<< 21. 領主館博物館の古い写真... 青葉の森7月観察会 >>

20. アルテマイン橋とマリエンベルク要塞からの眺め@ヴュルツブルク

ヴュルツブルクのマイン川に架かる橋、アルテマイン橋です。
ここは歩行者専用の橋ですが、観光客で大賑わいです。
f0100593_22195325.jpg
橋は高い位置に架かっているので、眺めはいいのです。
目的地は右上に見えているマリエンベルク要塞!これから登ります。
f0100593_22190605.jpg
皆さんここでたむろしていますが・・・観光客だけでなく
アフターファイブ、5時45分ということで、一般市民も多数いたのでしょう。
f0100593_22194310.jpg
橋の途中にお店が有り、橋の上で立ち飲みしているのですが、
ここはスモーキーなので私はちょっと敬遠。
f0100593_22194791.jpg
橋の途中まで来ました。
f0100593_22195073.jpg
この辺りはちょうど川が急流になっているのでしょう。本流には堰が有ります。
船は横に有る運河を通り、仕切った中で水位を上下してから、ここを通過します。
ちょうど大きな船が来て、
f0100593_22202890.jpg
無事通過して橋の下から出てきました。
川の対岸は泊まったホテルの有る並びで、遠景の山はブドウ畑です。
f0100593_22222762.jpg
6時5分前、橋を渡ったところに有る案内看板です。
マリエンベルク要塞への道はこの付近がちょっと判りにくいので、
しばしば迷う人が続出するポイントですが、これを見れば大丈夫。
f0100593_22274809.jpg
坂道をここまで来れば、あとは階段を登るだけ。
f0100593_22225668.jpg
まだ上が有りました。
f0100593_22232536.jpg
前を行く人たちは息を切らしながら登っている様子。
私は筋トレと有酸素運動で鍛えていますので大丈夫。
f0100593_22233664.jpg
午後6時、眺めのいいところに出ました♪
先ほど渡ったアルテマイン橋とヴュルツブルクの街がよく見えます。
f0100593_22235506.jpg
ちょっとズームアップしてみましょう。
f0100593_22240366.jpg
ここで終わりではありません。建物はまだ上のほう。
f0100593_22244494.jpg
橋を渡って、この擁壁の下のトンネルをくぐり、階段を上がれば、
f0100593_22250180.jpg
ここに出てきます。先のほうに一人赤い服の人がいます。
しきりにカメラのシャッターを切っている様子。
後でお話しができましたが、アジア系のお顔でカナダから来たといっていました。
f0100593_22250756.jpg
歩いてきた道を振り返ります。結構な急坂なのです。でもいい眺め。
f0100593_21230072.jpg
アルテマイン橋を渡り終えたとろから20分ほど経過して、
午後6時15分、マリエンベルク要塞の上まで来ました。
f0100593_21191788.jpg

見上げるようにそびえる建物。ここの領主はヴュルツブルクの大司教でした。
レジデンツができるまではここが居城だったわけです。
f0100593_22254988.jpg
先ほどの展望スポットよりも眺めがいいところです。
擁壁のすぐ下はブドウ畑で、マイン川のずっと上流まで見えます。
f0100593_22255204.jpg
美しいところです♪
f0100593_22255632.jpg
アルテマイン橋ははるか下のほうになりました。
ヴュルツブルクの街全体がよく見えて、先ほどいたレジデンツも見えます。
f0100593_22261761.jpg
クローズアップすると、緑の島にレジデンツが浮かんだように見えました。
f0100593_22262288.jpg
建物の周りをぐるっと一周です。
f0100593_22262958.jpg
塔の数はいくつあるのでしょう。
f0100593_22263941.jpg
この日は月曜日でしたので、テラスのお庭と、博物館は締まっていました。
明日はお天気が下り坂なので、それは承知で今日のうちに登りたかったのです。
明日また来ることにして、下山します。
f0100593_22274334.jpg
アルテマイン橋まで降りてきました。
f0100593_22281333.jpg
橋を渡れば、塔のあるラートハウス。ラートハウスは市役所のことです。
午後7時40分、その建物の地下に入りました。
f0100593_19352949.jpg
地下はラーツケラーというレストランです。
英語のメニューをお願いして、注文はポークにしました。
f0100593_19202849.jpg
しばし待ちます。
f0100593_19104729.jpg
あれっポテトばかりが目立って、想像と少し違いましたがいいことにします。
f0100593_19105081.jpg
午後8時40分、まだ明るいのでトラムでその辺までぶらぶらしてみることに。
f0100593_22282263.jpg
Rathausから3番線で南のほうへ行きます。
路線図はちゃんと公開されているのが素晴らしい。ここ(Verkehrsunternehmens-Verbund Mainfranken)から事前に入手できました。
f0100593_09500218.jpg
郊外のほうに行く路線でしたが、トラムからは木や建物の影で綺麗に撮れません。
ここを過ぎて、Reuterstrasseという所で引き返すことにします。
f0100593_19372181.jpg
午後9時、ホテルに帰着、ライトアップされて綺麗でした。
この日は、ザールブルクのリーメスを歩き、ヴュルツブルクでは街歩きをして、
マリエンベルク要塞の昇り降りもして、万歩計は25,591歩。
f0100593_22290069.jpg
夜が更けて・・・部屋から写したマリエンベルク要塞です。
おやすみなさいzzzzz・・・。
f0100593_22323106.jpg
本日のおまけ・・・ちょっとドイツ語の初級編です。

ヴュルツブルクブルクbrug)というのは。防備を備えた都市という意味も。
マリエンベルク要塞のベルク(berg)というのは山。マリエン山というわけです。

ドイツにはブルクと付く地名と、ベルクと付く地名が有って、よく間違いそうになります。

gの発音はグでは無く、濁りません。末尾のgはクと読みます

@@@@@@@@@@@@

次回に続く。
by ciao66 | 2015-07-13 07:29 | ドイツを巡る2015 | Comments(6)
Commented by Clearwater0606 at 2015-07-13 23:42
う〜ん、素晴らしいです。まさに異文化ですね。同じ時間が流れているのが何だか不思議な感じさえします。
Commented by ciao66 at 2015-07-14 06:47
山から川と街並みを見下ろす風景は魅力的でした。
街のすぐそばに山があり川が有るというロケーションは
日本でいえば京都も同じですが、私の好みなのです。
魅力ある文化が育つ要素がそこに有るのでは・・・。
Commented by cahieretstylo at 2015-07-14 10:07
説明がなければ、午後7時前後の写真とは絶対に気がつかないような空の青さです。
いいお天気の日を選んで正解でしたね。
川と美しい街並みを見下ろす景色は感動的です^^
Commented by ciao66 at 2015-07-14 12:16
この日はお天気が良すぎて、日影がほしいという感じでした。
街へ降りるのに要塞の下のブドウ畑を通って行くと面白そうと思いましたが、日影が無いので、それはやめて木陰のある道を降りました。
Commented by ciaomami at 2015-07-19 22:39 x
スモーキーは敬遠ですか~私なら喜んで飛び込むのに(笑)
他の国の要塞を兼ねたお城をみると守りが甘くて平和だったんだろうな~って思ってしまいます。もし今の時代の要塞を作るなら空からの攻撃も守らなきゃいけないし・・・地下に埋め込んで地上には木を植えて建物がないようなものを作らなきゃならないかしら?^^
Commented by ciao66 at 2015-07-19 23:06
もう要塞は要らないと、ここから降りて新しい宮殿を作った、
平和になってというよりも、ciaomami様の仰るように、もう役立たずの要塞になったということでしょう。
地下に埋め込んで・・・というのは最近ありそうなパターンですが、高い所が好きな私としては、面白くないので敬遠ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 21. 領主館博物館の古い写真... 青葉の森7月観察会 >>