<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

史跡適塾を再訪し~懐かしい中学校へ

春の「うろうろ関西」の二日目の朝、淀屋橋の泊まったホテルの近くの遊歩道です。
御堂筋の裏側は昔は小さなビルと狭い道だった記憶ですが、
再開発ですっかりこの辺りも綺麗になっていました。目的地はすぐそばの・・・
f0100593_08445561.jpg
ビルの谷間の史跡適塾です。
ここには緒方洪庵の開いた蘭学塾の建物がそのまま残っています。
江戸の大火にも焼け残って、第二次大戦の空襲でも無事だったという幸運な建物ですが、
この適塾は今の阪大医学部の前身です。
f0100593_08445996.jpg
西側は公園になっています。公園には以前は建物があった記憶なのですが、
記憶があやふやだったので、調べたところ1986年に公園化されたとのこと。
この角度から建物の全景が眺められるのはなかなか素敵です。
f0100593_08450672.jpg
公園の奥まで行くと緒方洪庵の座像が有りました。
f0100593_08451237.jpg
敷地の南西端から望みます。
f0100593_08451783.jpg
この日は朝早くてまだ閉まっていたのですが、次の日に建物内部も再訪ができました。
写真は美しく整備されたお庭です。
f0100593_09023188.jpg
2階から西側の公園を望みます。
f0100593_09024215.jpg
ここは当時「ズーフ部屋」と言われた、辞書が置いてあった部屋です。
f0100593_09025530.jpg
2階の塾生たちの部屋です。ここで雑魚寝をし、勉強もしていたのでしょう。
柱には刀の傷が多数でした。
f0100593_09025822.jpg
2階から中庭越しに東南方向を望みます。
f0100593_09030547.jpg
わずか半間ほど(90㎝くらい)で階下に降りる急階段です。
f0100593_09031733.jpg
幕末の史跡として塾生たちの様子を想像するのもいいところですが、
江戸時代の大坂の町屋として、この建物自体にも興味深いものがあり、
建物の維持管理状況もまた素晴らしいものでした。お尋ねしたところ、
展示物の内容が映り込まない条件で、建物自体の撮影はオッケーとのことで、
写真が撮れたのも幸いでした。

さて、適塾の次はいつも大阪に来たら定番の?中之島公園です。
流れる川は土佐堀川、この少し下流側に大同生命のビルがありますが、
クライマックスを迎えた朝ドラ「あさが来た」の歴史上の舞台がそこです。
f0100593_08453047.jpg
栴檀木橋を渡り、中央公会堂に来ました。
格調のある建物です。
f0100593_08453321.jpg
以前は夕刻で上手く撮れませんでしたが、今回は朝早くで順光なのでうまくいきました。
f0100593_08453786.jpg
さて、北浜・中之島のミニ散歩は終了して、今度は堺筋線の北浜から地下鉄に乗って、
相互乗り入れの阪急千里線の南千里に到着。
友人O氏の待ち合わせ時間に少し余裕があったので、駅に近い南公園を散歩します。
f0100593_08454028.jpg
少し坂を上ると眼下に牛ヶ首池が見え、周りも昔と変わらない光景です。
f0100593_08454458.jpg
遊歩道を進むと、すっかり立派になった樹木のトンネルです。
f0100593_08454731.jpg
まだ早いかなと思っていたのですが、ラッキーです。
一本サクラが咲いていました。
f0100593_08455387.jpg
ほかのサクラはまだ、つぼみ膨らむという感じでした。
f0100593_08460671.jpg
友人O氏とカフェでゆっくりお話をしたあと、懐かしの中学校に来ました。
ここが同窓会の集合場所だったのです。
校舎の高さよりも低かった樹はすっかり大木になっていました。
f0100593_08461107.jpg
おぉ懐かしいね。
f0100593_08462820.jpg
土曜日なので卒業生以外誰もいません。
f0100593_08463255.jpg
ぞろぞろと歩いていますが、昔を思い出しながら話がはずみます。
f0100593_08464450.jpg
どこを撮っても懐かしい風景、そして
昔の面影をちゃんと残した顔が勢ぞろい。
f0100593_08465652.jpg
なんと観光バスで会場へ移動です。話がはずんで半日がかりの同窓会でした。
f0100593_08482316.jpg
次回は、春の「うろうろ関西」最終回、芦屋を散歩します。
by ciao66 | 2016-03-30 19:33 | 関西うろうろ | Comments(0)

司馬遼太郎記念館に行ってみる 

ピーチ・アビエーションに乗ってまた関西へ行ってきました。
写真は大阪湾のどこか、間もなく関空に到着です。
f0100593_20424016.jpg
南海に乗って難波で近鉄に乗り換え、東大阪市の小阪で降りました。
司馬遼太郎記念館へ行く途中にある小さな公園です。
f0100593_20442321.jpg
ここは司馬遼太郎の碑がある場所です。
小学校の教科書に司馬遼太郎の文章が掲載されていたとは知りませんでした。
f0100593_20525061.jpg
くねくね曲がる道、古い街です。
なぜこんな道なのか・・小坂神社の方向へ行きます。
地名は小阪なのに歴史のある神社は小坂・・・昔大坂だった大阪と同じパターンです。
f0100593_20443620.jpg
道端の菜の花。あちこちにあります。
地元の方が司馬遼太郎を偲んでのことですが、目を楽しませてくれます。
f0100593_20444265.jpg
小坂神社に到着です。
f0100593_20445199.jpg
神社横の雰囲気ある道です。
f0100593_20445611.jpg
昔は大和川が東大阪を通っていたというのは知っていましたが、
ちょうどこのあたりだったようです。思わず歴史散歩になりましたが、
道が不連続な不思議な曲線を描いていたのはその名残りでしょう。
f0100593_20450111.jpg
間もなく司馬遼太郎記念館です。
春の花が目を楽しませてくれます。赤はボケの花?
f0100593_20450523.jpg
地図を眺めてわかる河川跡です。小坂駅から南東に伸びるラインが旧川道で、
江戸時代の初期までは神社の西側は大和川だった!
f0100593_20451359.jpg
ここは司馬遼太郎が20年前に亡くなるまで住んでいた家です。
f0100593_20455231.jpg
今に残る表札。司馬遼太郎自筆です。
f0100593_20453126.jpg
花も樹木も一杯のお庭です。
f0100593_20455590.jpg
本物の書斎が今もそのまま残されていて、外から見ることができます、
司馬氏が執筆していた姿を想像しました。
f0100593_20460993.jpg
司馬遼太郎の蔵書はなんと4万冊もあるそうです!

家の中には入れませんがその隣に記念館ができています。(写真は入口の部分)
ここでは蔵書のうち約2万冊が安藤忠雄氏設計の大書架に収められている姿が壮観です。
残念ながら撮影禁止なので、こちらの建築作品集の三つめをご覧ください。
f0100593_20461686.jpg
記念館では、置いてある本を読んだり、ビデオを見たりで
2時間ほど!ゆっくり過ごしたあと、
近くの別のスポットへ移動です。
f0100593_20462544.jpg
喫茶美術館」です。
ここには司馬遼太郎の「街道を行く」の挿絵を描いた須田剋太画伯の絵が飾ってあります。
今時なかなか無いような、落ち着いた雰囲気の喫茶店でした。
f0100593_20463813.jpg
ここにあるのは挿絵ではなく須田氏の抽象画です。
f0100593_20465247.jpg
近鉄に乗って難波に戻ります。
特急でもないのにクロスシートがメインの電車が来て意外でしたが、後で調べたところ
混雑時にはロングシートに転換する、5800系でした。
f0100593_20470107.jpg
泊まったのは淀屋橋のアパヴィラホテルでしたが、とっても狭い。とっても高い。
外国人観光客急増の大阪とはいえ、ここが一泊15,000円(しかも朝食なしで)とはびっくりでした。ここで2泊。
f0100593_20470626.jpg
夕食は近くの沖縄料理店へ。
f0100593_20471102.jpg
沖縄といえばチャンプルーでしょう。
f0100593_20472433.jpg
泡盛初体験でした!
f0100593_20472783.jpg
「うろうろ関西編」は次回に続く。
by ciao66 | 2016-03-28 23:01 | 関西うろうろ | Comments(6)

風は冷たくとも

風は冷たくとも陽はあたたかい、少しだけ春という感じの今日の広瀬川です。
柳の新芽が少しだけ出ていました。
f0100593_12145770.jpg
まだ春の色彩には鮮やかさがちょっと足らない感じがしますが
川を彫った水流のあとが面白い絵を描いています。
f0100593_12150076.jpg
一本だけ見つけた柳の新芽です。
ふわふわ風に揺れていました。
f0100593_12150343.jpg
笹はこの時期、貴重な緑。
はっと目を奪われます。
f0100593_12150645.jpg
評定河原橋を潜り、歩いた道を振り返ります。
f0100593_12145490.jpg
この明るい空は春を思わせます。これにつられて出てきたのです。
f0100593_12144714.jpg
土手の草ですが、踏み分け道になっているので、面白い模様に。
f0100593_12150995.jpg
小さな春の息吹が、
f0100593_12151275.jpg
よく見ると土手の下に。
f0100593_12151445.jpg
崖の急な階段を振り返ります。
f0100593_12151755.jpg
今年は1月に風邪、2月はインフルエンザ、3月は花粉症と体調は今ひとつで、
いつもの調子が出ないのです・・・
でも、少しづつ戻したいと徐々に筋トレからまた始めます。

by ciao66 | 2016-03-21 12:59 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(4)

下落合の歴史散歩

ここは新宿区中落合の、車も通らない路地を入ったところの小さな公園です。
三角屋根の洒落た家は画家のアトリエでした。
f0100593_11051964.jpg
アトリエの高い窓は北側に有ります。
ここは佐伯祐三アトリエ記念館。新宿区の博物館になっています。
f0100593_11052864.jpg
入場料は無料です。入ってみました。
外から見えていた明かりはスポットライトだったようです。
f0100593_11232464.jpg
下落合の風景を描いた作品です。ここは今は落合ですが、大正10年当時は「豊多摩郡落合村落合661番地」だったそうです。
武蔵野の風景が残るのどかなところだったのでしょう。
f0100593_11061338.jpg
説明書きがなかったのですが自画像でしょうか。モデルは佐伯画伯でしょう。
f0100593_11062455.jpg
パリから戻ってここに居を定めて描いた作品です。
f0100593_11060281.jpg
昔の地図です。今も残るくねくね曲がる道は当時からのものでしょう。
右上は山手線目白駅、右下付近は高田馬場駅、南側を東西に走るのは西武新宿線です。
当時、この近くは文学者や画家が多く集まっていたそうです。
西武グループの『目白文化村』として開発され、堤康次郎もここに住んでいた。
f0100593_11060757.jpg
佐伯祐三の旧居の復元模型がありました。
緑の屋根はアトリエ(現存)赤い屋根は佐伯画伯が「自分で」建てたという離れ家。
グレーの屋根は母屋(建物は現存せずデッキで位置が示されています)。
f0100593_11062146.jpg
画伯が自作したという建物の内部です。なかなか器用な方ですね。
アールをいかした天井や、開口部のデザインが面白いです。
f0100593_11062711.jpg
母屋の一部だけは復元されています。こちらは純日本風で当時の標準だったのでしょう。
f0100593_11182315.jpg
中央は今はない母屋の跡でデッキになっています。
旧居跡の敷地は樹木が多く植えられ、ミニ公園になっているのですが、
そこだけは武蔵野の原風景のかけらが残っているような感じがしました。
f0100593_11054580.jpg
佐伯祐三アトリエ記念館 を終えて、
地元人しか行きそうにもないスポット?の散歩は続きます。
しばらく歩き、次に来たのは下落合野鳥の森公園です。やはり車の通らない路地の奥!
急坂を降りていくと・・・
f0100593_11063243.jpg
昔の武蔵野の風景はこうだっただろうという光景に出会います。
f0100593_11080520.jpg
鳥の声がよく聞こえます。
姿はよく見えませんが・・・。
f0100593_11081249.jpg
樹木の上のほうにいたのでしょうか。
f0100593_11081639.jpg
丘を降りたところにオベリスク型の案内塔?が有りました。
f0100593_11084095.jpg
お隣の薬王院ですが、ここは門からちょっと入ってみただけ。
f0100593_11084436.jpg
せっかく丘を降りてきたのですが、また坂を昇ります。
f0100593_11085101.jpg
次に来たのはおとめ山公園 です。
江戸時代は将軍家の鷹狩などの狩猟場だったので立ち入り禁止で「おとめ山(御留山、御禁止山)」と呼ばれていたので、現在の公園の名前になったそうです。

公園にはちょっとした空中散歩を楽しめる施設が出来ていました。
f0100593_11090243.jpg
地上からの高さはそれほどでもないのですが、変化は楽しめます。
f0100593_11091224.jpg
谷底へ下りる階段です。なかなか野趣あふれる場所ではありませんか。
f0100593_11091527.jpg
明治維新ののち、大正から昭和初期はここはお屋敷だったという説明版です。
相馬氏は敷地を政府から買い受けたのでしょうか。
その後も、そのまま保存され開発を免れた貴重な場所だということが判ります。
f0100593_11092779.jpg
一番下まで降りてきました。
f0100593_11092930.jpg
散歩のスタート地点は目白駅の反対側からでした。
目白台の日本女子大です。昔は三井家のお屋敷だったところ。
三井家が5000坪を寄付をして日本女子大の敷地になったという。
f0100593_11050381.jpg
朝ドラの「あさが来た」のモデルになった歴史上の人物は広岡浅子ですが、
日本女子大の成瀬記念館で「女子大学校創立の恩人―広岡浅子展」を見ようと寄ってみたのです。
f0100593_11050826.jpg
冒頭の佐伯祐三アトリエ記念館へはここから都バス練馬車庫行きに乗って、目白駅を通り過ぎ聖母病院入り口で下車。
目白から下落合を一周した散歩でした。
by ciao66 | 2016-03-13 18:53 | 東京散歩 | Comments(8)

開放感のある空間

仙台駅の新しい東西自由通路に行ってみました。
3層の吹き抜けに傾斜のガラス天井というわけで
まだ工事中ですが、想像以上に広い空間で、
渡り廊下がいいアクセントになっているのでした。
f0100593_19134080.jpg
この通路のどこからが東口ともいえず、
これから東西一体の街に変化していくのでしょう。

by ciao66 | 2016-03-05 19:22 | 仙台散歩 | Comments(6)