<< 5日目 (4)パラミディ城塞か... 5日目 (2)シューリーマンの... >>

5日目 (3)シューリーマンの発掘したティリンス遺跡へ

バスで出会ったイタリア人と一緒にティリンス遺跡に向かって歩いています。
バス停の近くにある遺跡ですが、意外にも入り口はちょっと判りにくいのです。
f0100593_14541783.jpg
バスを降りて、目の前に見えたのは、写真の建物。
これが入り口ですかと、守衛さんに聞いたところ、
「ここが何だと思う?」と逆に質問されて、
「政府機関ですか」と私、返ってきた答えは、
「ここは刑務所です!遺跡の入り口は道路沿いに、もっと北の方ですよ」と。
f0100593_14555674.jpg
写真は撮ってはダメだったようです。
一枚撮った後に注意されました・・・。

グーグルマップで、バス停と遺跡の入り口はこういう位置関係です。
バス停から500m、一番遠いところが入り口。
f0100593_14524755.jpg
遺跡入り口の厳重な門です。遺跡になぜ槍のような鉄柱が有るのか?
入って石畳をさらに進むと・・・
f0100593_20433752.jpg
やれやれ、やっと切符売り場です。
f0100593_20434697.jpg
入場しました。イタリア人のマリア・アンジェラさん、遺跡の見学にはよく慣れているようで、さっさと迷わずに行くのです。先に進むと・・・
f0100593_20435328.jpg
大きな石積みが見えてきました・・・
f0100593_20440285.jpg
この迫力ある石積みを造ったのは、伝説によると人間ではなく、
f0100593_21045892.jpg
神話では、一つ目の巨人、キュクロプスが造ったといわれ、
ホメロスはここを「強力に囲まれたるティリンス」と呼び、
神話の英雄、ヘラクレスの生地であるともされています。
f0100593_20441194.jpg
石積みの上に上がってきました。
ここはアクロポリスと呼ばれ、王宮の有ったところです。
王宮内は自由に歩き回れますが、だだっ広いところに基礎の石が残るのみ。
シューリーマンが見つけた王宮の出土品はどんなものでしょう。
f0100593_20442918.jpg
発掘で王宮から見つかった壁画です。描かれているのは猟犬とイノシシ、
海洋文明らしく、伸び伸びとして素晴らしい!
アテネの国立考古学博物館で見ました。 
f0100593_14372466.jpg
ギリシャ政府のサイト(Οδυσσέας)からお借りしたフレスコ画 ❝ Lady with pyxis❞ (紀元前13~14世紀) 。
女性が持っているのは化粧道具入れ小箱でしょう。少しエジプトの影響もある?
f0100593_14351691.jpg
城壁の周りは、みかん畑に囲まれたのどかな風景で、
マリアさんが周りを見て、マーレ、マーレと言っていますが、
それはイタリア語の海のこと。
海洋文明なので、ここは海に囲まれていたということ。
海がすぐそばまで迫っていたわけではないと思うのですが・・・。
f0100593_20453771.jpg
こんどはマリアさんが面白いものを見つけたようで、その後を付いていきます。
f0100593_20461430.jpg
石積みの下に降りてきて、さらに先には
地下に入るような通路が続いている!
f0100593_20463506.jpg
さらに進むと、石積みはどんどん高くなって、カーブしながら・・・
f0100593_20464953.jpg
最後には地下道になって、不思議な感じで外に出てきました!
f0100593_20465455.jpg
出てきた穴を振り返ります。意外感があってなかなか面白いところ♪
サイクロプ式(巨石積み)地下道がティリンスの特徴だったのです。
f0100593_20471768.jpg
石積みはずっと向こうまで続いています。
f0100593_20482914.jpg
途中で、切れ込みに階段が有ったりして、これも面白い。
f0100593_20483956.jpg
お昼時の遺跡巡りは暑いのです。
訪れる人も少ないところですが、いいところでした。
1時間ほどの見学の後、バス停に戻ります。
f0100593_21082043.jpg
お店でアイスクリームを補給して、バスはいつ来るか判らないので・・・
f0100593_20500668.jpg
タクシーを拾って、相乗りで4kmほど先のナフプリオンに戻ります。
f0100593_20542963.jpg
ナフプリオンに着いた後、マリアさんとお別れし、
私だけそのままタクシーでパラミディ城塞へ行くことに。

次回に続く

by ciao66 | 2018-07-21 13:09 | 不思議の国ギリシャ2018 | Comments(4)
Commented by Clearwater0606 at 2018-07-21 17:41
暑そうですね。非常にさりげなく存在しているんですね。

おみやげ物屋さんは、・・・無いんでしょうね。
Commented by ciao66 at 2018-07-21 17:54
日陰が無く暑かったですが、酷暑の日本の夏よりはまだましかも知れません。

ここに行く人も少なく、お土産屋さんもレストランも有りません。それでも世界遺産なのでした。バス停の売店でアイスは売っていましたが、街まで行かないと何もないような田舎でした。
Commented by cahieretstylo at 2018-07-21 23:28
石積みが延々と…すごい景色ですね。
見事に積んでいますよね。崩れないように積むだけでもすごいと思うのです。
Commented by ciao66 at 2018-07-22 08:56
石積みを造ったのは、伝説によると人間ではないのですが、
石積みがいまだに残っているということは、
よっぽどその技術力が高かったのでしょう。

崩れないように積むだけでもすごいですが
石積みには美的なセンスも感じられました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 5日目 (4)パラミディ城塞か... 5日目 (2)シューリーマンの... >>