<< 6日目 (2)シューリーマン... 新潟の旅 4.西大畑のお屋敷め... >>

6日目 (1)白い街、アナフィオティカの路地歩き

旅は6日目となり、午前中はアテネ観光の続きですが、
朝の散歩で、ちょっと不思議な白い街に来ました。
f0100593_08382792.jpg
アナフィオティカの位置に黄色い丸印をつけました。
街のすぐ上にあるのはアクロポリスです。(南が上) 
f0100593_16374132.jpg

建物はみんな真っ白で、路地は細くて、
人が通るのが精いっぱい。
見上げるようなところにアクロポリスが有ります。
f0100593_08400050.jpg
くねくねと曲がって迷路のよう。
f0100593_08405178.jpg
赤や黄色の原色も混じって・・・
f0100593_08405775.jpg
美しい花々が路地を彩り、
人が下を潜り抜けます。
f0100593_08412846.jpg
この独特な街が出来たいきさつは・・・

19世紀、独立後のギリシャの王宮を改築するため、
キクラデス諸島のアナフィ島の職人たちが集められ、

日の出から日の入りまでに建物を造れば、
その土地の持ち主になるという当時の法律を使い、

彼らはここにエーゲ海の島と同じような家を建て、
迷路のような路地の不思議な街が出来ました。

だいぶ上まで来ました。
振り返ると、アテネの街が一望です。
f0100593_08423911.jpg
アクロポリスの城壁の直下まで来ました。
街はここで行き止まり、柵に沿って右へ進むと・・・
f0100593_08424605.jpg
三角の山はリカヴィトス。
一番展望のいいところに出ました。
帰り道は別のルートから降ります。
f0100593_14435723.jpg
ワンポイントの色彩が美しいアクセント。
f0100593_14200700.jpg
くねくねと曲がりながら降りて行きます。
f0100593_08454094.jpg
ブドウ棚のある家の脇を通り、
f0100593_14461668.jpg
ブーゲンビリアの路地を抜け、
f0100593_08373330.jpg
木陰が涼しそうな
f0100593_14073143.jpg
バイクも通る道に降りて来ました。
f0100593_14480373.jpg
次回は、シュ―リーマンが住んでいた素敵な家、
イリウメラトロンの巻です。

by ciao66 | 2018-07-27 17:40 | 不思議の国ギリシャ2018 | Comments(6)
Commented by cahieretstylo at 2018-07-27 22:40
これは夢の中にいるような不思議な光景ですね!
いいなぁ、迷い込んでいつまでも歩いていられそうです。
Commented by ciao66 at 2018-07-28 08:53
NHKの「世界ふれあい街歩き」にこの不思議な街が出ていて、これは面白そうだ!と思ったのです。場所をうまく見つけられて良かったです。
Commented by トムソーヤ at 2018-07-28 13:39 x
白い建物、ところどころに赤い窓のアクセント、赤や黄色の花々。
思わず泊まりたくなるような、おとぎの町ですね。

こんな所に住んでいると、ドイツがなんと言おうが関係ないでしょうね。
Commented by ciao66 at 2018-07-28 17:42
白い建物はエーゲ海の島と同じなのですが、ペンキの剥がれも無く素晴らしいのです。日本でいえば東京の都心に沖縄の村が有るような感じ?
白には強い直射日光を跳ね返して、涼しくする実用的な意味もあるようです。
Commented by Mitizure at 2018-07-30 20:57 x
ミコノス島の路地を、歩いているみたいですね。
Commented by ciao66 at 2018-07-30 21:58
ミコノス島に行ったかのような不思議で面白い街歩きでした♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 6日目 (2)シューリーマン... 新潟の旅 4.西大畑のお屋敷め... >>