<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

広瀬川の残雪

暫らくご無沙汰でした。寒波で散歩もままならず、久しぶりの更新です。
もういいよ、という位によく降った雪。でも風が収まったので広瀬川散歩再開♪
少し解けた河原の残雪が新鮮な景色です。
f0100593_1664850.jpg

カモたちも動き出しました。
f0100593_167226.jpg

まだ残る雪・・・ちょっと前はどうだったのでしょう。
f0100593_167169.jpg

広瀬川の崖に残る雪です。地層に沿ってしましまの雪模様。
f0100593_1671588.jpg

河原に降りてみました。
f0100593_1673016.jpg

評定河原橋まで戻ると、桐の木が知らぬ間に伐採されていました。
目の前に花が見える所だったのに残念なことです。切られる前の姿はこちら
f0100593_167273.jpg

散歩の終わりには、冬の空模様に戻りました・・・春が待ち遠しい。
f0100593_169476.jpg

by ciao66 | 2013-02-26 18:05 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(6)

青葉の森2月観察会-その3~凍りつく滝を見上げ、滝壺の上へ

凍りつく滝と滝壺が見事でした。
ここは広瀬川に落ちる青葉の滝です。
氷は半分溶けて、水が流れて、余計に迫力を増しているのでしょう。
f0100593_1430957.jpg

広瀬川の崖を流れ落ちています。
f0100593_14314464.jpg

氷の芸術。
f0100593_1430498.jpg

葉っぱも凍りました。
f0100593_14313293.jpg

滝の下に有ったのです。
サイカチというのは沼の名前で知っていましたが、これがサイカチの実です。
くるくるっとした形が面白い♪
f0100593_14315676.jpg

帰り道はもと来た道ではなく、
滝の横の急斜面を登って滝壺の上に出ました。広瀬川が眼下に見えます。
f0100593_143281.jpg

滝壺の真上です!流れるまま凍った所は真っ白、
水のように見える滝壺はうっすら氷が張っていました。
f0100593_14321974.jpg

すこしだけ上流に移動しました。滝のすぐ上からの眺めが面白いところ。
f0100593_14323245.jpg

向こう岸も見えて、いい眺めです♪
f0100593_14324294.jpg

滝に向けて、徐々に急な流れになっているのがよく判ります。
f0100593_14325450.jpg

小川沿いに面白い地層が見えています。
f0100593_14331323.jpg

近づくと、絵を描いたようなグルグル巻きが!
f0100593_14332239.jpg

標識の×マークのところ(青葉の滝)から無事生還!
いつものちゃんとした山道のところに来ました。
f0100593_14333259.jpg

季節を変えて、また来てみたいところですが、
さて、あの「道なき道」を今度は一人で行けるか?

ちょっと寒すぎるかな、と思っていた一枚ですが、見事な氷の芸術・・・・おまけを一枚追加です。
f0100593_17243426.jpg

あぁ寒っ・・・ぶるぶる。
by ciao66 | 2013-02-13 12:18 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(6)

青葉の森2月観察会-その2~広瀬川を望む崖の上

青葉の森の観察会の続きです。カモシカの居そうな崖の上からけもの道を通って
広瀬川の河原まで降りていくことになりました。
その途中で絶景ポイントに遭遇♪ ここは、まさに切り立った崖の上、広瀬川が直下に見えます。
f0100593_20345349.jpg

同じところから、少し視線を上げると、遠くには権現森の山が見えます。
ここでは、崖から枝を伸ばす木々がアクロバットのように器用では有りませんか。
f0100593_2035482.jpg

枝に葉っぱが茂れば川は見えないでしょう。眺めのいいのはこの時期ならでは。
f0100593_20362389.jpg

覗き込むと危険です。オーバーハングしている地面も有るのです。
f0100593_2038443.jpg

でも、いい眺めです。青葉山の西方向に有る、郷六、折立方向が見えるところまで来ました。
f0100593_20392599.jpg

オーバーハングしている地面というのは、ここのことです。
川に削られたか、地震や地滑りでえぐられたのでしょうか。
そこに、とても器用に根や幹や枝を伸ばす樹木!!
f0100593_20395085.jpg

何かいるようです。何でしょう?
f0100593_20424448.jpg

赤松の枝の先に小さな鳥が何羽かいるのが判りました。キクイタダキだったそうです。
頭の上が 菊の花を冠にしている様に見えるので「菊戴」、日本一小さな鳥。
うまく撮れませんでしたが姿は確認できました。
f0100593_20425357.jpg

崖の上の春蘭です。
f0100593_20441688.jpg

すっかり眺めを堪能しました、さて眼下に見える河原まで!
北西に開けた場所なので、雪が深くて、ずぼっと足跡を付けながら、慎重に急斜面を降ります。
普段に無い、アドベンチャーな観察会です。
f0100593_20434828.jpg

広瀬川に降りてきました。ここは浅瀬で、歩いて渡れそうなところ。
水の流れがよく判ります。
f0100593_20452143.jpg

少し目を上げると、先ほどまでいた崖の上が見えます。
崖から枝が目一杯張り出して、地面がオーバーハングしているところ。
ここは水面からの眺めも、なかなかいい所です♪
f0100593_20451141.jpg

続きは、最終回です。凍りつく滝を見上げ、滝壺の上へ!
by ciao66 | 2013-02-11 18:17 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(4)

青葉の森2月観察会-その1~「けもの道」を通って

青葉の森2月観察会です。
まずは、宮城教育大のトチノキの冬芽をアップで撮ってみました。
ぴかっと光る光沢は冬の風から身を守るガードだそうです。
f0100593_16413984.jpg

今回は非公式開催なので、珍しくも参加者は私1名、ご案内人と合わせて2名!
森の中に入ると、動物の足跡だらけです。
f0100593_1714598.jpg

まずはタヌキ。
f0100593_16595458.jpg

落ち葉の中のモグラ塚。
f0100593_1743159.jpg

明るい日差しは、春を思わせます。
この辺りは普通の山道です。
f0100593_1751214.jpg

今度はウサギが跳んだ跡。
f0100593_179878.jpg

薄く凍ったぬかるみ・・・踏み抜くと危ないところでした。
f0100593_17112462.jpg

広瀬川の崖の上に来ました。
f0100593_17153189.jpg

笹藪を抜けて
f0100593_17162153.jpg

今度はカモシカの足跡!
どかどかっと、ヒズメの痕が付いています。
f0100593_17174524.jpg

杉苔です。土嚢の上に出来ています。
f0100593_17211135.jpg

いつもの展望スポットです。冬場はよく見えて気持ちがいいのです。
f0100593_17213654.jpg

今日は特別・・・いつもと違う場所へ行きます。
けもの道を通って、崖の下まで!

f0100593_1724434.jpg

カモシカの足跡に沿って行きます。
右は人間の足跡、左はカモシカ。
けもの道ですが、雪が有ると意外に歩きやすいのです。
f0100593_17241552.jpg

また崖の上に出ました。先ほどの展望スポットが斜め上に見えます。
f0100593_1821589.jpg

崖の上のキツネの巣痕?
f0100593_17312333.jpg

下に有る茶色の葉っぱは・・・
f0100593_17315638.jpg

この時期でも葉を落とさないイヌブナです。
f0100593_17321767.jpg

さらに足跡を探しながら行くと、
f0100593_17333433.jpg

カモシカのよく出没するというスポットに来ました。
崖の上の岩あたり・・・カモシカの住まい?
残念ながらいませんでした。
f0100593_1736395.jpg

何処かでお食事中だったのかもしれません。
カモシカの好物はアオキです。すっかり食べられた跡です。
f0100593_17444341.jpg


このあと、まだ観察会は続きます。
崖の上のいい眺めの場所から広瀬川に降りて、凍った滝へ!
続きをどうぞお楽しみに♪
by ciao66 | 2013-02-10 18:14 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(8)

春を思わせる日差しと残雪の公園

春を思わせる日差しと
f0100593_1954031.jpg

残雪の残る五橋公園です。雪だるまは解けました。
撮る角度によっては、同じ公園とは思えない景色!
f0100593_1952433.jpg

東北大片平キャンパスでも雪はまだ残っていました。
f0100593_1954773.jpg

広瀬川の向こう、向山では屋根に雪がまだ残って白く綺麗でした。(片平から見えたのです。)
これが解ければ、もう雪は終わり・・・ではないかもしれませんね。
by ciao66 | 2013-02-02 19:18 | 仙台散歩 | Comments(6)