<< 東北大植物園の散策 小布施の葛飾北斎 >>

小布施の高井鴻山

2007年9月8日(土)の続きです。
栗の小径を通って高井鴻山記念館にやってきました。
・・・高井鴻山(1806~1883)は幕末維新の激動期に"国利民福"の信条をつらぬいた人です。
15歳から16年間、京都や江戸へ遊学で各界第一人者から多彩な学問や芸術を修め、幅広い人脈で佐久間象山とも交流がありました。
 そして、巨万の財力を使い、江戸の浮世絵師「葛飾北斎」などを招き小布施を文化の街に育み、飢餓には窮民を救ったということです。
 
 高井家は信州はもとより、江戸、京阪、北陸、瀬戸内まで商圏とする大きな商いをした北信越きっての豪農商で、飢餓の際の貧民救済など慈善家としての家風が有りました。・・・
(記念館のパンフレットから要約)
小布施の高井鴻山_f0100593_20933.jpg

写真は鴻山が書斎として使用した建物「悠然楼」。北斎をはじめ訪れる文人墨客や幕末志士と語りあったところで、京風建築・からくり造りになっています。雰囲気ありますが、縁側の跳ね上げの蓋はwhat?
答えと続きははMore↓をクリック。



↓高井鴻山、この人です。
小布施の高井鴻山_f0100593_20102127.jpg

↓記念館のパンフレットですが、鴻山は妖怪画が得意だったそうです。「酒宴妖怪」
小布施の高井鴻山_f0100593_20104830.jpg

↓記念館の入場券です。「象と唐人図」。これは北斎の下絵に鴻山が書き上げたもの。カラー版はこちら
小布施の高井鴻山_f0100593_20105940.jpg

↓「悠然楼」の2階からの眺めですが、屋根瓦が美しい。
小布施の高井鴻山_f0100593_20122121.jpg

↓同じく正面からですが、綺麗に剪定された木はなんでしょう?
小布施の高井鴻山_f0100593_20123180.jpg

↓同じく右手ですが、やはり瓦の景観が決まっています。
小布施の高井鴻山_f0100593_20124013.jpg

↓座敷に空いた「穴」です!
小布施の高井鴻山_f0100593_20131348.jpg

幕末の志士の逃げ道!   地下道があったのです。
小布施の高井鴻山_f0100593_20132923.jpg

冒頭の写真の跳ね上げの蓋と繋がっていたのでしょう。

↓籠。
小布施の高井鴻山_f0100593_2013376.jpg

↓庭におみなえしが綺麗に咲いています。
小布施の高井鴻山_f0100593_2015923.jpg

↓これは何の実でしょうか?
小布施の高井鴻山_f0100593_20152283.jpg

鴻山は北斎のパトロンだったわけで、庭に面して北斎の為のアトリエが別の建物で有りました。
鴻山と北斎は互いに尊敬しあい、師・旦那様と呼び合う、、とてもいい間柄だったようです。

いつもながらの忙しい旅なのですが、小布施の町は4時間ほど掛けて見て周りました。
日帰りでなければ良かったのですが(笑)。

↓長野駅前で買ったおやきの包装がユーモラスなのでパチリ。
小布施の高井鴻山_f0100593_201658.jpg

↓新幹線あさま号。長野16時01分発。
小布施の高井鴻山_f0100593_20163636.jpg

↓あさま号から見えた夏の名残の雲。暑かった筈です。
小布施の高井鴻山_f0100593_20164758.jpg

↓同じく。上田付近では、もくもくっと凄い雲でした。
小布施の高井鴻山_f0100593_20174935.jpg

仙台帰着は18時37分。長野から2時間36分!
by ciao66 | 2007-09-13 19:50 | 信州小旅行 | Comments(2)
Commented by はなみずき at 2007-09-13 22:52 x
ぺんぎん様
 有意義な旅行でしたね。近年とみにその魅力が脚光を浴びている小布施ですが、
私の知らない小布施がいっぱいです。 あの時代に北斎はどんな交通手段で、ちょっと
奥まった北信濃を訪れていたのでしょう?
 土曜日はトプカプ宮殿の至宝展をみにいくつもりです。
Commented by ciao66 at 2007-09-14 06:46
江戸時代は新幹線なんてありませんので、多分、徒歩で江戸からてくてく街道旅!
 北斎は中山道を歩き、追分で北国街道に入り、さらに千曲市(更埴)から谷街道を使って千曲川右岸(東側)を北上し、小布施まではるばる200km以上を歩いたのでしょう。 谷街道は越後に通ずる通商の道だったそうで、小布施はその沿道にあったようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東北大植物園の散策 小布施の葛飾北斎 >>