<< Zemfone4試し撮り チュ... 桜も満開、春爛漫の榴岡公園 >>

Zenfone4の試し撮り @ 林芙美子記念館と旧古河庭園

東京にはいろいろな作家の旧宅が有りますが、今回は新宿区中井の林芙美子記念館に行ってきました。
庶民的な作家というイメージの林芙美子ですが、行ってみるとそれは予想外、作家として成功した後の家ですから、竹林に囲まれた門構えの立派なお家でした。
f0100593_16432288.jpg
家を建てる前に200冊もの家に関する本を読んで研究したと!
そのモットーは風通しのいい家ということですが、確かに風が吹き抜けるような気持ちよさそうな造りです。
f0100593_16433237.jpg
書斎にする予定だった部屋ですが、ここは明るすぎて落ち着かないということで、
別の納戸だった和室が書斎になりました。
f0100593_16433901.jpg
敷地は300坪もあるということで、庭も散歩が出来るほど広さがあります。
f0100593_16434891.jpg
家の裏手は山で、ここも敷地の中です。
f0100593_16435809.jpg
武蔵野の風情を残す大きなケヤキも有るようなお庭でした。
f0100593_16440551.jpg
ところで、使っているカメラはいつものデジカメ XQ1ではなく、Zenfone4というスマホのカメラです。F1.8という明るいレンズが気に入って買ったのですが、これくらい写れば良しかなという、第一印象です。

翌日には場所を変えて、北区西ヶ原の旧古川庭園で試し撮りの続き・・・。
ここではバラの花にはまだ早かったのですが、ツツジが綺麗でした。
f0100593_16442773.jpg
ちょっとピントが甘かったようです・・・

明るい洋風庭園です。
f0100593_16445864.jpg
建築家は鹿鳴館やニコライ堂を手掛けたジョサイア・コンドルで、美しく格調高いデザインです。
f0100593_16443880.jpg
細部に至るまで素晴らしい。
f0100593_16444780.jpg
洋風庭園の崖の下には日本庭園があって、こちらの庭は小川治兵衛の作です。
f0100593_16450676.jpg
カエデの新緑が美しいお庭でした。
今までのはオートモード、これは超解像度モードで撮ってみました。
f0100593_16451317.jpg
Zenfone4はダブルレンズ、これは広角レンズのほうで撮りました。
広角レンズはあまり明るくないF2.2ですが、ここはオッケーでした。
ブログでは画面の横幅が同じなので、迫力は感じられませんが・・・。
f0100593_16452222.jpg
最後は平塚神社でシャクナゲの花の接写です。
超解像度モードですが、光が透過した感じで撮れています。
f0100593_16452937.jpg
Zenfone4まだ慣れていないのですが、これならばメインカメラの代わりまたはサブカメラになるでしょう。
by ciao66 | 2018-04-14 18:05 | 東京散歩 | Comments(8)
Commented by Clearwater0606 at 2018-04-14 18:20
シャープに写るんですね。恐れ入りました。

色んな素敵な場所をご存知なんですね。
Commented by ciao66 at 2018-04-14 18:43
Clearwater0606様、どうも有り難うございます。
私の腕ではなく、オートで撮りましたので、これはカメラの実力でしょうが、
スマホのカメラとしてはコンデジ並みの十分満足なレベルかと思いました。

今回はこれでおしまいですが、東京もまだまだ行きたいところがあちこち残っております・・・。
Commented by ひろし at 2018-04-15 10:26 x
林芙美子記念館、東京にあるとは、思えない佇まいで京都へでも行った雰囲気を感じさせるところですね。
ブログを見て私も一度訪問したいなと思ってしまいました。
ところでスマホのカメラ、とても綺麗に写りびっくりです。デジカメが売れなくなっている原因もわかるような気がしました。

Commented by トムソーヤ at 2018-04-15 10:36 x
今回のお気に入りは、林芙美子の旧宅の、広い庭から日本家屋を眺めた一枚。
緑が深く、あまり手を入れていないような、いれているような、どこか田舎の旧家の風情。新宿区にあるとはちょっと驚きです。
旧古川庭園も、新緑や花が鮮やかで、もうそんな季節かと。
無鄰菴の小川治兵衛がこの庭づくりをしていたとは。
スマホのカメラ、最近は十分すぎる性能で、旅先のスマホ一台でなんでもできますね。

Commented by ciao66 at 2018-04-15 14:27
ひろし様、作家の旧宅めぐりというのもなかなか面白いものです。それぞれ個性的で、家を見るとその作家を身近に感じることが出来ます。またどこかに行ってみようかと。
 Zenfone4のカメラは意外によく写り、操作面でも良く工夫されていて使いやすい感じでした。まだ慣れておりませんので、しばらくは試し撮りが続きます。
Commented by ciao66 at 2018-04-15 14:43
トムソーヤ様、林芙美子の旧宅は自然を感じられるような家でした。昔の武蔵野の一角がポツンと残っているかのような感じでしょうか。きっと昔は周りものんびりした田舎だったのでしょう。
 旧古川庭園もちょっとした穴場で、和洋のお庭が揃っているというのも面白いですね。日本庭園が有るのは行ってから知りました。
 Zenfone4に変えたのは、前のスマホが旧型で容量が不足してきたためでしたが、今までのカメラの代わりにも充分使えそうな感じです。
Commented by cahieretstylo at 2018-04-15 22:16
私もお庭から家を眺めた写真がすてきだと思いました。
東京の新緑はこちらより一足先に進んでいるのがよくわかりますね。
既に初夏のような勢いを感じます。
それにしてもスマホカメラの性能がすごいですね。
2台目というよりメインにもなり得るようです。
Commented by ciao66 at 2018-04-16 17:54
cahieretstylo様、こんな広いお庭の家に住めたら最高ですね♪
でも庭の世話が大変だし、家も大きすぎて持て余しそう。
お庭を眺めて風情を楽しむのは手間はかからずですが・・・

 一足早い新緑の東京でしたが、仙台でもそろそろ新緑が出てきて、
これから楽しめそうですね♪ 試し撮りのいいチャンスかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< Zemfone4試し撮り チュ... 桜も満開、春爛漫の榴岡公園 >>