<< 5日目 (3)シューリーマンの... 大年寺惣門から石段を昇って仙台... >>

5日目 (2)シューリーマンの発掘したミケーネ遺跡へ

ミケーネ遺跡の入り口「獅子の門」です。近づいてみると・・・
f0100593_20494522.jpg
向かい合った二頭のライオン。あれっ頭が欠けています。
f0100593_20500600.jpg
振り返ると、門の内側にはライオンは無かったのです。
f0100593_20501536.jpg
獅子の門のすぐそばにあるのが「円形墓地A」ですが、
シューリーマンがここを発掘して、考古学と歴史を塗り替えました。
f0100593_20502919.jpg
緻密な石積みです。ここを掘って「黄金のマスク」を見つけた!
f0100593_20503945.jpg
サークルストーンのようにぐるっと石が取り囲んでいて、
f0100593_20511594.jpg
ギリシャの小学校?の遠足でしょう。子供達もぐるっと一周。
f0100593_20512177.jpg
ホメロスは「黄金に富むミケーネ」とここを呼んでいました。
発掘された「黄金のマスク」はアテネの国立考古学博物館に有るので、現地に来る前に予習しました。
f0100593_12255980.jpg
人型の不思議なオブジェ等、詳しくは、2日目(3)国立考古学博物館でミノア文明とミケーネ文明の発掘品を見るをご覧ください。
f0100593_12255423.jpg
現地と博物館のイメージを合わせて、3000年以上前の文明に思いを馳せます。

ミケーネ遺跡は丘の上にあり、アルゴス平野が一望のもとです。
坂を上っていくと・・・
f0100593_20512882.jpg
アクロポリスと呼ばれる王宮の跡です。
丘の頂上には建物は何も残っておらず、土台がごろごろしているだけですが・・・
考古学者の推定によると宮殿は二階建だったそうで、
f0100593_20514472.jpg
ここがギリシャ神話に登場し、ホメロスにも歌われたアガメムノン王の居城でした。
トロイ戦争で総指揮官をしたアガメムノン王は、勝利の後には悲劇が襲います。
f0100593_20515031.jpg
丘から降りていくと、職人の街が有って、その先は・・・
f0100593_21053157.jpg
丸い石垣は貯水池でした。
f0100593_20520021.jpg
そして、もう一つの貯水池がこれ。面白そうですが中は真っ暗なのです。
ヘッドライトを持っているMitizureさん(ご主人)の後をついていくことに・・・
f0100593_20521462.jpg
中はこんな様子で、まっすぐ立てないような石の斜めの穴で、
階段を降りていくと、ピラミッドみたい??
行き止まりまで降りましたが何もなく、泥が堆積しているだけ。
意外な体験は面白かったのですが、ちょっとした冒険でした。
f0100593_20521981.jpg
降りて行った地下貯水池の断面図です。
f0100593_14535849.jpg
ここから望むのはサラ山です。登ればいい眺めでしょう。
f0100593_21053993.jpg
ここで、時刻は12時20分。「帰りのバスの時間は大丈夫?」
私に、Mitizureさんの奥さんが、教えてくれたのです。
ここでゆっくりするというMitizureさんたちと、ここでお別れです。

のんびりしていたら、見るべきものを見逃すところで、
タイムキーパーまでして頂いて感謝なのです。
行きには通らなかった北門を通って、
f0100593_19561850.jpg
また獅子の門を潜って、
f0100593_21082025.jpg
一旦遺跡の外に出て500mほど歩くと、
f0100593_20532747.jpg
ここがアトレウスの宝庫の切符売り場で、入場券は共通です。
f0100593_20532000.jpg
ピラミッドの入り口に似たような通路を入っていくと、
f0100593_20523654.jpg
これが宝庫の入り口で、中に入ると・・・
f0100593_20524288.jpg
頂点が少し丸くなった円錐形のドームになっていて、
高さ13.4mですから、4階建てに相当する巨大空間。
f0100593_20524909.jpg
この宝庫からは何も発見されなかったので、
どんな宝物が有ったのかは謎なのですが・・・。
f0100593_20530213.jpg
メインゲートに戻りました。まだ少し時間が残っていましたので、
f0100593_21122033.jpg
遺跡内の博物館を見ます。
発掘された品が展示されていますが、
f0100593_20533302.jpg
黄金のマスクも展示していますが、精巧なレプリカで、本物はアテネの考古学博物館。
f0100593_20534162.jpg
これは本物でしょう。
f0100593_20541643.jpg
2時間かけて、遺跡の見学は無事に終了です。
バス停はこの駐車場だとお店で確認しました。標識は何もありません。
アイスクリームを食べながらバスを待ちます。
f0100593_20542256.jpg
ミケーネに行くときは「落とし穴」に嵌らないように!ちゃんと調べました。

KTEL ARGOLIDAS の時刻表にある MIKINES 行きバスだと遺跡の前まで来ますが、オフシーズンのときは少し手前までしか来ず※1、幹線を走るバスは遺跡から3.5kmも離れたバス停 FICHTI(MIKINES) ※2に止まります。

時刻表にある小さな注意書きを見ましょう。
※1 from the last Saturday of October until the first Saturday of April the bus leaves you at Mikines village, 1,3 klm away from the archaeological site.
※2 Fichti village, is 3,5 klm away from the archaeological site of mikines!

ほぼ時間通りにナフプリオン行きのバスが来ました。
f0100593_20543272.jpg
ドライバーに途中のティリンスで降ろして貰うようにお願いします。
もう一人、ティリンス遺跡に行くという人が乗っていて・・・
f0100593_20555188.jpg
ティリンスのバス停に着きました。
イタリア人、マリア・アンジェラさんとこれから一緒に回ります。
f0100593_20560491.jpg
ミケーネとティリンスはセットになった世界遺産です。

次回に続く。
by ciao66 | 2018-07-19 07:29 | 不思議の国ギリシャ2018 | Comments(2)
Commented by Mitizure at 2018-07-20 21:21 x
ミケーネ遺跡の巨石の城壁や、ライオンの門が、今も見る事が出来るのは、凄いことですね。
日本は、縄文時代ですよ~。
黄金の装飾品や、マスク、金の輝きに驚きますね。
Commented by ciao66 at 2018-07-20 22:07
縄文時代!そうでしたね。日本はまだ石器を使っておりました。
ミケーネ遺跡の黄金のマスク、何度も見入りました。
城壁やライオンの門が今に残っているのは本当に凄いことですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 5日目 (3)シューリーマンの... 大年寺惣門から石段を昇って仙台... >>