冬の片平キャンパス散歩で見つけたものは・・・

片平キャンパスを散歩していて見つけたのです。
黒紫、丸型しわしわの熟した実。これなんだろう?
気になって、はなせんせにネットで聞いてみることに。
f0100593_20191012.jpg
樹の全体像はこんな感じ。
すっかり葉は落ちて、枝にたわわに実がついています。
f0100593_20191691.jpg
こうして撮ってみると面白い感じ。
枝がしなって空を向いて勢いが有ります。
f0100593_20190426.jpg
はなせんせから答えが返ってきて、これはマメガキではないかと。

そうか!と画像検索して調べて、たぶん違いなかろうと思いました。

カキ(柿)の小さいのだったとは♪

1枚目の写真をよく見ると確かに柿のへたが有りました

春から秋にかけて散歩のついでに、観察したいと思います。
# by ciao66 | 2017-12-24 20:46 | 仙台散歩 | Comments(4)

漱石山房記念館に行ってみる

早稲田南町7番地、 ここに漱石が住んでいたのですが、
その地に開館したばかりの「漱石山房記念館」に行ってきました。
f0100593_15105623.jpg
再現された「漱石山房」です。
バルコニーがぐるっと回った洒落た建物。
f0100593_15111472.jpg
再現されたのは右端の書斎の部分のみです。
f0100593_15112253.jpg
ここに漱石は明治40年に引っ越して、ここで大正5年に死去しました。
 
バルコニーの手すりが描く模様がアートです。
日当たりのいい書斎だったようです。
f0100593_15113251.jpg
建物の中は撮影禁止なので、ご案内できませんが、
漱石当時のように室内も復元されていて、
公式サイトにはちょっとだけ その様子が出ています。

漱石の旧宅は空襲で焼失したままでしたが、部分的ながら再現されたわけです。
猫の案内で2階に上がって、展示物を見学します。
小説のあの猫・・・!?
f0100593_15134498.jpg
2階から見た1階の様子です。
f0100593_15184925.jpg

建物の周りにはゆかりの植物があります。
f0100593_15140243.jpg
赤い実は・・・ザクロでしょうか。
f0100593_15141270.jpg
バショウかな・・・これも漱石の家に有ったのでしょう。
f0100593_15150083.jpg
紅葉する百日紅も当時の姿を偲ばせます.
(ここに行ったのは11月中旬でした。)
f0100593_15160687.jpg
漱石の胸像です。
f0100593_15154989.jpg
猫のお墓です。猫は千駄木の「猫の家」からここへ引っ越し、その後亡くなった。(←本文訂正しました)あの「吾輩は猫である」の猫で、小説だけではなく実在した漱石の愛した猫。空襲でバラバラになったものが復元されています。
f0100593_15163140.jpg
猫塚の案内板です。
f0100593_15165510.jpg
漱石が「三四郎」「それから」をここで書き、門人たちが集まっていた様子を想像し、
書斎の再現や、猫塚、ゆかりの植物なども見られる、なかなか興味深いところでした。

# by ciao66 | 2017-12-20 20:50 | 東京散歩 | Comments(2)

冬の散歩道

山茶花が冬空に映えていました。
この青空が有ると、白が綺麗だと思ったのです。
「あら嬉しい」と山茶花の声が聞こえたような・・・
f0100593_22125923.jpg
@榴岡公園
# by ciao66 | 2017-12-16 08:44 | 仙台散歩 | Comments(2)

26. マカルト広場からセバスティアン教会へ歩く

オーストリア旅行の最終日、オーベンドルフからザルツブルクに戻って来ました。
飛行機の出るのは夕刻なので、まだ少し時間が有ります。
f0100593_21393438.jpg
ちょうど12時頃、路地裏に見つけたレストランです。
f0100593_19094160.jpg
料理の写真は上手く行かず、お皿と食器だけ撮ってどうする?(笑)。
f0100593_19091847.jpg
モーツァルトハウスそばのフュルストというお菓子屋さんに来ました。
手作りなのはここだけという、モーツァルトクーゲルンの元祖のお店。
(丸いチョコですが、買ったのはここだけなので、比較はできず。)
f0100593_21374651.jpg
橋を渡って、マカルト広場に来ました。
ここもモーツァルトハウスなのですが、生家が手狭になって、そこから引越した家です。
この2階部分に一家は住んでいましたが、2階だけでも結構広い立派な家です。
f0100593_21404669.jpg
建物はタンツ・マイスター・ハウス(舞踏教師の家)という通称で、実はこの家は、第二次大戦の空襲で粉々になって、最近になって再建されたものです。
2階からは写真禁止で、ご紹介できませんが、とても丁寧に再現されている印象でした。
公式サイトはこちら
f0100593_21405721.jpg
午後2時半ころ見学を終え、
リンツァー通りを少し歩いてセバスティアン教会に来ました。
f0100593_21410700.jpg
堂内の様子です。
f0100593_21414219.jpg
美しい回廊です。その外側は・・・
f0100593_21421030.jpg
教会の墓地になっていて、
f0100593_21431234.jpg
目当てのお墓を見つけました。
真ん中の大きい墓がモーツァルトの奥さんのコンスタンツェ。
小さい右側の墓が、モーツァルトの父、レオポルトの墓です。
f0100593_21425752.jpg
ニッセンというのはモーツァルトの死後しばらくして再婚した相手の姓で、コンスタンツェ・モーツァルトからコンスタンツェ・ニッセンに変わったわけです。
再婚したニッセン氏はデンマーク人の外交官で、コンスタンツェとともにモーツァルトの伝記や手紙の編集などに携わりました。

有能な教育者であったモーツァルトの父レオポルト、
彼がいなければ天才モーツァルトはいなかったはずですが、
お墓が脇に有って、小さいのは謎です。

午後3時半ころ、最後に来たのは、ミラベル庭園です。毎日のように来ていたのですが、一か所撮り忘れたところ、
ぐっと手を伸ばした二人の銅像は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のなかで
ドレミの歌を歌いながら通過したところでした。
f0100593_21440819.jpg
すぐそばのホテルに預けてあったキャリーケースを受け取り、バスでザルツブルク空港に向かいます。
20分ほどで空港に到着、近くて便利な小さなローカル空港です。
f0100593_21450223.jpg
乗るのはルフトハンザ子会社のユーロウィングス。
ゲートから歩いていき、タラップで飛行機に搭乗、このローカルさがいいのです。
f0100593_21452419.jpg
ザルツブルクの夕刻の空からの景色です。時刻は午後7時前ころ。
向かう先は、ベルギーのブリュッセルです。
f0100593_21460504.jpg
飛び立ってまもなく国境越え、ここはドイツの上空です。
f0100593_21464096.jpg
乗り換えのブリュッセル空港です。乗り換え時間は50分だけという忙しさで、遅れたら大変だったのですが、ほぼ定刻に着いてくれたので幸いでした。
f0100593_21473342.jpg
無事乗り換え完了し、今度はANA便で日本へ。
f0100593_21475609.jpg
雨の成田に到着。
この旅で初めて遭遇した雨。
f0100593_21481808.jpg
最後まで長々と旅行記をご覧いただき、コメントを頂戴し、
どうも有り難うございました。

さて、次回は何処へ?


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

# by ciao66 | 2017-12-12 21:09 | オーストリア2017 | Comments(6)