4. ウィーンの街歩きはペーター教会のオルガンコンサートから

シュテファン大聖堂のあとは、街歩きの時間になりました。
グラーベンの通りを観光用のフィアカーが行きます。
f0100593_19010737.jpg
この通りは中世は堀だったので、こんなに道幅が広いのでしょう。
青いオブジェが不思議に街にマッチしていました。
f0100593_19011458.jpg
 グラーベンにはこんな塔がにょきっと立っています。(光線の具合で路地から写す。)
ペストの流行が収束した感謝の記念柱。ペストといえば中世を連想しますが、
これを造ったのはマリア・テレジアの祖父で、1693年のことですから
すでに中世ではなく、近世といわれる時代の初めころの出来事でした。
f0100593_19005491.jpg
 グラーベンから横丁へ入り、「ここは抜けられそうかな?」と
ちょっと探検みたいに、こういうアーケード歩きも面白いのです。
ガラスの天井が素敵でした。
f0100593_19004995.jpg
 グラーベンの先まで来ると、直角に曲がってコールマルクト通りが始まり、
王宮巡りの出発点だった、ミヒャエル門が真正面に見えて、
ほぼ街を一周したことになります。
でも、王宮には戻らずに別のところへ・・・
f0100593_19012027.jpg
 ペーター教会での午後3時のオルガンコンサートに行く予定だったのです。
まだ20分前ですが、休憩を兼ねて中で待っていればいいでしょう。
ここは外観もなかなか素敵な教会です。
f0100593_19005938.jpg
美しいバロックの堂内ですが、ピンクの大理石が柔らかく調和を保っていて、
先ほどの大きな大聖堂よりも、ずっと心休まるような空間になっています。
f0100593_19014414.jpg
卵型のドームが下に降りてきて、そのまま堂内の平面に投影される、
このシンプルさがいいのです。
ウィーンで私の一番の好みの教会がこのペーター教会でした。
f0100593_19015671.jpg

 オルガンコンサートが始まりました。
始まりはバッハの「 トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
(↑クリックすると音が出るのでご注意ですが、
以下2つのリンクも同様。聞きながらどうぞ。)

低音のパイプオルガンの響き、チャララ~ン♪で始まる、おなじみの曲です。
f0100593_19020080.jpg
演奏はすべてバッハの作品でしたが

6つのトリオ・ソナタ 2番ハ短調 BWV 526.2」は、
まるで天上から降りてきたような音楽、という印象で、

幻想曲ト長調 BWV572」は、 
バッハ23歳の若いときの作品という割には、ちょっと渋い感じで素敵でした。

さて、30分ほどのコンサートを終えて、街歩きの再開です。
ペーター教会を別のアングルから撮ってみました。
f0100593_19003589.jpg
 路地歩きが面白いのは意外性が有るからで、
自分の好きなように歩くというのがいいのです。

 またパッサージュを見つけて入ります。
ここは間違いなく通り抜けできそうなところ。
6フロアくらいの高い天井の上のガラス窓が素敵です。
ここを抜けて・・・
f0100593_19021582.jpg
 ちょっと変わったものを発見。珍しく木造の建物で、
石の建物に「へばりつくように」して建っている!
何に使っているのか?謎ですが
色彩が不思議に周囲にマッチしています。
f0100593_19022759.jpg
こんな中世からありそうな石畳の路地が続いて、
ここを曲がってしばらく行くと・・・
f0100593_19024615.jpg
 Judenplatz(ユダヤ人広場)です。これはちょっと変わった形の記念碑で、第二次大戦の際にナチスに殺害された65,000人のオーストリアのユダヤ人のために造られました。
 現地の英文説明によればアクセスできない図書館あるいは本棚ということらしいのですが、残念ながらピンときません。ネットで探してみた別の解説では、「知恵」「記憶」「記録」をも意味しているとか・・・。
f0100593_19025529.jpg
 1938年にはナチスによる「水晶の夜」事件によって、ウィーンのシナゴークの90%以上が破壊され、7500人のユダヤ人の商店と住居の破壊と、91人のユダヤ人殺害が起きました。
ここにはユダヤ人などが虐殺された45か所の強制収容所の名前が書かれています。
f0100593_19031009.jpg
 この記念碑の下には、シナゴーグの破壊された跡が有って、発掘後保存されているのですが、この建物にある ユダヤ人広場博物館 の地下から見ることができるそうです。
私がウィーン滞在中は、残念ながらユダヤ教の祭日と定休日が連続していて、
見ることがで見ませんでした。
f0100593_19031400.jpg
 ベルリンとフランクフルトではユダヤ博物館に行ったので、違いもみて見たかったのですが、ウィーンパスが使えるといっても、すべて見るわけにもいきませんので、ちょうど良かったのかもしれません。(3日間の観光で充分にその元は取りました。)

広場の端から振り返ります。
通行人もご覧のように少なく、静かな落ち着いたところでした。
f0100593_19032365.jpg
ぶらぶら歩いているようでも、一応の目的地はあるわけです。
次に向かっているのは、ホーアーマルクト広場ですが、そこは・・・
f0100593_19032853.jpg
ウィーンがまだローマ人の街ヴィンドボナであった当時からの古い古い広場。
167年にはローマ皇帝マルクス・アウレリウスもここに来たという。
ローマ遺跡の博物館が有りますが、行ったときには改装工事中で閉館だったようです。
f0100593_15290395.jpg
ホーアーマルクト広場の端にアンカー時計を見つけました。時刻はちょうど午後4時ですが、
f0100593_19035006.jpg
12時にしか仕掛けは動かなかったようです。
さっさと下をくぐって・・・
f0100593_15454576.jpg
 古い街の雰囲気は残っているのですが、
ちょっと物騒な落書きの有るスポットに来ました。
でも、昼間は大丈夫でしょう。この階段を上がって・・・
f0100593_15493240.jpg
次回は、
ウィーン最古の教会というルプレヒト教会から始まります。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
# by ciao66 | 2017-10-08 16:57 | オーストリア2017 | Comments(2)

3. シュテファン大聖堂とカプツィーナー教会に行く

 ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂にやってきました。
北塔に登って見ると屋根のタイル模様が良く見えます。
ハプスブルク家の紋章と似ていますが、双頭の鷲ではなく、
ウィーン市の紋章(胴体は白十字)と、オーストリアの国章(胴体が紅白二色旗)です。
f0100593_17492446.jpg
 ハプスブルクの双頭の鷲の紋章はないのか、グーグルの空中写真で確認しましょう。
反対側(=南側)の屋根にちゃんと有りました。
1・8・3・1の数字は謎なのですが。
f0100593_19000012.jpg
北塔から西方向に見えるタイル模様です。
f0100593_17493280.jpg
下から見上げる。
f0100593_17493760.jpg
広場を見下ろします。はるか向こうはウィーンの森。
f0100593_17494438.jpg
塔の真下を覗きます。おぉ怖い。高さ68ⅿでした。
f0100593_17495282.jpg
北東方向の景色。
f0100593_17502230.jpg
 南の方の景色は南塔に登らないと見えません。(エレベーターなし)
北塔に登るのにウィーンパスは使えず・・・€5.5。(エレベーター付き)
観光した3日間でウィーンパスが使えなかったのはここの塔だけでした。

下界に降りてきました。まだ堂内です。
f0100593_17502902.jpg
宝物館ではパスが使える、というわけで、エレベータに乗って見学。写真は撮れません。
でも、螺旋階段から降りてくる途中の眺めはいいのです。
f0100593_17503609.jpg
パイプオルガンの後ろ側がよく見えます。
f0100593_17504108.jpg
 ちょっと変わったアングルの風景。
1782年にモーツァルトとコンスタンツェの結婚式がここで行われ、
モーツァルトの葬式が1791年に行われたというのですが、
建物が壮大過ぎて、その様子はちょっと想像しにくいのです。
f0100593_17504706.jpg
こんな天井の細工物も良く見えました。
f0100593_17505357.jpg
 さて、また下界に降りてきて、シュテファン大聖堂の見学はもうおしまい。
ここは「見学」と言って差支えがないくらい、
建物は壮大ではありますが、残念ながら荘厳さは感じられません。

 宗教の場という雰囲気は、少なく
ストレートな物言いだと、俗化しているという感もしたのです。
ミラノの大聖堂やパリのノートルダム寺院では、そうは感じませんでした。

ちょっと残念です。シュテファン寺院。
f0100593_17505710.jpg
 朝早い時間だと、少しは違ったのでしょうか。
込み合っていて、たまたまそう感じたのかもしれません。
外に出て振り返ります。
f0100593_17511015.jpg
少し時間は戻り、
ここへ来る途中のショッピング街のケルントナー通りです。
f0100593_18360019.jpg
賑やかなところはさっさと通過。
面白そうな建物は写しますが。
f0100593_18360797.jpg
さらに時間は戻って、ランチした直後。 
カプツィーナー教会の外観です。
f0100593_17512508.jpg
祭壇です。
f0100593_17513162.jpg
この教会の地下にはハプスブルク家の霊廟が有ります。
一番の大物は、マリア・テレジアの墓。お墓もぐっと壮大です。
f0100593_17554476.jpg
 Maria Theresia ハプスブルク=ロートリンゲン朝の皇帝フランツ1世の皇后にして共同統治者、オーストリア大公(在位1740~1780)兼ハンガリー女王(在位は同左)兼ボヘミア女王。 彼女は「皇帝」ではなかったが、夫のフランツ1世はお婿さんで、ハプスブルク帝国の実権は彼女に有り、実質的な「女帝」 だった。

側面のレリーフも美しい。
f0100593_17515965.jpg
 マリア・テレジアのお隣にはほかのに比べてちょっと質素な棺が有ります。
マリア・テレジアの長男、ヨーゼフ2世(在位1765年~1790年)です。
父フランツ1世の死後皇帝に即位しましたが、母と在位期間が15年間重なっているのは、母存命中は共同統治のため。
f0100593_14090409.jpg
 その急進的改革ゆえ「民衆王」「皇帝革命家」「人民皇帝」などのあだ名がある啓蒙専制君主ヨーゼフ2世は、
マリア・テレジアの死により単独統治を開始、農奴解放を行ったり、プラーターの狩猟場を市民に開放したりしましたが、抵抗勢力に阻まれた政策も多かったと。

 ウィーンにおけるモーツァルト(1756年~1791年)の雇い主が彼なのですが、必ずしも厚遇されたわけではなかったようです。アントニオ・サリエリ(1750年~1825年)が宮廷楽長として牛耳っていましたので。

 モーツァルトの葬儀が簡素に行われ、結果モーツァルトの遺体の所在が不明となったのは、貧乏のせいとか言われていましたが、そうではなくヨーゼフの改革の一環だったのでしょう、「葬儀簡素令」のためだったそうです。

次の棺は誰でしょう。

 マリー=ルイーズ(1791年~1847年)です。
前回も登場しましたが、彼女はちょうどモーツァルトが亡くなった年に生まれています。

 フランス皇帝のナポレオン(1769年~1821年)に19歳で政略結婚させられ、1810年から4年間はフランス皇后となるも、ナポレオンがエルバ島に流され1814年に失脚。

 同じ年に(復権したハプスブルク帝国の力で)パルマ公国の女王に収まって、波乱万丈だったわけですが、女王としてはなかなか善政を敷いたようです。場所はイタリア、外国人の女王にしては、珍しく慕われた。

マリー・ルイーゼ ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ」(塚本哲也著)
なかなか面白い本でした。
f0100593_17521141.jpg
マリー=ルイーはフランス語の読み方、ドイツ語の読み方ではマリア=ルイーです。
本名はLudovika(ルドヴィカ)ですが、ルイーズはフランスで付けられた名前だったのでしょう。

フランツ2世の娘、ナポレオンの妻、
ナポレオンとの間の子供(ライヒシュタット公)もいました。
f0100593_17521619.jpg
こちらの3つ並んだのは誰でしょう。
真ん中のは最後の大物皇帝フランツ・ヨーゼフ
手前はもちろん皇后エリザベート、右奥は長男ルドルフです。
f0100593_17522583.jpg
フランツ・ヨーゼフの説明版。
f0100593_17523323.jpg
 即位したのは18歳の時、1848年。先ほどのマリー=ルイーゼの亡くなった翌年ですが、その頃はウィーン体制も動揺しだして、ヨーロッパ激動の時代の最中、共産党宣言が出て、フランスでは2月革命が有り、それが各国に波及した大変な時期でした。

 長男のルドルフはマイヤーリンクの心中事件で亡くなり(1889年)
妻のエリザベートは暗殺され(1898年)
後継者にした甥のフランツ・フェルディナンドも有名なサラエボ事件で暗殺(1914年)
(第一次大戦のきっかけ)

 それでも70年以上の長きにわたり、ずっと重荷を背負ったように在位し、
第一次大戦の最中であった1916年に亡くなった苦労人の大物皇帝でした。

 最後の棺は誰でしょう。

 つい最近まで存命だった、オットー・フォン・ハプスブルク(1912年~2011年)。
最後の皇帝カール1世(2年だけの在位)の長男がオットー・フォン・ハプスブルクで、1918年のオーストリア帝国の消滅時には皇太子だった人。
f0100593_17524160.jpg
ヨーロッパ諸国の統合構想を1923年に示したのはクーデンホーフ=カレルギーですが、それを引き継いだのがオットーでした。(これが現在のEUにつながります。)

1989年の汎ヨーロッパ・ピクニックで、東ドイツ市民がハンガリー・オーストリア国境を越え、亡命を果たすのに中心的役割を果たし、これがその年に起きたベルリンの壁崩壊に発展することになります。
f0100593_17525557.jpg
次回はウィーンの街歩き編です。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
# by ciao66 | 2017-10-05 17:38 | オーストリア2017 | Comments(6)

2. ハプスブルク家の王宮を巡る

 朝9時過ぎ、ハプスブルク家の王宮巡りは「銀器博物館」から始まります。
第一次大戦後にオーストリア帝国は解体され、王宮は博物館になりました。
50か所以上のスポットが見放題のウィーンパス (=3日間€89.1)を使用します。
f0100593_22120717.jpg
有名なのはウィーン郊外にあるシェーンブルン宮殿(=夏の離宮)ですが、
本来の宮殿はこちらの旧市街の王宮。

銀器博物館には美しい絵皿や、
f0100593_22121246.jpg
フランス製の金の燭台の数々・・・
f0100593_22122855.jpg
銀器博物館はメイン部分だけでさらっと済ませて、

その次は、SISI MUSEUM(シシーミュージアム)と
KAISER APARTMENTS (皇帝家族の居室)です。
f0100593_22123534.jpg
残念ながら一番肝心なこの2か所は撮影禁止なので
公式HPの Hofburg Vienna から10枚を抜粋しました。

シシーというのは愛称で、エリザベート皇后のこと、
最後の大物皇帝だったフランツ・ヨーゼフの妃です。
f0100593_08294620.jpg
 エリザベートはバイエルン公爵家の公女で15歳の時、
皇帝と自身の姉とのお見合いが有り、
それについて行ったところ、彼女の方が皇帝に見初められ、
本来の相手であった姉をさておいて皇帝から求婚されました。

 しかしながら結婚後は
元来が自由で家庭的な雰囲気の中で育ったので、
エリザベートは厳格なウィーンの王室になじめませんでした。

 皇帝の母ゾフィーと対立し、というよりも戦いを放棄して?宮廷から逃げ出し、
療養を名目にして旅へ逃避。
エリザベート専用の列車が有って、それが再現されています。
f0100593_08292112.jpg
 エリザベートは乗馬が好きでハンガリーと肌合いが合い、
オーストリア帝国の傘下に有ったハンガリー王国では絶大な人気で、
王室からは逃避したものの、
ハンガリーの大幅な自治権を認めることとなった
オーストリア・ハンガリー二重帝国への変化には彼女も一役買いました。

 持ち物なども展示されていて、最後は暗殺の場面。
スイスに旅行中に「誰でもいいから」という犯人に殺害されました。
f0100593_08293729.jpg
続いて、The Imperial Apartments の部分です。

フランツ・ヨーゼフ(在位1948~1916)の執務室。

 エリザベートの写真が机の上に有ります。
とても愛妻家だったが妻とはすれ違いの生活。
彼はとてもまじめに仕事をした皇帝で、毎朝5時から執務をこなし、
週2回は謁見を行いましたが、帝国内の誰でも謁見の申し出を行うことができました。
f0100593_08300938.jpg
 これが一番有名な部屋でしょう。エリザベートの体操室兼美容室。
その美貌とウェスト50cm、体重50kgという体型を維持するために、
毎日エクササイズにいそしんでいた。
吊り輪や梯子段にぶら下がったりしていたのでしょう。
f0100593_08301514.jpg
バスルームやトイレもちゃんと保存されていました。
f0100593_08302186.jpg
リビングルーム。
f0100593_08300282.jpg
ベルグルの間。
f0100593_08302561.jpg
 アレキサンダーの間はナポレオン戦争後のウィーン会議(1814~1815)の際、
ロシア皇帝アレキサンダーが宿泊し、
のちにはカール1世(=本当の最後の皇帝。在位1916~1918)の居室になりました。
f0100593_08303690.jpg
ダイニングルーム
f0100593_08304555.jpg
 9時過ぎに始めて、日本語のオーディオガイドを飛ばさずに聞き、
ここまでの見学時間は1時間ほど、
詳しくは、先ほどのリンク Hofburg Viennaからどうぞ。

ここからは撮影オッケーでした。行列に並んで入場したのが、
10時から始まっていたスペイン乗馬学校の朝の調教見学です。
f0100593_22124793.jpg
ワルツに乗った名馬のステップはちょっとだけ見て、
あまり変化がなかったので途中で退出。
f0100593_22125403.jpg
 続いて王宮宝物館です。
写真は神聖ローマ帝国の皇帝ルドルフ2世の王冠(1602年)で、
ルドルフはオーストリア大公、ハンガリー王、ボヘミア王を兼ねました。
(=ハプスブルク帝国)
1806年の神聖ローマ帝国解体の後にはそのままオーストリア皇帝の王冠になりました。
f0100593_22130010.jpg
バプテスマのボウルと洗礼ボウル (16世紀)
f0100593_22132542.jpg
戴冠式のマント。
f0100593_22133175.jpg
写真は撮ったものの・・・調べがつかず?
f0100593_22133800.jpg
 マクシミリアン1世(在位1508年~151年)。
「戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ」
の言葉が示すとおり、
ハプスブルク家は婚姻により領土を拡大してきたましたが、
その最も成功した例はマクシミリアンの時代でした。

  • 自身の結婚によりブルゴーニュ自由伯領とネーデルランドを獲得し、
  • 子の結婚でイベリア半島の大部分とナポリ、シチリアを獲得し、
  • 孫フェルディナントはハンガリーとボヘミアの王位を継承しました。(wikipedia)
  • f0100593_22134359.jpg
     ここで、フランス革命とナポレオンの激動の時代の歴史をおさらいです。

      女帝といわれたマリア・テレジア(在位1740~1780)の娘たちは
    各国に政略結婚させられます。
    一番有名なのはマリー・アントワネット。
    フランスのルイ16世に嫁ぎ、フランス革命で断頭台に消えました。

     時代は少し下がって、写真は、ヨーロッパ中を支配したナポレオンに
    政略結婚で嫁いだマリー・ルイーズです。
    ナポレオンはヨーロッパ中を支配しましたが、
    それはイギリスとロシア以外のほとんどでした。

     オーストリアも占領されましたが、
    王女を差し出して、嵐を逃れようとしたわけです。

     当時の皇帝はフランツ2世(在位1792~1835)でしたが、
    ナポレオンの圧力で神聖ローマ帝国を廃止して、
    オーストリア帝国(=やはり実態はハプスブルク帝国ですが)になりました。

     その後ナポレオンはロシアでの戦いで負けて、
    失脚して有名なウィーン会議開催(1814年~1815年)になり、
    メッテルニヒ宰相の主導により
    「会議は踊る」と言われながらもヨーロッパの戦後体制を決定し、

    マリー・ルイーズは当時ハプスブルク帝国傘下だった
    パルマ公国(イタリア)の女王になります。
    f0100593_22131705.jpg
     その後の第一次大戦から第二次大戦にかけても大激動で、
    ハプスブルク帝国の解体のドラマが有るのですが、
    それは翌日のシェーンブルン宮殿等の際に併せて記載します。

     王宮見学を始めて2時間ですが、まだ王宮見学は午前中いっぱい続きます。
    一旦建物の外に出て、ヨーゼフ広場にやってきました。
    騎馬像はヨ-ゼフ2世(=マリア・テレジアの子)です。
    王家は似た名前が登場して紛らわしいのです。背後は国立図書館プルンクザール。
    f0100593_22135478.jpg
    国立図書館プルンクザールの建物に入りました。
    f0100593_22140448.jpg
    図書館にしてはとても豪華絢爛です。
    これも権威の象徴だったのでしょう。
    f0100593_22142638.jpg
    こんどはアウグスティーナー教会です。
    f0100593_22143670.jpg
    王室関係者の結婚式はここで行われました。
    フランツ・ヨーゼフとエリザベートもここで。
    f0100593_22144264.jpg
     遠景はアウグスティーナー教会ですが、手前は宮殿内のアルべルティーナという部分。
    アルべルティーナは、マリア・テレジア女帝の愛娘マリー・クリスティーネ女大公の夫君で、現在は収集された品をもとに美術館になっています。
    f0100593_22145228.jpg
    アルべルティーナの豪華なお部屋。
    f0100593_22150288.jpg
    ここにはデューラーの絵が多くあって楽しめました。
    f0100593_22150972.jpg
    さて、3時間にわたる王宮見学を終えて、ちょうどお昼時になりました。
    f0100593_22151787.jpg
    近くの有名なカフェ・ザッハーに行こうと思ったら、
    観光客風の行列で・・・進まず、ここはギブアップしましたが、
    ザッハートルテは「激甘」と聞きますので、敬遠したのは正解かもしれません。
    f0100593_22152445.jpg
    すぐ近くのカフェ・モーツアルトにしました。
    仙台にも同名カフェが有りますが、ここに因んでつけたのでしょうか。
    ここも行列が有りましたが、それは短くて、少し待てば入れました。
    f0100593_22152969.jpg
    さすがに有名な古いカフェです。雰囲気が有ります。
    地元人御用達という雰囲気で、観光客比率は先ほどよりも低そう。
    こういうところの方がいいのです。
    f0100593_22155004.jpg
    オーダーしたのは、ウィーン名物のヴィーナー・シュニッツェル。子牛のヒレカツです。
    レストランではなくカフェだったからでしょうか、ボリュームは控えめで丁度良し。
    意外なことにピラフ付きでした。
    f0100593_22155675.jpg
    カツレツにしてはあっさりした感じで美味しかったのです。

    食後のコーヒーはウィーンではこれでしょう、というメランジェにしました。
    エスプレッソにミルクを加え、その上からミルクの泡を乗せたという、
    カプチーノみたいなもの。 
    f0100593_22160144.jpg

    次回も有名どころが続き、
    カプツィーナー教会とシュテファン寺院です。
    (それを済ませたのち、気ままな街歩きに。)


    オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
    # by ciao66 | 2017-10-03 22:32 | オーストリア2017 | Comments(4)

    1.ウィーンの朝は王宮散歩から

    オーストリアの旅から無事帰ってまいりました。
    赤い花のト音記号の向こうはモーツァルト像ですが、
    ウィーンの初日は王宮のブルク公園の朝の散歩から始まります。
    f0100593_17025396.jpg
    行ったのは9月20日~28日の9日間で、ウィーンに4泊、ザルツブルクに3泊です。
    時間は20日に戻って・・・羽田空港発12時30分のANA217便ミュンヘン行きはスターウォーズの外装の飛行機でした。
    f0100593_17005238.jpg
    ウィーン行きの直行便は今現在無くなってしまったので、ミュンヘンで乗り換え。
    直行便はまた来年復活するようです。
    f0100593_17005945.jpg
    ターミナルを移動して、
    f0100593_17010763.jpg
    午後6時40分発のオーストリア航空に乗り換えです。
    まだサマータイムの期間中なので1時間遅い夕焼け。
    7時まで空が明るいというのは観光するには有難いのです。
    f0100593_17013487.jpg
    1時間ほどの飛行で、
    f0100593_17013846.jpg
    ウィーンに到着し、空港駅からザルツブルク行きレールジェットでウィーン・ハウプトバーンホフ(=中央駅)に向かいます。ミッテ駅へ向かうのが一般的なルートですが、地球の歩き方の欄外に小さく書いて有る、早く安く市内に入る裏ワザ?です。
    f0100593_17015789.jpg
    午後9時過ぎ、ウィーン・ハウプトバーンホフの駅前にある
    Motel One Wien-Hauptbahnhofというホテルに到着。
    ツインのお部屋に見えますが、今回も気楽な一人旅です。
    f0100593_18393275.jpg
    部屋からハウプトバーンホフがすぐ前に見えます。
    f0100593_17020441.jpg
    翌日の朝食です。
    f0100593_17021928.jpg
    72時間フリーパス€16.5を買ったので、切符の心配なく、乗り放題出来ます。
    U1(地下鉄1号線)で2駅目のカールス・プラッツで降り、オペラ座の前から、
    f0100593_17022591.jpg
    リンク(城壁跡の外周道路)沿いに走るトラムに乗ります。
    f0100593_17023159.jpg
    一駅だけ乗って、ブルクリンクで下車。
    f0100593_17024854.jpg
    冒頭の写真のブルク公園です。時刻は朝8時半ころで、
    奥に見える建物は新王宮。
    f0100593_17025396.jpg
    モーツァルト像に近づきました。
    f0100593_17030639.jpg
    像の台座には楽器を抱えた天使たち。
    ウィーンらしい気の利いた像です。
    f0100593_17031181.jpg
    背後の新王宮は旧王宮とT字型に繋がっています。
    f0100593_17425795.jpg
    モーツアルト像の少し奥に有ったのが、皇帝フランツ1世(マリアテレジアの夫=フランツ・シュテファン・ロートリンゲン)の騎馬像。
    f0100593_17033390.jpg
    (事実上の)最後の皇帝フランツ・ヨーゼフの銅像は何処に有ったのでしょう。
    公園の中の何処かだったはずですが・・・?
    f0100593_17040662.jpg
    王宮一帯の案内板です。赤いラインが朝の散歩ルートで、下から上に歩いています。
    f0100593_18451702.jpg
    市民が歩ける散歩ルートは王宮の建物の中も縦横に通っています。
    f0100593_17434128.jpg
    私は歩いて通りましたが・・・走り抜ける朝のジョギング中の方も。
    f0100593_17433622.jpg
    建物を抜けると、また建物に囲まれた広場に出て・・・
    f0100593_17434642.jpg
    自由通路?はフォルクス庭園の側にまで繋がっていました。
    ブルク門の向こうにリンク沿いの美術史美術館の建物が見えますが、
    先に進まず、ここからまた建物側に戻って、王宮のミヒャエル門を目指します。
    f0100593_17440343.jpg
    手前はフランツ2世像で、背後は旧王宮の建物です。
    f0100593_17441344.jpg
    やはり通路が有って、これをくぐると・・
    f0100593_17441970.jpg
    大きなドームの下に出ました。ここが王宮の入り口です。さらに進むと、
    f0100593_17442635.jpg
    ミヒャエル広場。建物とミヒャエル門が一体となっています。
    f0100593_17443250.jpg
    右手の緑のドームが先ほど下から見上げたドームです。
    ブルク公園からの迷路のような王宮内の通路が面白かったのですが、
    やっと王宮の表側に出ました。
    f0100593_17445179.jpg
    ミヒャエル門の前は王宮ではなく一般の建物で、
    広場にはローマ時代の遺跡が有り、
    f0100593_17445821.jpg
    広場の前のミヒャエル教会にちょっと入ってみたところで、
    f0100593_17450412.jpg
    ちょうど9時になって、王宮の建物見学開始の時間です。
    次回、王宮を巡るに続く。


    オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
    # by ciao66 | 2017-09-30 22:05 | オーストリア2017 | Comments(8)