2018年 07月 15日 ( 1 )

5日目 (1)ナフプリオンの朝の散歩はアクロナフプリア要塞へ

ここはエーゲ海を見下ろす崖の上、見えているのはパラミディ城塞です。
朝の散歩で気持ちのいいところに来ました。
f0100593_19565954.jpg
時刻は少し戻って朝7時20分頃、泊ったホテルから見上げたアクロナフプリア要塞です。
朝食は8時からなので、それまで散歩に行こうと・・・
f0100593_19531104.jpg
ホテル裏手の近道の路地を抜けて、
f0100593_19532142.jpg
アクロナフプリア要塞に出ました。
ナフプリオンの街が一望です。
f0100593_19532746.jpg
要塞は岬の先まで続いているので、先に進むと・・・
f0100593_19533987.jpg
ますますいい眺めになってきて、
f0100593_19534792.jpg
海岸らしい松林の景観を抜けて、
f0100593_19540288.jpg
珍しい植物を見て、
f0100593_19541187.jpg
南国らしいサボテンが群生する
岬の突端まで来ました。
ここから引き返すことにして、
f0100593_19561236.jpg
途中で、先ほど通らなかった所にも寄り道して、
この案内板から奥の方へ行くと・・・
f0100593_19563501.jpg
ちょっと怖そうな絶景ポイントが有りました。
f0100593_19564556.jpg
石の飛び込み台のような?
この先には進めません。左手を見ると・・・
f0100593_19565351.jpg
パラミディ城塞の眺め、冒頭の写真です。
海の青が綺麗でした。
f0100593_19565954.jpg
この要塞は14世紀に都市国家だったベネツィアが造りました。その後、オスマントルコに奪われ、またベネツィアが奪い返し、何度も支配者が入れ替わったあと、最後には1821年のギリシャ独立戦争で、ギリシャがオスマントルコから奪還しました。
f0100593_19571056.jpg
帰り道で見つけた古代の?円形劇場です。
f0100593_19572027.jpg
また路地を通って戻ります。写真はカトリック教会ですが、ベネツィア人がいた歴史を思い出させます。そのそばには・・・
f0100593_19573314.jpg
花のじゅうたんが出来ていて、
f0100593_19574082.jpg
ブーゲンビリアが路地歩きを楽しませてくれました。
f0100593_19574666.jpg
8時過ぎにホテルに戻って来ました。ここは食堂です。
f0100593_19575358.jpg
これだけあれば十分な内容ですが、運動のあとだけに美味しかったのです。
f0100593_19580446.jpg
時刻は9時頃になり、こんどは街中の散歩です。
f0100593_19581747.jpg
街のメイン広場シンタグマ広場に来ました。正面の建物はナフプリオンの街がベネツィアの領地だった当時の建物(1713年)ですが、今は考古学博物館になっています。
f0100593_19582660.jpg
入館しました。この地方で発掘された壺です。ミケーネ文明のものでしょう。
f0100593_19591022.jpg
ティリンス遺跡の発掘品です。
f0100593_19592053.jpg
不思議なお面も有りました。見学は駆け足で終了して、
f0100593_19594028.jpg
お隣の教会に入ります。堂内は正教らしい佇まいで、
f0100593_19583919.jpg
天井はドームではなくフラットな形でした。
f0100593_19584455.jpg
そこからすぐそばの海岸に来て、沖に浮かぶ島は・・・

f0100593_19101246.jpg
要塞の島、ブルジ島です。
f0100593_19590246.jpg
散歩を終えて、途中で見かけた薬局でバンドエイドを買って、
f0100593_19594747.jpg
バスステーションの近くに来ましたが、まだ少し時間が有るので、
f0100593_19595366.jpg
周辺を歩くと、緑が多い感じのいいところで、
f0100593_20000613.jpg
ジャカランダの美しい花が咲いていました。
f0100593_20001274.jpg
バスステーションに到着。
10時発のミケーネ行きのバスの中でMitizureさんたちと再会しました。
f0100593_20001894.jpg
次回はシューリーマンが発掘したミケーネ遺跡の巻です。

by ciao66 | 2018-07-15 19:52 | 不思議の国ギリシャ2018 | Comments(4)