしょう?
f0100593_21013771.jpg
続いて、ミステリアスなブルーの通路は動く歩道を行きます。
色は次々と、赤・緑・・・と変化!
f0100593_21014399.jpg
着いたところは九州国立博物館。
ふにゃふにゃした屋根の形がユニークですね。
f0100593_21014954.jpg
入ってみました。
f0100593_21015487.jpg
沖縄の船だそうです。
f0100593_21020180.jpg
展示物のなかでは遣唐使の船関連の展示が、持ち帰った品々などがビジュアルで、面白かったのですが・・・
博物館ではエリアも九州全体と広く、時代も古代から近代まで幅広く、結局は焦点絞り切れず?の印象でした。

夕方になって、曇り空で少し暗くなってきましたが
もう一か所見るところが有ります。

太宰府駅からバスに乗って「大宰府政庁跡」にやってきました。
f0100593_21023441.jpg
広い敷地に石が残るだけですが・・・
奈良・平安時代を通して、九州を治め、対外防衛拠点であり、
外国との窓口ともなる役所が大宰府でした。
f0100593_21024164.jpg
大伴家持の歌碑も有ります。
赴任先で妻を亡くして苦労したようです。
f0100593_21035610.jpg
そして、政庁のお隣に来ました。
f0100593_21024799.jpg
坂本八幡神社です。
f0100593_21034047.jpg
ここは「令和」ゆかりの大友家持邸宅跡。
f0100593_21032732.jpg
万葉集の歌会「梅花の宴」が開かれたところです。
f0100593_21033350.jpg
太宰府展示館では「梅花の宴」の様子が再現されていました。
f0100593_12303021.jpg
梅の花の序文 

 天平2年(730年)正月13日に、太宰府の長官の大伴旅人の家に集まり、梅花の宴を開く。
季節は、初春のよい月で、大気もよく風も穏やかになり、梅の花は鏡の前(に座る美女たちが化粧に使う)白い粉のように(白く)開き、蘭は(身にまとう)装飾品の香りのように薫っている。

時に、初春の月にして、氣淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、 蘭は珮後(はいご)の香を薫す。


令和が始まろうとするときに、
そのゆかりの地に来ることができて幸いでした。

次回は福岡に戻り「九州はるばる編」の最終回です。


by ciao66 | 2019-04-21 12:55 | 九州はるばる | Comments(4)

5. 福岡城でお花見とバードウォッチング? そして西鉄電車に乗る

福岡城の続きです。黒田長政が築城した城ですが、わずかに現存する櫓、祈念櫓です。
f0100593_20420154.jpg
祈念櫓の遠景です。1600年、黒田長政は関ヶ原の戦いの戦功で、徳川家康より52万3千石を与えられ福岡藩初代藩主になりました。
f0100593_20420699.jpg
天守台の石垣です。
f0100593_20421353.jpg
天守台は構造が込み入っていて、
大天守台の東側に、中天守台と小天守台が連なる面白い構造♪
f0100593_20422066.jpg
小天守台?から西方向を望むと、大濠公園がよく見えます。
f0100593_20422520.jpg
橋を渡って向こうが大天守台です。
f0100593_20422937.jpg
一番上から振り返ります。
f0100593_20432907.jpg
北東方向の眺めです。
f0100593_20435480.jpg
眼下は桜が満開でした♪
f0100593_20440109.jpg
天守台から降りてきました。
f0100593_20441273.jpg
名島門です。名島城から移設されたもの。
この門をくぐって進むと・・・
f0100593_20441909.jpg
大濠公園に来ました。大きなお城の堀です。
池にしか見えませんが・・・
f0100593_20442450.jpg
美しい花も咲いて、とても気持ちのいい所でした。
f0100593_20442908.jpg
歩いていると、鳥に遭遇しました! 
人間に慣れているようで、近寄っても逃げません。
バードウォッチングのチャンス♪
f0100593_20443584.jpg
アオサギだったようです。ペリカンの仲間で、夏は北海道で生息し、冬になると九州に渡ってくるそうです。
f0100593_20444176.jpg
地下鉄大濠公園駅から天神駅に出て、西鉄に乗り換え、
14時ちょうどの特急大牟田行に乗ります。
f0100593_20472953.jpg
西鉄に乗るのは初めてです♪
西鉄の駅名は天神駅だと思ったら意外にも、
正式名称は福岡駅、副駅名が天神なのでした。
f0100593_20473597.jpg
車内の様子です。
f0100593_20474077.jpg
14分ほどで二日市駅に到着。ここで下車して、
f0100593_20475150.jpg
太宰府行の電車「旅人」に乗り換えです。
f0100593_20475626.jpg
天神から30分ほどで太宰府駅に到着しました。
f0100593_20480111.jpg
駅舎はなかなか凝っています!
f0100593_20481257.jpg
続きは太宰府天満宮の巻です。

by ciao66 | 2019-04-18 20:06 | 九州はるばる | Comments(0)

4. 博多といえば櫛田神社、福岡はやはりお城でしょう。

日田から高速バスで福岡に移動してきました。
博多といえば博多どんたくの櫛田神社でしょう。
というわけでやってきました。
f0100593_09110329.jpg
博多の総鎮守の門を入ると・・・
f0100593_20214824.jpg
緑も豊かで、ピリッと引き締まった空間が広がります。
f0100593_20215788.jpg
新緑がもう美しい!
f0100593_20220467.jpg
飾り山笠は日本武尊征熊襲(やまとたけるのみことくまそをうつ)の場面だそうです。
f0100593_20222200.jpg
とても立派な神社でした。
f0100593_20223343.jpg
桜も咲いておりました。
f0100593_20224114.jpg
少し歩いて、川端の博多リバレインに来ました。
近くのホテルオークラ福岡に荷物を預けて・・・
f0100593_20225370.jpg
その近くのお寿司屋さんでランチして、
f0100593_20225930.jpg
中洲川端駅から地下鉄に乗り2駅目の赤坂で下車します。
f0100593_20232839.jpg
福岡城に到着、上之橋御門跡から入城します。
f0100593_20294915.jpg
お堀と桜がよく似合います。先に進むと・・・
f0100593_20295645.jpg
福岡城むかし探訪館」に来ました。
小さい建物ですが、展示内容は豊富で、予習するには最適でしょう。
これは昔の様子を再現した模型です。
f0100593_20303269.jpg
以下は「時空のバーチャルムービー」です。
昔は御殿が有りました。
f0100593_20303752.jpg
福岡城の想像図です。天守閣は有ったかどうか定かではないものの、
「多分有っただろう」と思われています。
f0100593_20305088.jpg
「こういう姿だったかもしれない」・・・
いまだ存在が謎に包まれている福岡城天守閣です。
f0100593_20304328.jpg
現存するのは石垣と一部の櫓だけですが・・・
次回、福岡城の現在の姿に続く。

by ciao66 | 2019-04-17 07:36 | 九州はるばる | Comments(2)

3. 咸宜園と月隈公園の永山城跡に行く@日田

日田の街歩きの続きは、江戸時代の私塾だった 咸宜園(かんぎえん)です。
私塾では大阪の適塾に次いで人材の宝庫だったところ。
f0100593_09170899.jpg
ここは「遠思楼」という塾長の書斎だった建物です。
建物から眺めれば 廣瀬淡窓 の気分に成れそう?
f0100593_11365583.jpg
写真奥の建物=書斎「遠思楼」、右手奥=「秋風庵」~塾長 廣瀬淡窓 の家、
手前の赤土の囲い=講堂でした。
f0100593_11364340.jpg
講堂は現存していませんが、絵は残っています。(左下部分)
f0100593_09232656.jpg
「秋風庵」の屋根は茅葺きで、農家の建物では?といった雰囲気。
f0100593_11412192.jpg
建物内部です。文机が並んでいるので、塾としても使われていたのでしょう。
f0100593_11361567.jpg
全国各地からの入門者が多数で、
高野長英や大村益次郎など幕末の大物も輩出しており、
江戸時代の私塾としては最大規模のものでした。
f0100593_11362106.jpg
どんな教科が有ったかというと、古典とされる書物の外に、天文学、地理学、医学、数学などとなかなか実用的でも有りました。まさに幕末の塾ですね。
f0100593_11362890.jpg
建物の2階ですが、そこは屋根裏部屋といった雰囲気。
f0100593_11370691.jpg
国史跡咸宜園跡の説明版です。所在は、日田市淡窓2丁目、人名が地名になっています。
f0100593_09235168.jpg
ここは日本遺産「近世日本の教育遺産群」に指定されています。
足利学校(栃木)、閑谷学校(岡山)、弘道館(水戸)、そして咸宜園(日田)。
ここは期待せず訪れましたが、来てみるとなかなか素晴らしい所でした。
f0100593_09241885.jpg
日本遺産のサイトから要約します。 

~我が国では、(江戸時代から)支配者層である武士のみならず、多くの庶民も読み書き・算術ができ、礼儀正しさを身に付けるなど、高い教育水準を示した。
 これは、藩校や私塾などの普及による影響が大きく、明治維新以降の近代化の原動力となり、現代においても礼節を重んじるなどの日本人の国民性として受け継がれている。~

豆田町に戻ってきました。先ほど見なかった建物の脇を通り、

f0100593_11380242.jpg
雰囲気のある街中を北へ歩いて、その後花月川を渡ると、
f0100593_11381626.jpg
月隈地区の普通の住宅地ですが、実はこの一角全体が・・・
f0100593_11382787.jpg
日田代官所の跡地なのでした。
代官所はその後に、西国郡代に格上げされています。
陣屋は平面図の通り相当巨大なものでしたが、その遺構はあまり残っていません。
f0100593_11385334.jpg
代官所跡地のお隣はお城です。1601年に代官の小川光氏によって丸山城として築城。
当初はお城が代官所でしたが、のちに代官所は移転し、城は永山城に改名されました。
f0100593_11383232.jpg
桜とお堀とがマッチしています。
f0100593_11383811.jpg
お堀を渡る橋に看板があって、「壊れた石垣を直しています」・・・・
災害復旧工事だそうですが、お城には上がれるでしょうか?
f0100593_11384821.jpg
城跡の月隈公園から城山を見上げると・・・
f0100593_11391461.jpg
石垣工事のクレーンが動いていて、残念ながら城山には登れません↓
石垣の上から街を見下ろしたかったのですが・・・
f0100593_11385943.jpg
ふもとには面白そうな穴も有って、興味深い所だったのですが・・・
f0100593_11390480.jpg
二つある城跡のうち一つは登ったので、まぁ良しとしましょう。

城跡にあった説明版です。救い米を備蓄する倉「陰徳倉」を造った塩谷代官のような名代官ばかりではなく、日田天領資料館で見たところ、なかには過酷な年貢で領民弾圧をした悪代官もいたようです。
f0100593_07564647.jpg
日田の街歩きを終えて、
この日のお宿、ホテル風早です。
f0100593_11392622.jpg
お部屋はこんな感じで、
f0100593_11393660.jpg
夕食は「欧風懐石 秋子想」、お昼と同じところですが、このホテルの敷地内に有ります。
f0100593_11394817.jpg
お昼と同じく、アートな感じで、
f0100593_11395263.jpg
美味しくいただきました。
f0100593_11395789.jpg
次回は福岡編で、あと4回連載の予定です。

by ciao66 | 2019-04-15 11:31 | 九州はるばる | Comments(0)

2. 日田祇園山鉾を見て三隈川の亀山公園に行く

日田の街歩きの続きです。豆田地区からタクシーで日田祇園山鉾会館に来ました。
大迫力の山鉾ですが、題材は西遊記、山鉾の上のほうは階段を上がり・・・
f0100593_08284439.jpg
2階からは目の前に見えました。高さは何メートルあるものか判りません。
f0100593_08285102.jpg
こちらは巌流島の決闘がテーマです。巌流島は関門海峡でした。
f0100593_08331443.jpg
歌舞伎の小栗判官七里ヶ浜の場、だそうです。勢いが有りますね~。
f0100593_08290295.jpg
知りませんでしたが、「日田祇園の曳山行事」は、ユネスコ無形文化遺産でした!
(全国のほかの「山・鉾・屋台行事」32団体とともに登録)
f0100593_08282870.jpg
日田祇園山鉾会館から少し歩いて三隈川の亀山(きざん)公園に来ました。
みどり橋からのいい眺めです。
f0100593_08271098.jpg
白波が立って意外に急流です。タクシーのドライバーによると氾濫することも有るとか。
日田盆地に多くの川が合流するのが要因のようです。
向かいの島は昔はお城だったところで、豊臣時代からのもの。
f0100593_08301480.jpg
登ってみると神社が有って、
f0100593_08280365.jpg
雰囲気のあるお堂です。
f0100593_08275795.jpg
日の隈城址の碑が有りました。遺構は残っていませんが、当時は5層の天守だったと。
f0100593_08280937.jpg
可動堰の脇を通ります。
f0100593_08281479.jpg
眺めのいい散歩道でした。この下流は筑後川になります。
f0100593_08282086.jpg
日田にはもう一つの城跡が有り、幕末期の私塾跡も有ります。
次回は「咸宜園と月隈公園の城跡に行く」です。

by ciao66 | 2019-04-13 20:49 | 九州はるばる | Comments(4)

1. 日田の街並みを歩く

仙台から空路で福岡空港を経て、大分県の日田に行ってきました。
ここは江戸時代には幕府直轄の城下町の「天領」だったところで、
豆田町界隈では古い町並みが美しく保存されています。
f0100593_07535572.jpg
不思議な丸窓のお店も有ったり、
f0100593_07540702.jpg
銀行の店舗も昔風に造られています。
f0100593_07541208.jpg
こちらは日本丸館という薬屋さん。3階建ての建物内部は公開されていますが、
f0100593_07541785.jpg
残念ながら、ひな祭りの跡片付けで臨時休館中でした。
f0100593_07542196.jpg
草野本家も、あいにく修復中で入れず。
f0100593_07535052.jpg
でも、薫長酒造の酒蔵は開いていました。
f0100593_07542697.jpg
お決まりの杉玉が有って、
f0100593_07543947.jpg
奥にある酒蔵に入ってみると、
f0100593_07543178.jpg
江戸時代からそのまま?という雰囲気。
f0100593_07545059.jpg
他にも保存された建物が有ります。
ここは昔は歯科医だったところで、
f0100593_07531088.jpg
大正3年築という貴重な洋館です。3階には上がれないのですが、
f0100593_07530422.jpg
2階は昔の歯医者さんのままで、
今やこういうのはあまり見かけないでしょう。
f0100593_07532384.jpg
ガラス窓が素晴らしい♪
f0100593_07531956.jpg
懐かしい案内札も良く残っていたものです。
f0100593_07532873.jpg
ここは昭和初期の建物です。
f0100593_07533986.jpg
時間は少し戻って、日田に到着したのはお昼前ころ、
福岡空港からは、高速バスで1時間20分ほど。
バスを降りて、長福寺の多分クスノキ?の脇を通り・・・
f0100593_07514919.jpg
美しい路地を抜けて・・・
f0100593_07524007.jpg
ランチしたのは江戸時代の酒蔵を改装したというお店、秋子想。
f0100593_07524639.jpg
アートなお料理で、
f0100593_07525132.jpg
お味もなかなか良かったのです。
f0100593_07525637.jpg
今回は2泊3日の旅でしたが、日田の街歩きは3回に分けて掲載して、
その後は福岡市内編と太宰府編が続きます。

by ciao66 | 2019-04-11 19:04 | 九州はるばる | Comments(4)

第12話:小倉は長崎街道の出発点だった。

(2012年3月30日)
ここは小倉の紫川に架かる常盤橋(木の橋)、
肝心の小倉城は、向こうに並ぶ「リバーウォーク北九州」の陰です。
江戸時代、ここは長崎街道の起点でした。
f0100593_20165786.jpg

シーボルトが江戸へ行くときにここを通り、
別の時には、将軍に献上する象もこの橋を渡ったとか。

続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2012-04-25 21:43 | 九州はるばる | Comments(8)

第11話:関門海峡をぐるっと一周してみる。

(2012年3月29日その3)
長崎から230km移動して、ここは門司港、レトロなレンガの建物は旧門司税関です。
これから関門海峡をぐるっと一周します。
f0100593_19191372.jpg


続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2012-04-23 18:49 | 九州はるばる | Comments(6)

第10話:長崎歴史散歩~諏訪神社から西坂の丘へ

(2012年3月29日その2)

諏訪神社に有る、噛みつきそうな、いかつい表情の狛犬です。・・・トゲぬき狛犬
f0100593_22143175.jpg

この狛犬、人の心のとげを抜いてくれるそうです。

続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2012-04-20 18:02 | 九州はるばる | Comments(12)