2014年 07月 27日 ( 1 )

32. フィレンツェの街を歩くと・・・

 ここはフィレンツェのドゥオーモ Santa Maria del Fiore の堂内です。
床の大理石の模様がとても素敵で、人がとても小さく見えます。
f0100593_20215272.jpg
ドゥオーモは後ほど詳しくご案内します。時間は2時間ほど戻り、フィレンツェに着いたところ。裏通りを歩いています。向うにかすかに見えるのは・・・
f0100593_20270929.jpg
ドウォーモでした。
この登場の仕方は迫力満点なのです。
f0100593_20182688.jpg
 ドゥオーモはちらっと見ただけ、キャリーバッグを引いているので、
後でまた行くことにしてホテルに向かいます。
メディチ家のリッカルディ宮殿は石が凄いね。などと感心して・・・
f0100593_20211429.jpg
 メディチ家ゆかりのサン・ロレンツォ聖堂を通り、
f0100593_20210978.jpg
丸屋根の建物、メディチ家礼拝堂も通り過ぎて・・・
f0100593_20183808.jpg
到着したのは・・・
f0100593_20184365.jpg
この日の宿 Alloro B&B です。(☆マークではなくその上のプレート)
ベルを鳴らして開けてもらい・・・
f0100593_20184795.jpg
お昼前でしたが準備オッケーですよといわれて、チェックインしました。
ここは、案内係りの女性がちゃんとお部屋まで案内してくれます。
f0100593_20185639.jpg
 「泊まるお部屋は Another side of this building なのです」と。
(建物の別の側)に行くには、一旦エレベーターを降り、中庭を抜けて、別のエレベータで上がる。(これでは案内人が要るはずです。)
f0100593_20191391.jpg
 私のイタリア語の発音をおかしいと思ったのでしょう。途中は即席のイタリア語教室。
「ボン ジョルノ ではなく、ブォン ジョルノ Buon giorno ですよ」
これで、しっかり覚えました!

 案内されたお部屋はこれ。ここはフィレンツェの街のど真中。駅へもドゥオーモにも徒歩5分くらいというロケーションなので、狭いのは文句なしです。
f0100593_20190295.jpg
最近は☆☆☆ホテルでもあまり置いていないポットがちゃんとあるし・・・
f0100593_20193614.jpg
フィレンツェの建物らしく天井が高いのです。
f0100593_20192012.jpg
ここは中庭に面した部屋でとても静かでした。
ついでに載せると、翌朝の様子はこんな感じです。品々あって良かったのでした。
f0100593_20203502.jpg
さて、出かけることにします。バールでランチにしたあと、
f0100593_20210254.jpg
ドウォーモに到着です。
凄い人だかりです。
f0100593_20183285.jpg
建物が大きすぎて入りきらない。
f0100593_20212256.jpg
 少し後ろに下がるとファサード(建物正面)が撮れました。
ここに来るのは2度めです。
2度見てもここは迫力満点です。
f0100593_20212523.jpg
ちょっとアップで素晴らしい彫り物を鑑賞。
f0100593_20213122.jpg
中に入りました。
堂内は静かで外の喧騒がうそのようです。
f0100593_20214006.jpg
冒頭の写真です。
(一度目に来た時には床の模様までは気が回らなかった。)
f0100593_20215272.jpg
この燭台は覚えている気がする。
f0100593_20220246.jpg
バベルの塔ですね。
f0100593_20220692.jpg
クーポラ (cupola =ドーム)の下に来ました。
見事なフレスコ画で埋め尽くされています。
f0100593_20221689.jpg
何度見ても凄いね、美しいね、と感心しながら、
先ほど下から見上げたクーポラを外から見上げます。
f0100593_20222702.jpg
 Santa Maria del Fiore (サンタマリア・デル・フィオーレ)は花の聖母のこと。
 そして、フィレンツェは「花の都」のことですが、美しい名前はカエサルの時代にローマ人によりラテン語で名付けられ、それが今に引き継がれているのです。
 花のように開花するのはルネサンス時代で、ドゥオーモのクーポラ完成は1436年。

さて、こんどは路地を抜けてシニョーリア広場に向かいます。
f0100593_20223203.jpg
着きました。銅像よりも人の見物のほうが面白いかも。
街の中は何処を歩いても、人ごみでまるで連休中の京都のよう。
f0100593_20224314.jpg
f0100593_20225419.jpg
銅像をシルエットで撮ると面白い♪
(背景はヴェッキオ宮殿)
f0100593_20225838.jpg
すぐ横の、ウフィッツィ美術館です。
必見スポットですが、前に見たので今回はパスして、
f0100593_20230376.jpg
先へ行きます。
f0100593_20230851.jpg
この向うはアルノ川。
f0100593_20231293.jpg
ヴェッキオ橋が見えました。
普通ならヴェッキオ橋を渡ってパラティーナ美術館へ向かうところ。
でも、そこは前に見ているので
f0100593_20231720.jpg
今回は一本上流(手前側)のグラッツィエ橋を渡り、人ごみのない静かなところへ。
次回「アルノ川を渡って」に続く。
by ciao66 | 2014-07-27 10:24 | イタリアを歩く2014 | Comments(6)