<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

震災の津波で横倒しになった 「女川サプリメント」 と 「江島共済会館」

女川の街で、びっくりする物に遭遇しました。
横倒しになった「江島共済会館」です。建物の基礎が見えています。
いまなら、震災の貴重な津波遺構を見ることが出来ますが、暫らくすると解体されるそうです。
f0100593_12491726.jpg

すぐそばまで近づけます。左手に回って、屋根の方向から。
津波は建物を越えてやってきて、横倒しになりました。
周囲では、たくさんの人が亡くなったことでしょう。ご冥福をお祈りします。
f0100593_12493050.jpg

右手に回ると、建物の裏側が丸見えです。
ここは、圧倒的な迫力で、津波の凄さを理解できる建物です。
f0100593_12492120.jpg

「江島共済会館」の案内看板。
f0100593_12535892.jpg

今度は遠景です。
女川町地域医療センターの丘から望む、横倒しの「江島共済会館」。
今は、何もない街にダンプカーが行き交います。
f0100593_21562323.jpg

同じ丘から望む、もう一つの震災遺構です。
やはり横倒しの「女川サプリメント」。
黄色いショベルカーの隣です。
f0100593_21561673.jpg

「女川サプリメント」案内看板。
f0100593_21562838.jpg

左手のほうは屋上側です。パタンと横倒しに。
f0100593_21563574.jpg

すこし近づきました。基礎の側が見えています。
f0100593_21563243.jpg

建物の基礎の側です。津波で剥がされました。
f0100593_21564640.jpg

更に右に回り込み、こちらは玄関側でしょう。
自動車が突っ込んでそのままになっています。
f0100593_21564319.jpg

あと1か月ほどで解体されます。
・・・2014年3月3日に解体する予定と町役場のサイトに有りました。
f0100593_21565053.jpg

もうひとつの、横倒し建物である「旧女川交番」は、ちょっと小ぶりですが、
震災遺構として保存される方向のようです。
津波を体験された方は見たくもない建物かも知れません。
でも、津波の怖さを伝えるには、貴重な遺構でしょう。

まるで砂漠のような・・・何もない女川の街の中心部。
災害危険区域が指定され、住宅が建てられないなどの土地利用に制限が設けられた。
復興計画では高台移転や再開発が計画されている。
f0100593_12495129.jpg

街全体の地盤の嵩上げするそうです。
f0100593_12494781.jpg

そのすぐそばの、七十七銀行女川支店の職員の慰霊碑。
行員15名のうち13名が津波に飲まれ死亡・行方不明となった跡地です。(屋上に避難していた)
「遺族たちは「帰ってきた時の目印に」と跡地にピンクや紫色の花の鉢植えを並べ、水やりに通っている。」という、朝日新聞の記事はこちら。。
f0100593_12494005.jpg

遺族が、安全配慮義務違反として銀行を訴えています。安全な高台へ避難すれば助かったかもというわけです。すぐ後ろの高台にある、女川町地域医療センターの1階まで津波は来たし、800mほど離れた桜ヶ丘の途中まで津波は来たので、なかなか大変な状況だったのでしょう。
判決は2014年2月25日の予定という、河北新報の記事はこちら
f0100593_12494314.jpg

遺構見学のあと、復興の仮設商店街で食事です。ここは「きぼうのかね商店街」という名前がついています。
f0100593_12495972.jpg

「三秀」の店員さんがお勧めの、あんかけ類のうち、中華飯にしたのですが、
大盛りと小盛りが有り、「小盛りで充分ですよ」と、お店の方。
小盛りでも本当に充分すぎる量、大盛りはどんなに巨大なのでしょう??
お値段はお手頃でお味も良かったです。

お店に有った「おらだづの女川弁」湯のみ とチラシです。
f0100593_12500314.jpg

女川弁というのは・・・ほとんど仙台弁と変わらない感じ。
(ここに書かれたと同じような、仙台弁も、意外に聞く機会は少ないのですが)
女川は元気だよ、というメッセージが伝わるようなお店でした。
by ciao66 | 2014-01-26 19:51 | 東北あちこち | Comments(8)

雄勝と女川の青い海 sanpo

石巻市雄勝町水浜の丘の上から望む美しい青い海です。
震災から間もなく3年、まだ復旧は出来ていない、建物のない漁村が眼下に見えます。
f0100593_21552381.jpg

ちょっとお仕事で、行ってきたのですが、印象的な光景が広がっていました。
美しいけれどちょっと悲しい景色の雄勝湾。
津波襲来を告げるマイクが丘の上に。そこは今は廃校となった小学校の跡地でした。
f0100593_21553439.jpg

そこから南に3km下って女川町の海です。
ここは御前浜か指ケ浜のあたりでしょう。
南の海の様な、穏やかな海。
f0100593_21555191.jpg

漁港を見下ろす丘の上から。
漁船が見える、岸壁だけ復旧した浜でした。
ちょっとホッとする光景。
f0100593_21554655.jpg

続きは女川の街。ほとんど壊滅した街でしたが、今はどうなっているのか・・・。
次回に続く。
by ciao66 | 2014-01-25 22:21 | 東北あちこち | Comments(2)

ちょっと気になった葉っぱ

広瀬川の散歩で見つけたのですが、
f0100593_1722463.jpg

緑色の葉っぱが多い中に、赤いのが混じって、
これからどう変化するのか、ちょっと気になったのです。
蔓で伸びていましたが・・・ツタ類?よく見かける気もしますが、何だろう?
by ciao66 | 2014-01-18 17:42 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(0)

青葉の森1月観察会

寒い毎日ですが、寒波にも、風にも負けず?青葉山へ行ってきました。
まず初めは、オヤマボクチ。こんなに毛がふさふさしているのは初めて見た気がします。
f0100593_18393277.jpg

次は、クスノキなのですが、「なんじゃもんじゃの木」という別名は初めて知ったのです。
ほかに、「あぶらちゃん」 「かつら」 「ひとつ葉たご」も、
どれも、別名は「なんじゃもんじゃの木」というので、
どれが本当の「なんじゃもんじゃ」なのか、さっぱり判らないのですが・・・。
f0100593_18395289.jpg

そして、真赤なサルトリイバラの実。
「まだ残っててよかったね」・・という鳥の声が聞こえそう。
f0100593_18393984.jpg

分解してみた、イヌブナの実です。(入れ物と中身)
f0100593_18405885.jpg

イヌブナの実、もっとよく判る写真はこちら。(殻に毛が生えている)
間違えてしまったヒノキの実。(殻は丸く固くて、ひび割れている)
・・・間違えたので、お詫びして訂正します。これで、しっかり覚えました(汗)。

足元を見ると・・・落ち葉の下には、霜柱!
f0100593_18403588.jpg

落ち葉の中で、春を待つセリバオウレンです。
真っ先に小さな白い花を咲かせるでしょう。
f0100593_18410401.jpg

見上げると・・・枯れてしまったアカマツ。寒い光景ですが、
虫食いの被害だそうです。
f0100593_1852057.jpg

こちらのアカマツは健在ですが、数年前まではオオタカの巣だった木です。
地下鉄工事や東北大の青葉山新キャンパスの開発の影響で、
いまでは、姿を見せなくなってしまって、残念なことになりました。
f0100593_18414724.jpg

そして、いつもの展望台の景色ですが、
冬で空気が澄んで、遠くまで展望がききます。金華山まで見えた?
f0100593_18564955.jpg

最後は、枯れ木のオブジェ。
杉の木の枝先で、山道に落ちていたのものです。
f0100593_18411703.jpg

いつもの観察会・・・でも、いつも何かしら、発見の有る観察会。
by ciao66 | 2014-01-13 21:36 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(6)

散歩でいつもちょっと気になる建物

散歩でいつもちょっと気になる建物です。ユニバーシティ・ハウス片平というところ。
東北大片平キャンパスにある学生寮なのですが、何が気になるかというと・・・
オーバーハングが凄いでは有りませんか。
たぶん4mくらい、空中にはみ出している建物は、ちょっと怖い感じがします。
足元の下には何もないし、落ち着かないのではないかと思うのですが・・・。
f0100593_18562528.jpg

もう一つは趣向を変えて、同じ片平キャンパスのレトロな建物です。
アール(曲線)が美しいこの建物は、放送大学のキャンパスに使われているようです。
f0100593_2015632.jpg

そのお向かいにあるのは、いまどき珍しい板張りの建物です。
ここはキャンパスの外ですが、とても有名な場所で、魯迅の下宿だった建物です。
ところが、1階部分が大きく傾いてしまって、ちょっと危ない感じになっています。
魯迅の旧跡なのに・・・。(写真右端に石碑が見えます。)
f0100593_2042298.jpg

by ciao66 | 2014-01-11 19:54 | 仙台散歩 | Comments(4)

ヤナギの新芽とメタセコイア

 明けましておめでとうございます。
年末に発見したヤナギの新芽です。

 今ごろもう!!真冬なのに!
剪定をちゃんとすれば冬にも芽が出ると、何処かに書いてあったのですが・・・。
左後ろの木はまだ紅葉が残っているメタセコイアです。
f0100593_17325852.jpg

新芽は光を受けて輝いていましたが、
またまた見上げる写真で、新年早々、ややピンボケ(汗)。
@五橋公園

本年もよろしくお願いいたします。
by ciao66 | 2014-01-01 00:00 | 仙台散歩 | Comments(8)