17. 水の庭園、ヘルブルン宮殿に行く

バスに乗って水の庭園、ヘルブルン宮殿 Schloss Hellbrunn にやってきました。
後ろに見える山がウンタースベルクで、先ほど登っていたところです。
f0100593_20385867.jpg
朝10時40分頃、陽も高くなって、素晴らしいお天気です♪
ここは、ザルツブルクの大司教が作った離宮の庭園ですが、
その片隅には・・・
f0100593_20393087.jpg
映画「サウンド・オブ・ミュージック」で登場した、ガラスのパビリオンがこんなところに!
映画では「もうすぐ17歳」I’m sixteen going on seventeen が歌われる場面です。
f0100593_20391416.jpg
美しい庭を散歩しながらもとに戻ります。
f0100593_20393918.jpg
美しくバラが咲き、のんびりと散歩する人々。
f0100593_20394803.jpg
さて、11時になって噴水のガイドツアーの時間です。
向こうに見えるのは・・・
f0100593_21004260.jpg
有名な仕掛けのある噴水です。
f0100593_20400651.jpg
石のテーブルの周りに石の椅子、奥には観客席が。
f0100593_20401744.jpg
参加者は席につきました。
f0100593_20403184.jpg
うゎ~と歓声。見事な仕掛けです。
ここで濡れずに良かったと思ったのですが・・・。
f0100593_20402509.jpg
次々と現れるトリックファウンテン(水の仕掛け)。
f0100593_20412307.jpg
これも噴水の仕掛けです。
f0100593_20413713.jpg
油断していると、安心した時に限って、意外なところからぴゅっと水が飛び出てきて、
f0100593_20423370.jpg
それ来たと、慌てて避けます。
f0100593_21020068.jpg
400年以上目に出来たという水の仕掛けですが、
当時から今に残っているのはここくらいだとか。
f0100593_20424709.jpg
おっと、また来た・・でも笑って済ませられるので、楽しいエンタテインメントなのです。
f0100593_20430127.jpg
大司教の冠が水圧で浮き上がる、という趣向です。
f0100593_20430645.jpg
人が慌てる様子も、見ていて面白いのですが、
自分の時もやはり、慌てたり、笑われたりして、ちゃんと楽しめます。
f0100593_20431407.jpg
40分ほどでガイドツアーは終了して、あとは宮殿の中を見ます。
f0100593_20384405.jpg
小さな宮殿ですが、見るものは楽しめそうなものばかり。
地球儀のある部屋。
f0100593_20530763.jpg
ローマ風のフレスコ画の部屋。
f0100593_21072883.jpg
音楽の部屋。
f0100593_20435560.jpg
珍しい収集品の部屋。
f0100593_20434231.jpg
12時半ころ見学終了、さぁ食事にしよう思ったのですが、
何故かここのレストランは休業中なのでした。さてランチは何処で?

次回はザルツブルク市内に戻って、ミラベル庭園の巻です。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

# by ciao66 | 2017-11-09 17:42 | オーストリア2017 | Comments(4)

16. ドイツとの国境の山、 ウンタースベルクに登る。

ザルツブルク2日目の朝は、郊外に出かけることにして、バスに乗りました。遠くに見える三角形の山が目的地のウンタースベルクです。・・・とはいっても、ロープウェイでひょいと登るのですが。
f0100593_17124074.jpg
時間は7時20分に戻って、泊まったホテルの朝食です。
卵も野菜も果物もちゃんと有って、これなら栄養バランスも満点でしょう。
いつも我が家の朝食ではこんなに食べませんが・・・。
f0100593_17072913.jpg
バスに乗ったのは8時半ころです。
f0100593_17111423.jpg
冒頭の写真です。乗って15分ほど経過、もう半分くらい来ました。
f0100593_17124074.jpg
もうすぐバスの終点というところに来て、山がぐっと迫ってきました。
f0100593_17155095.jpg
乗ってから30分で終点のバス停に到着し、
ザルツブルクカードを見せて、ロープウェイに乗ります。
f0100593_17263360.jpg
ロープウェイ乗り場から見えるウンタースベルクです。
すっかり青空ですが、雲が少し湧いてきている気配も。
f0100593_17162398.jpg
ところで、グーグルマップで位置を確認しましょう。
上の方がザルツブルク、下の赤丸がウンタースベルク、黄色い線がロープウェイ。

ドイツ・オーストリアの国境線は、右下から伸びてウンタースベルクの山頂を通り、左から回って上の方に伸びています。
f0100593_20214294.jpg
ロープウェイからの眺め
ずっと向こう、山際の白い点のように見えるのがホーエン・ザルツブルク城塞です。
f0100593_17181244.jpg
半分くらい登ってきました。
f0100593_17183437.jpg
北西方向の眺めです。
手前のほうはオーストリアの領域ですが、その向こうの雲のかかった山はドイツ領でしょう。
f0100593_17202411.jpg
ロープウェイの頂上駅で降りました。ここの標高は1776m。
登山ルートの案内板ですが、一番近いピークなら歩いて15分。
f0100593_20361418.jpg
ちょっと錯覚しそうなアングルですが、上から下を見ています。
小屋のようなところがロープウェイの駅。
左手がオーストリアで、右がドイツ、真ん中が国境線でしょう。
国境を歩く・・・こういうのをしてみたかったのです。
f0100593_17204577.jpg
歩きだして10分ほど、あいにくドイツ側に雲が出てきました。
雲で覆われないうちに、登山道のすぐ脇の手近なピークに登ります。
f0100593_17203957.jpg
白い石が美しい山頂?に到着です。
f0100593_17224882.jpg
ウンタースベルクの一部なのでしょうが、一番高い山頂ではなく、この小ピークの名前は良く判りません(笑)。
でも、大きな記念のピッケルがあるので、それなりの所でしょう。
f0100593_17224379.jpg
付近には高山植物も咲いていました。
f0100593_17225624.jpg
ザルツブルク空港の滑走路がうっすらと見えていましたが、
オーストリア側にも雲が出てきましたので、もう降りることにします。
f0100593_17231505.jpg
下りのロープウェイ車内から、ウンタースベルクを振り返ります。
f0100593_17232386.jpg
ロープウェイで降りる途中、右手のドイツ側に少し晴れ間が見えて、
上では見えなかったドイツのベルヒテスガーデンアルプスが姿を現しました。
これが見たかったのです。
f0100593_17233198.jpg
陽が高く明るくなり、ホーエン・ザルツブルク城塞が向こうにはっきりと見えました。
f0100593_17233956.jpg
結局スタートから1時間ほどで降りてきましたが、山の上はやはり雲がかかったまま。
もう一つ別の目的地に寄り道をして、街に戻ります。
f0100593_17234616.jpg

次回は、水の仕掛けが楽しいヘルブルン宮殿の巻です。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

# by ciao66 | 2017-11-06 17:59 | オーストリア2017 | Comments(2)

15. ザルツブルク大聖堂と城塞を見て、ザンクト・ペーター教会に行く

ザルツブルクの大聖堂の上から見下ろしていますが、
お祭りで広いカピテル広場もテントと人でいっぱいです。
この大聖堂は3つの広場に囲まれていて、
f0100593_09140706.jpg
こちらは2つ目の広場で「レジデンツ広場」、
左手の建物は大主教の館(=レジデンツ)です。
f0100593_09152822.jpg
レジデンツ広場を望む広いテラスに出ました。
向こうの時計塔の有る建物は、新レジデンツ。
いい眺めです。
f0100593_09153769.jpg
こちらは3つ目の「ドーム広場」。
正面は大聖堂の入り口です。
ここからぐるっと回って、大聖堂の2階の回廊に行ってみましょう。
f0100593_09141465.jpg
ここから巨大な大聖堂の堂内がよく見えます。
f0100593_09155305.jpg
下に降りてみるとこんな感じ・・・
f0100593_09134822.jpg
モーツァルトも使ったという大きな洗礼盤です。
f0100593_09135314.jpg
ザルツブルクでは大主教が領主を兼ねていました。
モーツァルトは雇い主の大主教にあれこれ指図され、自由がないと感じていましたが、
ウィーンで音楽家として独立し、最後の10年間はやっと自由に。


ザルツブルクカードを使って、大聖堂の宝物館とレジデンツギャラリーを1時間半ほどかけて見学して、午後4時頃です。(博物館は撮影禁止でした。)

次に向かうのは・・・

山の上にそびえるホーエン・ザルツブルク城塞です。
城塞にはここからケーブルカーに乗っていきます。
f0100593_09172010.jpg
城塞もケーブルカーもザルツブルクカードが使えます。
f0100593_09231915.jpg
ケーブルカーで昇ると、眼下にはザルツブルクの街が一望です。
左下がケーブルカーのふもとの駅、

その左上の青い塔はザンクト・ペーター教会。
右手中央の青い塔が3つあるのが大聖堂です。
f0100593_09174012.jpg
ここからまだ上が有ります。
向こうに見える階段を昇ります。
f0100593_09172711.jpg
結構急な階段です。そこからの眺めは・・・
f0100593_09175008.jpg
ザルツブルクのすぐ西側は国境なので、
向こうに見える山はオーストリアではなくドイツの山です。
f0100593_09175898.jpg
城塞の建物に入りました。
大きな大砲がどこを狙っているのでしょう。
f0100593_09182497.jpg
まだまだ、
階段が有ります。
f0100593_09205046.jpg
ここが一番上のところ。さすがにい眺めです。
f0100593_09210482.jpg
城塞のメインルーム、金の部屋です。
城塞の中でここだけは何故かザルツブルクカードが通用せず。
f0100593_09215760.jpg
見学を終えて下界に降ります。
f0100593_09231458.jpg
先ほど上から見下ろしていたザンクト・ペーター教会にやってきました。
もう夕暮れ時の午後5時ですが、糸杉のある教会には、ぴったりの時間かもしれません。
f0100593_09335232.jpg
崖の下に並ぶアーチの入り口はお墓です。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」で登場した逃亡シーンで、
主人公たちがナチスに追われて隠れていたところに似ています。
(映画ではこの場面はセットのようですが、イメージはここでしょう。)
f0100593_09533736.jpg
ここはとても古い教会で、素晴らしい雰囲気でした。
大聖堂よりもこちらの方が、気持ちが落ち着くし、とても美しく思ったのです。
f0100593_09534809.jpg
どれも花で飾られ、美しいお墓の数々。
f0100593_09535378.jpg
岩をくり抜いて、崖の上に出る階段が有ったので、登ってみました。
向こうに見えるのは大聖堂で、手前はザンクト・ペーター教会の墓地です。
f0100593_09315924.jpg
崖をくり抜いて有った通路はこんな感じ。
カタコンベの内部です。
f0100593_09332877.jpg
カタコンベの一番上 お祈りの場でしょう。
f0100593_09332256.jpg
ザンクト・ペーター教会の建物です。
f0100593_09540978.jpg
堂内の様子です。ちょっとピンボケ。
f0100593_09342073.jpg
午後6時頃、坂道を登ってやってきたのは・・・
f0100593_09353059.jpg
シュティーグル・ケラー(Stieglkeller)という酒場で、ビール醸造所の直営です。
f0100593_09362994.jpg
大聖堂がよく見えます。
f0100593_09374917.jpg
高い天井で落ち着いた雰囲気。
f0100593_09375828.jpg
ナスビみたいに見えるのはソーセージです。
ウィーンでもケラーという酒場で夕食でしたが、
ビールが美味しいので、ここもすっかりそのパターン。
f0100593_09381087.jpg
大聖堂とお祭りの出店の不思議なコラボレーション?を見ながら、
午後7時頃ホテルに帰着しました。
f0100593_09383108.jpg


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

# by ciao66 | 2017-11-04 17:40 | オーストリア2017 | Comments(2)

街中の紅葉が始まった@仙台

オーストリア編は一回お休みして、久しぶりの仙台編です。
秋らしい美しい青空が見えた一日、ケヤキとユリノキが見事に色づいて、
東二番町通のイチョウ並木もいい色になりました。
f0100593_07203133.jpg
場所を移動して、片平公園です。
ここではイチョウの黄葉が綺麗でした。
f0100593_07200031.jpg

# by ciao66 | 2017-11-04 07:41 | 仙台散歩 | Comments(2)