<< 3日目 (4)夕暮れ時のスパル... 新潟の旅 2.豪農の館「北方文... >>

3日目 (3)アテネから214km、スパルタへバスで移動する

ギリシャ編に戻りました。3日目の昼すぎ、いよいよペロポネソス半島に向けてバスの旅です。写真は出発地のキフィスウ・バスステーションですが・・・・
f0100593_08491008.jpg
ここは市内中心から5.5kmという不便なところで、タクシーで行くことにして、
f0100593_09174472.jpg
到着です。
f0100593_07482764.jpg
広いバス・ステーションですが、切符売り場は全てギリシャ語の表示で、地下鉄のような英語は有りません。私の乗るバス会社は何処でしょう?
ギリシャ語で書かれた中から、ΚΤΕΛ Λακωνίας を発見。(クテル・ラコニアス)
f0100593_07483233.jpg
 ギリシャの田舎は情報収集が大変で、旅行者のブログをいろいろ参考にしました。
どのバス会社が自分の目的地に行くのか、これが第一の関門。
 満席だと乗れない!そういうブログを見ていましたので、
前日にネットで訳文を見比べながら予約しました。
スマホの予約画面を窓口で見せて、切符を発行して貰います。
f0100593_07485735.jpg
バス乗り場はとても広いのですが、乗り場の番号を聞いたので大丈夫。
f0100593_07484211.jpg
発車20分前です。
f0100593_07485010.jpg
バスが来て、ドライバーが切符のチェック中です。
f0100593_07490387.jpg
バスは定刻の午後2時15分に出発。まずは市内の一般道路を行きます。
f0100593_07491089.jpg
高速の料金所です。ゲートの数が半端ではない。
f0100593_07491923.jpg
ルートの地図です。
コリントス地峡を経て、一路スパルタへ214Km、バスだと3時間半ほど掛かります。
f0100593_08552527.jpg
左手に海が見えてきました。お天気は下り坂です。
f0100593_07500156.jpg
片側3車線、120Km制限の素晴らしい高速道路を行き、間もなくコリントス地峡です。
f0100593_07493620.jpg
コリントス運河を渡って、コリントスのバスステーションで停車。
f0100593_08053055.jpg
ここからは片側2車線、80Km制限区間です。バスはスピードダウンして、
ペロポネソス半島の内陸部へ向かい、周りは山の風景に一変しました。
f0100593_07502632.jpg
お天気は回復してきました。
f0100593_07503867.jpg
スパルタの手前で、トリポリスという町に停車すると・・・
f0100593_08004315.jpg
奇遇なことに・・・「日本人ですか」と声を掛けてきた人がいて、
f0100593_07505237.jpg
ここで乗車したご夫妻の仰るには、
「泊まるホテルはラコニアホテルです。
翌日、ミストラ遺跡を見て、バスで移動後、ナフプリオンに泊まり、
次の日はミケーネ遺跡です。」・・・というので、
そこまで私と全く同じルートだったのです。

心細い土地の旅で、心強い仲間の登場です。あれこれ情報交換しながら、
では一緒に行きましょうと話がまとまりました。

バスは緑の野原を快走中ですが、ここまで来ると道路は・・・
f0100593_07511730.jpg
高速道路ではなく、片側1車線の普通の道に変わり、
ペロポネソス半島の先に近づくにつれ、だんだん道は貧弱になっていきます。
f0100593_07512359.jpg
アテネを出発後、3時間20分経過して、午後5時半ころスパルタに到着です。
f0100593_07513103.jpg
3人でキャリアケースを転がしてラコニア・ホテルに到着。
田舎のホテルはお得!
f0100593_07514177.jpg
ここはアテネよりずっとお安いのに、もっと上等で綺麗なホテルでした。
f0100593_07514718.jpg
ベランダからの眺めです。ここが街の中心部。
f0100593_08001656.jpg
ホテルの朝食をついでにご紹介。
こんな感じで、とても良かったのです。
f0100593_07522540.jpg
サマータイムですから、夕刻6時は、まだまだ明るいのです。
バスでご一緒になったご夫妻とともに、
これからスパルタ遺跡に行くことにします。
・・・次回に続く。

by ciao66 | 2018-07-01 09:26 | 不思議の国ギリシャ2018 | Comments(2)
Commented by Clearwater0606 at 2018-07-01 21:51
おっ、再開ですね。車窓からの風景も興味深いです。
Commented by ciao66 at 2018-07-02 07:18
海有り、山ありで、変化に富んで飽きませんでした。
最後は奥地に入るかのような道?田舎に来たという感じでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 3日目 (4)夕暮れ時のスパル... 新潟の旅 2.豪農の館「北方文... >>