2014年 08月 30日 ( 1 )

49. 「最後の晩餐」@ Santa Maria delle Grazie とダ・ヴィンチ博物館

 ここはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の有るところ。
ここは予約制の見学ですが、それはなかなか取れないことで有名、
f0100593_17055738.jpg
3か月前に公式予約サイトはすでに完売でした。
ネットが満杯でも取れる?という、予約センターにつたない英語で電話してもだめ、
最後に、成功報酬で予約手配をするアーモイタリアにお願いして、やっと取れました。

予約時間は午後2時15分ですが、20分前に必着です。
幸い時間前に到着しました。
f0100593_17060161.jpg
見学する子供たち。イタリアでは博物館や美術館で小学生の団体をよく見かけます。
芸術感覚が小さい時から養われるのでしょう。
f0100593_16493520.jpg
 絵は昔修道院の食堂だった場所にあります。
ここは撮影禁止なので、代わりにダ・ヴィンチ博物館にあった絵の写真を載せます。
 キリストの左隣の人物は、実物を見た柔らかい印象では女性だと思えました。
ダ・ヴィンチが描いたのは誰・・・ヨハネ?マグダラのマリア?二人ダブらせている?
f0100593_16500990.jpg
 絵は20年もかけて見事に修復されたとはいえ、テンペラ画では修復の限界があったのでしょう、鮮やかさは期待ほどではなかったのです。ただ、その場に立って空間を体感したという意味は有ったでしょう。

 大きなホールのような食堂の反対側に大きなもう一枚の絵があって、そういう空間だったのかと・・・。
 もう一枚の絵は別の作家の絵「キリストの磔刑」で、キリストを含めて3人が並んだ珍しい構図ですが、こちらはフレスコ画でなのでとても鮮やかに残っていました。(モントルファーノという作家のもの)


さて見学を終えて、教会から5~6分歩いて、
レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館の前に到着です。(右手建物)
f0100593_16511663.jpg
ここが入口です。
f0100593_16512425.jpg
博物館は元は大きな修道院で、
f0100593_16513730.jpg
美しい回廊が有って興味深いところです。
f0100593_17210183.jpg
初めの展示物は大きな機械類。
f0100593_16513087.jpg
産業革命の頃のものでしょう。
f0100593_16532439.jpg
f0100593_16533561.jpg
次に来たのはダ・ヴィンチ関係の展示物です。
f0100593_16573509.jpg
ダ・ヴィンチが考案したものの模型です。
f0100593_16575095.jpg
f0100593_16580100.jpg
ダ・ヴィンチの素描も美しい。
f0100593_16575656.jpg
f0100593_16580943.jpg
次に来たのは交通機関の部門です。
f0100593_16582186.jpg
f0100593_16582704.jpg
どうやって入れたの?という大きな帆船も有りました。
f0100593_17143195.jpg
f0100593_16590754.jpg
古い飛行機・・・イタリアのものでしょう。
f0100593_16584347.jpg
f0100593_16584919.jpg
飛行機草創期の珍しい写真も。
f0100593_16590283.jpg
じっくり見たわけでもないのに、見学には2時間半もかかりました。
午後5時20分、外に出てトラムの通りまで歩きます。
f0100593_16594765.jpg
 教会の前に停まっていたクラシックカー、優雅なデザインでピカピカです。
これに乗って来たのは誰?と思いつつ教会に入ります。
f0100593_17003931.jpg
サンタン・ブロージョ聖堂 Sant'Ambrogio の全景です。
f0100593_17004775.jpg
ここはミラノの守護聖人である聖アンブロシウスを祀る、ミラノ最古の教会です。
f0100593_17005249.jpg
堂内に入りました。いつもと違う雰囲気です。
f0100593_17005955.jpg
結婚式!ちょうど新郎新婦が宣誓中。
前に停まっていた車の謎が解けました。
f0100593_17010428.jpg
旅行最初のローマの教会でも、最後のミラノでも結婚式に遭遇。
ビザンティン様式のモザイク画です。
f0100593_17011055.jpg
午後6時、マジェンタ通りのバール Antico Caffè Litta 25 です。
f0100593_17012539.jpg
少し早い夕食にします。
f0100593_17013150.jpg
ここはトラムがよく眺められて、特等席?でした。
f0100593_17014308.jpg
お米のごはんがいいなとピラフと、
f0100593_17015686.jpg
ハムとミニトマト入りのサラダ。
f0100593_17020117.jpg
また16番線のトラムに乗って、
f0100593_17021157.jpg
案内図の◎のところ、Cordusioで1番線に乗り換え。
f0100593_20300883.jpg
1番線はクラシックなトラムです。
f0100593_17023713.jpg
トラムは街を眺めながら乗っているので、地下鉄よりも時間はかかっても面白いのです。
ガレッリアのそばを通り、
f0100593_17023236.jpg
乗り換えを含めて30分ほどかかり、
ホテルのそばの Via Settembrini 電停に到着です。
f0100593_17024340.jpg
次回はいよいよ旅行記の最終回、翌朝のミラノ街歩き編です。

by ciao66 | 2014-08-30 15:55 | イタリアを歩く2014 | Comments(12)