<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ウォーキングで皇居一周:その3 江戸城天守跡~皇居東御苑~大手門

皇居一周の続きです。北桔橋門から平川濠と竹橋の毎日新聞のビルを望みます。
これから江戸城本丸と皇居東御苑に入城します。
f0100593_812663.jpg

ここは途中まで石垣の上の道で、手前では濠に北桔橋(きたはね ばし)が架かっています。
昔は名前通りに「跳ね橋」だったそうです。
ここを渡れば江戸城本丸の天守閣なので常に跳ね上げてあったとか。
f0100593_8122698.jpg

北桔橋門から入城、門を振り返ります。
f0100593_812514.jpg

ここからすぐに見えるのが、江戸城天守跡です。石垣だけが残ります。
f0100593_8141054.jpg

スロープを上がると説明版が有って、
f0100593_8141377.jpg

天守閣は1607年、2代将軍の時代に完成し、3代将軍が1638年に大改築したあと、
わずか19年後の火事で焼失、以後は再建されなかった。
f0100593_8144246.jpg

天守台からの眺め。北方向。眼下に見えるのは北桔橋門。
f0100593_8145796.jpg

東方向。皇居東御苑の森の向こうに、大手町・丸の内が良く見えます。
f0100593_816154.jpg

江戸城本丸御殿の案内板です。
見えている本丸には一面に御殿が立っていたのですが、今の姿からは想像が難しい感じ。
f0100593_8171035.jpg

現在位置は地図の赤い星マーク。

本丸から二の丸へは汐見坂を下ります。
名前の通り海が見えたのでしょうが、これも想像が難しい。
f0100593_8254845.jpg

二の丸庭園に来ました。
f0100593_13133987.jpg

枝ぶりの良い松。
f0100593_8263838.jpg

案内板にルートを書いてみました。
f0100593_8335596.jpg

ロウバイが満開。
f0100593_8341822.jpg

いい香りでした。
f0100593_8342282.jpg

雰囲気有る街灯。
f0100593_8343930.jpg

石垣をぐるっと回ると、
f0100593_8344442.jpg

三の丸の同心番所で、これは江戸時代の建物。
f0100593_835652.jpg

よく歩いたので疲れました。12時45分、大手休憩所で一休みします。
天皇陛下の海外訪問を綴ったビデオをしていたので、それを見ながら30分ほど。
f0100593_8352645.jpg

そばに有った十月桜(・・・多分そうでしょう)。
f0100593_1317360.jpg

大手門です。ここから出ました。
f0100593_836623.jpg

曲がるとまた門が有ります。
f0100593_8355024.jpg

外に出ると門の構造がよく判ります。桝形門。
f0100593_83611100.jpg

桔梗濠と桔梗門、巽櫓が見えて、これで皇居一周完了です♪
f0100593_13182471.jpg

これから御幸通りを通って、東京駅へ。
和田蔵濠沿いに有った不思議な建築物を発見。
f0100593_8363519.jpg

入ってみて、外を覗くと、切り取られた風景が面白い♪ 
和田蔵濠と日比谷通り、丸の内のビル街。
f0100593_8365142.jpg

おまけは、丸の内仲通りに有ったオブジェです。
出発は午前10時ころでした、午後1時に東京駅前に到着、約3時間半の散歩でした。
f0100593_20593668.jpg

皇居一周のほかに、国会議事堂へ寄り道し、皇居東御苑の休憩、東京駅と皇居外苑の往復で各々30分、結局、5Kmの皇居一周に要した時間は2時間でした。
時速2.5Km?・・・意外に遅いですが、写真を撮りながら歩くと、こんなものでしょうか。
by ciao66 | 2013-01-27 17:55 | 東京散歩 | Comments(6)

ウォーキングで皇居一周:その2 三宅坂~半蔵門~千鳥ヶ淵~北桔橋門

皇居一周の続きです。三宅坂まで来ました。
ここまで来ると、半蔵門の土手が向こうに見えます。ビルの右手あたり。
お濠は一旦そこで切れていて、右手は皇居の緑です。
f0100593_12543471.jpg

お濠は桜田濠の続きですが、水鳥がいっぱい遊んでいます。カモたちでしょう。
f0100593_1510538.jpg

お濠に近づいて撮ると、濠が深く、坂が急なことがよく判ります。
f0100593_2161554.jpg

三宅坂交差点です。角の建物は最高裁判所。
f0100593_2164260.jpg

坂を登って、いよいよ半蔵門に来ました。お濠からは相当な高さです。
江戸城の搦め手だったところ。ここは江戸時代から橋ではなく土手でお城に繋がっています。
f0100593_2172389.jpg

半蔵門交差点。四谷、新宿に繋がる甲州街道(新宿通り)です。
f0100593_2174257.jpg

現在位置は地図の青い星マークです。

ここからはお濠沿いの千鳥ヶ淵公園を通ります。
見下ろすお濠は半蔵濠に変わっています。
f0100593_2175557.jpg

内堀通りの向こうは英国大使館です。
一等地の大きな敷地で、内堀通りに塀がずっと続いています。
f0100593_213792.jpg

英国大使館正門。
f0100593_21362949.jpg

半蔵濠は行き止まり、ここも土手になっています。
f0100593_21374012.jpg

交差点の西側。見えているのは一番町一帯。
ここは散歩で初めて見たマンション街です。
f0100593_21375774.jpg

千鳥ヶ淵交差点を東に行くと、土手の上を通り、石垣の脇を抜けます。
f0100593_21382972.jpg

石垣を抜けて、土手になったところを上がると、素晴らしい散歩道が有りました♪
右下が道路で、左手は千鳥ヶ淵のお濠です。
f0100593_21384596.jpg

千鳥ヶ淵のお濠。
f0100593_21391977.jpg

ランナーはここは通りません。気持ちのいい散歩道が続きます。
f0100593_21401556.jpg

首都高のトンネルが下を走り、その向こうに国立近代美術館工芸館が見えました。
f0100593_21404643.jpg

工芸館のオブジェ。
f0100593_21411652.jpg

少し行くと、乾濠の向こうに北桔橋門が見えてきました。ちょうど正午になり、
ここから皇居東御苑に入ります。木々の陰に江戸城天守跡が見えています。
f0100593_21421357.jpg

次回は完結編です。江戸城天守跡~皇居東御苑~大手門と回ります。
by ciao66 | 2013-01-26 19:01 | 東京散歩 | Comments(6)

ウォーキングで皇居一周:その1 桔梗門~二重橋~桜田門~国会前

一度やってみようと思っていたのです・・・歩いて皇居一周を。
一周5Kmなら楽勝です。皇居外苑を起点に時計回りで行くことに。
美しい松と蛤濠の向こうに宮内庁の建物が見えます。
f0100593_2103212.jpg

蛤濠の北に有る桔梗濠と桔梗門です。
f0100593_2102688.jpg

蛤濠から北東方向に桔梗門が見えます。遠景は大手町のビル街。
f0100593_2103755.jpg

「同じ濠に2つ重なって架かる橋だから、二重橋」・・・だと思っていたのですが、
そうではなく!Wikipediaによると、こちらは、明治20年に出来た「正門石橋」。
二重橋は正確にはこの奥に有る「正門鉄橋」のこと。(次の写真)
f0100593_210526.jpg

ほんとうの二重橋(正門鉄橋)はこちら。明治39年に出来た。
元々は、名前の通り二重構造の橋だったというのですが、どんな橋だったのか?
右手は伏見櫓。更に右手、木々に隠れたあたりに新宮殿が有るはず。
f0100593_2104345.jpg

ここでイメージ通りの一枚を撮ってみる。
ここの濠は二重橋濠という。
f0100593_211078.jpg

二重橋前の広場には日曜ランナーが集まっていました。遠景は丸の内のビル街です。
f0100593_211977.jpg

現在位置は地図の赤い星マーク、
これから緑色、黄色、紫の星マークへ向かいます。

桜田門は工事中でした。横を駆け抜けるランナーです。
立派なですが見えずに残念。覆いに写真でも載せておいてくれるといいのですが。
f0100593_2111735.jpg

桜田門の前は警視庁です。右端に国会議事堂が見えてきました。
東京駅からここまでで、30分経過。
f0100593_2112829.jpg

桜田濠と国会議事堂。(上と同じ位置から)
f0100593_2114110.jpg

桜田濠と国会議事堂、ズームアップ。
冬の快晴の日なので、空気がクリアで、写真が撮りやすい♪ 
f0100593_2115953.jpg

都心部の日曜日ということで、車はとても少ないのです。
国会議事堂の下まで来ました。振り返ると桜田門が見えます。
(工事中の白い覆いに屋根が載っている。)
f0100593_2144156.jpg

国会議事堂の方にすこし寄り道し、正門前まで来ました。
f0100593_214044.jpg

議席に座った・・・わけでは有りません。
議場を再現したニセモノです。国会前に有る憲政記念館の議場体験コーナー。
f0100593_214943.jpg

国会議事堂と憲政記念館に30分ほど寄り道して、桜田濠に戻りました。
桜田濠は右に曲がり先が見えません、曲がったあたりが半蔵門のはずです。
午前11時10分、お濠に沿って散歩再開します。皇居の緑がお濠に映えて美しい。
f0100593_2134656.jpg

皇居一周は3回に分けて掲載します。
次回は「三宅坂~半蔵門~千鳥ヶ淵~北桔橋門」まで。
最終回は「江戸城天守跡~皇居東御苑~大手門」・・・続きをお楽しみに。
by ciao66 | 2013-01-24 17:55 | 東京散歩 | Comments(4)

旧新橋停車場と復元された東京駅を見る

鎌倉の帰りに新橋駅で降りて、寄り道しました。ここは旧新橋停車場です。
明治5年の開業当時の建物が復元されていました。
汐留の高層ビルが背景で不思議な光景に見えます。
f0100593_18462370.jpg

グレーのツートンカラーでシックです。
f0100593_18465872.jpg

プラットホームも有ります。汽車も有ればよかったのですが・・・。
ついでに明治の衣装を着た人物なども有ればいいのですが。
無いので想像力を働かせましょう。
f0100593_18471043.jpg

復元された零キロポスト。当時はここに有りました。
f0100593_18472062.jpg

線路もちゃんと有ります。この後、無料の「鉄道歴史展示室」を見学しました。
f0100593_18472862.jpg

続きは、東京駅です。・・・鎌倉行の翌々日に、再度の日帰り旅ですが、
JR東日本の「大人の休日倶楽部パス」の4日間乗り放題切符で行ったのです。

東京駅はドームが復元されて今やすっかり観光名所なのですが、
私はテーマパークの様な感じがしてしまいました。(写真は丸ビル5階から。)
f0100593_19143636.jpg

駅の前にいる人たちはほとんど駅の見物人と思われます!

背後はすっかり高層ビルです。
f0100593_1924450.jpg

おそらく色も正確に復元されたのでしょうが、色がちょっと茶色っぽくないので、貫禄なし。
ブラウンに白を混ぜたの?という感じ。
もう少しだけ濃いブラウンが良かったのでは?と思ったのです。ほんの少しだけ、ですが。
f0100593_1933163.jpg

ドームの中です。皆さん見上げて、スゴイと声をあげます。確かにそうです。
上まで登ってみたいですね。見下ろせば面白そうです。
f0100593_193045.jpg

外壁のデザインは明治時代風にも見えるのですが。
東京駅が出来たのは大正3年だった。
f0100593_193451.jpg

ディテールは格調も感じられ、よくできています。
f0100593_194010.jpg

丸ビルから望遠でドームを撮ります。貫禄が有りますが、すこし威圧感も。
丸ビル5階テラスから正面によく見えます。
前の直線的な屋根も悪くなかったように思うのですが、馴染んでいたからでしょうか。
f0100593_19145553.jpg

次回は東京散歩編の続きです。
by ciao66 | 2013-01-21 20:52 | 東京散歩 | Comments(6)

鎌倉アルプスから見た富士山と湘南の海

冬の晴れ渡った一日、「鎌倉アルプス」に行ってきました。
仙台駅から2時間30分で鎌倉駅、そこから10分ほどで寿福寺に到着。
時刻は午前10時。ここは鎌倉五山最古と言われる寺。
f0100593_191434100.jpg

お寺の裏山を登ると、そこは源氏山です。
f0100593_19145321.jpg

ここには源頼朝の像が有ります。10時20分。
f0100593_19151789.jpg

源氏山から、化粧坂(けわいざか)という切通しを下ります。
ここは「鎌倉七切通し」のうちの一つ。崖の坂でとても急です。
f0100593_19155240.jpg

振り返ります。雪が凍っていて大変なことに。
鎌倉でこんなことになっているとは予想外でした。
f0100593_1916362.jpg

ここを無事通過して、扇ガ谷の住宅街を抜け、横須賀線のガードを潜り、
こんどは亀ヶ谷坂切通しに来ました。ここも「鎌倉七切通し」のうちの一つ。
ここは峠のようになった切通しで、陽があたっているので快適に通過。
f0100593_19165835.jpg

10時45分、建長寺に到着。鎌倉五山の一位、入場料300円也。
ここが鎌倉アルプスの登山口です。
f0100593_19172342.jpg

三門。
f0100593_19271974.jpg

見上げます。
f0100593_19173332.jpg

本尊は地蔵菩薩。
f0100593_19174697.jpg

法堂の天井画。
f0100593_19175729.jpg

唐門。
f0100593_1918850.jpg

この階段を上ると、
f0100593_1919914.jpg

半蔵坊の下で天狗が出迎えてくれます。
f0100593_19193374.jpg

羽の生えた天狗です!!
f0100593_19195664.jpg

半蔵坊に到着。ここの富士見台からの眺めです。
お天気が良かったので、冬ならではの眺めでしょう。
f0100593_19201336.jpg

海も見えました。
f0100593_19202812.jpg

更に登って、
f0100593_19204920.jpg

11時15分、勝上献展望台。登った分だけ、先ほどよりさらに眺め良しです。
f0100593_19211568.jpg

ここからは伊豆大島が見えました!眼下は鎌倉の街です。
右手に伊豆半島も見えていましたが、撮っていなかった(汗)。
f0100593_19213084.jpg

照葉樹林の尾根道を行きます。
ここは鎌倉アルプスという大そうな名前がついた尾根道です。
本名は天園ハイキングコースというのですが。
f0100593_19214795.jpg

どんどん登ります。(振り返って撮る)
雪は大したことなし。先ほどの化粧坂切通しが一番雪だらけでした。
途中でおにぎりのお弁当にします。
f0100593_1922882.jpg

ちょうど12時、大平山159mに到着。鎌倉市の最高峰だそうです!
f0100593_19221979.jpg

ここからは横浜方向が望めました。ランドマークタワーが鉄塔の向こうに。
f0100593_19222762.jpg

ここからも相模湾がよく見えました。
f0100593_19225676.jpg

縦走ルートはここから一気に下ります。
f0100593_19224572.jpg

建長寺から3.1Km来ました。これから行く瑞泉寺は1.9Km先。
f0100593_19231289.jpg

天園峠の茶屋に到着。
f0100593_19235241.jpg

ここで一休みです。豚汁250円也。暖まりました。
f0100593_19241318.jpg

茶屋からの下り道は雪だらけです。
f0100593_19244294.jpg

陽の当たるところは快適な散歩道。あとは下るだけ。
f0100593_1925034.jpg

もうすぐ瑞泉寺、下界も間近というところで、リスに出会いました♪
でも、あっという間に走り去り、すばしっこくて、撮れませんでした。
午後1時前に下山し、さらに住宅街を抜けて30分ほど歩いて、
f0100593_19251374.jpg

鶴岡八幡宮に到着。ここからはバスで鎌倉駅に出て、
大仏や稲村ケ崎海岸にも寄ろうかと思ったのですが、それは宿題にして、
早めの午後2時ころの電車で戻りました。
f0100593_19252945.jpg

ぐるぐるっと鎌倉一周、3時間半で歩いたコースです。
f0100593_2114530.jpg

by ciao66 | 2013-01-19 20:56 | 関東地方 | Comments(8)

仙台が雪国になった? sanpo

仙台が雪国になった?というような一日。
メディア・テーク前のバス停です。
f0100593_14533640.jpg

雪の定禅寺通りを見下ろします。
f0100593_14535682.jpg

今度は、五橋公園に来ました。
誰もいないと思ったら、雪の中のブランコで遊ぶ一名を発見。
f0100593_14541912.jpg

雪だるま制作中の親子もいました。
f0100593_14542585.jpg

雪だらけの散策路を行きます。
f0100593_14543230.jpg

おおきな雪だるま発見。
f0100593_14543827.jpg

いい雪景色です。
f0100593_14544361.jpg

知らぬ間に、いつの間にか、雪だるまに集まる人々。
f0100593_14544959.jpg

雪だるまは破壊され、そして誰もいなくなりました。
雪はまだ降る、降る、まだまだ雪は降る・・・・。
f0100593_1454588.jpg

by ciao66 | 2013-01-14 15:15 | 仙台散歩 | Comments(10)

青葉の森1月観察会

お天気も良く晴れた冬の一日、青葉の森の観察会に行ってきました。
今日はいつもとは違うコースで、山の上にはまだ雪が残っています。
f0100593_14313439.jpg

森に入りました、綺麗な雑木林ですが、ここは自然林で、もっといろいろ生えていたところ。
レッドデータで準絶滅危惧種のトウゴクミツバツツジ(東国三つ葉躑躅)や、
ほかにヤブムラサキなども有ったのに、先日それらの低木は行政当局に伐採されてしまったと。
レッドデータ登録植物に、そんなことをするとは!

f0100593_14314356.jpg

そのそばの雪の中の足跡です。ウサギの付けた足跡だそうです!
でも、ウサギは最近減ってしまったらしい。
f0100593_1443314.jpg

伐採されなかった自然林です。
ここには下草や低木もいろいろ有ります。ここを左手へ。
f0100593_14315380.jpg

雪の残る尾根道を行きます。クマ注意の看板、でも冬眠中でしょう。
道の両側はアズマザサ。
f0100593_1432733.jpg

雪の中のシシガシラ
f0100593_14321786.jpg

木々は枝をすっかり落とし、空が広い森です。多分ブナの木?
f0100593_14322855.jpg

しばらく行くと森の様子が変わり、ヒノキの人工林に入りました。
f0100593_1433067.jpg

ヒノキの葉っぱ。
f0100593_14331047.jpg

ヒノキの樹皮。
f0100593_14332040.jpg

これは山桜で、カスミザクラだそうです。
f0100593_14333077.jpg

眺めのいい所に差し掛かりました♪ ここは仙台西道路のトンネルの上です。
ここからは西方向の展望が有り、奥に見えるのは蕃山で、
左手の道路は仙台西道路のトンネルの出口付近。右手を広瀬川が流れています。
f0100593_14334043.jpg


今度は崖を下ります。なかなか変化に富んだコースです。
f0100593_14335175.jpg

振り返ります。
f0100593_1434136.jpg

ここは人工林。
f0100593_14341649.jpg

フジのツタ?の絡まる木と、森の中の小川を見下ろします。
f0100593_14343637.jpg

小川のそばにはちょっとめずらしい植物も。
マンネンスギです。スギと言ってもこれ以上あまり大きくはならない不思議なスギ?
実は、これはヒカゲノカズラの一種で、スギでは無くシダ植物でした。
f0100593_14344870.jpg

コレはホウノキの巨大な葉っぱ。
f0100593_1436948.jpg

足元はホウノキの葉っぱで敷き詰められていました。
f0100593_14345922.jpg

ここで休憩タイム。おみくじを引いてくださいと・・・頂いたのがコレでした。
面白い!おみくじクッキー、初めて見ました。
f0100593_14363049.jpg

こんなかたち。クッキーを割って、くじを引いてみると末吉だったのですが、
末吉の方はもうワンチャンスとのことで、もう一つ頂きました。
f0100593_14364677.jpg

今度は、めでたく中吉です♪
末吉では「前に壁が立ちはだかる」とか書いてあった↓↓のですが、
こんどは、「いいことが有りますよ」、となって素直に喜ぶ↑↑・・・単純です(笑)。
f0100593_14365665.jpg

この小川で皆さんのんびり。
f0100593_14372219.jpg

見上げるのは何が有ったのでしょう?
f0100593_14371224.jpg

今度は落ち葉のじゅうたんの道を登ります。
f0100593_14373496.jpg

気持ちのいい空を見上げると、あっオナガだ!との声。
姿が見え、鳴き声も聞こえました。小さい鳥ですが尻尾が長いのでオナガだそうです。
f0100593_14374541.jpg

ブナの樹皮。
f0100593_14375667.jpg

ニセアカシアの大木は残念ながら、倒れそうだった為か、バッサリ途中から切られていました。
f0100593_1438697.jpg

今日はなかなか変化にとんだ観察会でした♪
ご案内者てん様のサイト・・・きょうの青葉山
冒頭のスライドショーが素敵な青葉山の緑を守る会
by ciao66 | 2013-01-13 17:43 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(4)

冬の強風で・・・

広瀬川の散歩道ですが、風の吹く中を歩いていると・・・
なんと木がポキンと、折れて倒れています。強風のせいでしょう。
f0100593_20534547.jpg

すっかり通せんぼ状態なので、横によけて通ります。
f0100593_20535232.jpg

川には波が立っていました。
f0100593_20535831.jpg

でも、日差しは年末よりは、少しだけ明るくなったような感じで、
木蓮のつぼみも少し膨らんで、
冬ももうそろそろ最終段階でしょうか。
f0100593_2054369.jpg

by ciao66 | 2013-01-11 21:06 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(2)

イギリスを歩く、総集編(乗り物・街角・人)

総集編の続きです。旅では色んな乗り物に乗りましたが、まずは地下鉄から。
クラシックな行き先案内板です。矢印で表示していました。
f0100593_11193880.jpg

100年前から有るというベイズウォーターの駅前です。
f0100593_10235655.jpg

半地下式の駅の階段。エレベーターもエスカレーターも無し、えいやっと、スーツケースを持って上がりました。
f0100593_10404634.jpg

ボンドストリート駅。
f0100593_10412617.jpg

ロンドンの地下鉄は車輪の通る線路が2本、電気用の線路が2本、合計4本のセットという珍しい路線でした。
f0100593_10424051.jpg

車内の様子。100年前のトンネルに合わせた小さい車両。
f0100593_10233662.jpg

次はナショナルレールです。
リバプールストリート駅です。駅のウォッチングも面白い。
f0100593_1036580.jpg

夕焼けと鉄道@ウィンザー。ここはディーゼルカーでした。
f0100593_115603.jpg

ハンプトンコート駅。地下鉄のように架線が無い電車でした。
f0100593_11435698.jpg

次はバスです。
眺めのいい2階建てバスにすっかりはまって、乗りまくりました。
f0100593_10255795.jpg

2階建てバスのうちでも、これは特別!これぞロンドンバスというルートマスターというクラシックな車両です。
博物館から抜け出たようなバスでした。
f0100593_10331813.jpg

たまには2階建てでないバスもあります。でも色はやはり赤。
f0100593_1448387.jpg

バス車窓です。2階建てバスの最前列から見るシティーの街。
f0100593_1034657.jpg

リージェントストリートのバス停。
f0100593_14582245.jpg

バス車内の2階席。
f0100593_1459328.jpg

コレはルートマスターの2階席です。
f0100593_15214046.jpg

カラフルなポール。
f0100593_15234137.jpg

このオイスターカードが役立ちました。
これに7日間のトラベルカードを設定して、地下鉄・バス・電車は乗り放題だったのです。
f0100593_2058462.jpg

街角風景です。
リージェントストリートのクアドラントの建物は王室財産でした。
f0100593_1459492.jpg

雨のトラファルガー広場。ナショナルギャラリーは正面。
f0100593_15274310.jpg

逆に、ナショナルギャラリー側から見たトラファルガー広場。
f0100593_15291198.jpg

マラソンコースだったシティーの路地。
f0100593_16573058.jpg

マラソンコースだったシティーのレドンホール・マーケット。
f0100593_1657537.jpg

最後は人物編です。ちょっと見かけた市民の姿や、偶然お話しできた人など。
グリニッジの天文台前の女子中学生と引率者?
f0100593_15204580.jpg

ロンドン塔の堂々とした案内人、ビーフイーター。
f0100593_1522131.jpg

コヴェントガーデンでちょっとお話したご婦人。
f0100593_15281211.jpg

リッチモンドの散歩道です。前を行く二人連れの姿。
f0100593_15314912.jpg

ウィンザーのテムズ川のロムニーロックの管理人さん。いい笑顔でした。
f0100593_1152361.jpg

ハンプトンコート宮殿に遠足に来ていた幼稚園生達。
f0100593_15322650.jpg

パブで見かけた親子連れ。
f0100593_15464732.jpg

ランキング参加中です。にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
お陰さまで最後まで1位!クリック 応援どうも有難うございました。
by ciao66 | 2013-01-09 21:01 | イギリスを歩く2012 | Comments(6)

イギリスを歩く、総集編(1~8日目)

 「イギリスを歩く」の総集編です。
ヴィジュアルに2回に纏めました。今回は時間軸に沿って振り返ります。
ロンドン到着の翌日から観光開始、まずはテムズ遊覧船でグリニッジへ。
f0100593_10315135.jpg

グリニッジの美しい教会。
f0100593_10321219.jpg

グリニッジは、約500年前にヘンリー8世やエリザベス1世の生まれた王宮跡でした。
f0100593_10565724.jpg

ロンドン塔の城壁歩き。
f0100593_11152214.jpg

ロンドン塔の衛兵の交代では、その完璧な演技ぶりに感心しました。
f0100593_11103066.jpg

次の日(3日目)
ウェストミンスター寺院のイングリッシュガーデンは静かでいい雰囲気。
エリザベス1世の墓も見ました。
f0100593_1165729.jpg

コヴェントガーデンの陽気なランチタイムコンサート。
この近くでダメになった靴を買い替えました。
f0100593_1131925.jpg

ロンドン交通博物館。ヴィジュアルに楽しめるスポットでした。
f0100593_10392091.jpg

人物ディスプレイが面白い。
f0100593_1044722.jpg

大英博物館。遺跡から剥がされたレリーフに考えさせられました。
f0100593_11182423.jpg

(4日目)
まだ曇り空のキュー・ガーデン駅近くの郊外の街。
f0100593_11214356.jpg

すっかり晴れてきた、空中の散歩道@キュー・ガーデン。
f0100593_11202793.jpg

温室。
f0100593_11231167.jpg

キュー・ガーデンの黄葉。ちょうどいい時期でした。
f0100593_11201823.jpg

リッチモンド・グリーン。気持ちのいい公園。
f0100593_11262213.jpg

リッチモンド宮殿跡。
一部には紋章のある建物も残って面白い建築探検になりました。
f0100593_1129517.jpg

リッチモンド宮殿跡。大部分は普通の住宅が並ぶところに変わっていました。
f0100593_15305483.jpg

リッチモンドの素敵なテムズ河畔。
f0100593_11313035.jpg

リッチモンドの素敵なテムズ河畔。
f0100593_1134653.jpg

ハンプトン・コート宮殿のテムズ河畔。
f0100593_15334084.jpg

ハンプトン・コート宮殿のテムズ河畔。
f0100593_15343099.jpg

ハンプトン・コート宮殿。猫の目のようなお天気で、雲のスピードが速い。
f0100593_1136511.jpg

ハンプトン・コート宮殿。ヘンリー8世と6人の王妃の舞台です。
f0100593_11413564.jpg

ハンプトン・コート宮殿。寸劇で歴史を再現・・・でも話はよく判らず(汗)。
f0100593_1142316.jpg

(5日目)女王陛下のウィンザー城。目の前の衛兵交代!
f0100593_11473446.jpg

女王陛下のウィンザー城。格調高く華麗な見どころでした。
f0100593_11475883.jpg

ウィンザーのロングウォーク。猫の目のようなイギリスらしいお天気。
f0100593_11504228.jpg

ウィンザーのテムズ川。気持ちのいい川沿いの散歩道。
f0100593_11514355.jpg

ウィンザーのテムズ川。ロックを開閉して船を通すのが面白い。
f0100593_1152461.jpg

ウィンザーのテムズ川。この船に乗りました。
f0100593_1154373.jpg

ウィンザーのテムズ川。
f0100593_11544146.jpg

(6日目) 
朝のハイドパーク散歩。オリンピックのコースでした。
f0100593_11594536.jpg

朝のハイドパーク散歩。リスに遭遇。
f0100593_1201251.jpg

リージェンツ運河で船に乗り、カムデン・ロックへ。
f0100593_1223382.jpg

リージェンツ運河。船から見上げます。
f0100593_1225820.jpg

カムデン・ロック。マーケットでランチしました。
f0100593_1244940.jpg

ハムステッドの街を歩き、ヒースを行く。ちょっと高級な住宅地の雰囲気でした。
f0100593_14523327.jpg

ハムステッドの街を歩き、ヒースを行く。何人にも道を聞きながら勘を働かせて。
f0100593_144937100.jpg

ハムステッドの街を歩き、ヒースを行く。いい眺めでした。
f0100593_14504347.jpg

タワー・ブリッジ。建築物としてはとても面白いし、内部の展示も感心しました。
f0100593_14541346.jpg

タワー・ブリッジ。開くところが見たかった。
f0100593_145333100.jpg

戦艦ベルファスト号。船首で子供が無邪気に遊ぶ。
f0100593_1457345.jpg

ヘイズガレリア。動くオブジェでした。
f0100593_14554723.jpg

7日目。
セント・ポール大聖堂のドームの上に登る。我ながら感心、よく上がったものです、。
f0100593_1521060.jpg

セント・ポール大聖堂のドームの上に登る。
f0100593_153368.jpg

ロンドン博物館横のロンドンウォール。
f0100593_1545844.jpg

チャーチル・ウォー・ルームズ。
この地下に有り、歴史を冷凍保存したようなところでした。
f0100593_1712519.jpg

大活躍した6日間用のロンドンパスのカードです。
これを使って、高い入場料を気にせずに、あちこち気軽に回れて、大正解でした。
f0100593_172819100.jpg

pub に行く。親切な案内看板に感心。
f0100593_1582876.jpg

8日目。
朝のヒースロー空港行きの地下鉄。
初日と最終日は移動日で、それを考えれば実質的日数は6日間でした。
f0100593_22421635.jpg

次回は乗り物・街歩き・人物というテーマ別に振り返ります。

ランキング参加中です。にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
クリック 応援どうも有難うございます。
by ciao66 | 2013-01-08 17:20 | イギリスを歩く2012 | Comments(2)