<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

第48話:モネの散歩道を歩く@ジヴェルニー

(2010年4月15日その3)
モネの家の後は、ジヴェルニーの散歩♪
綺麗な小川はモネの睡蓮の池から流れ出たものです。
f0100593_2152080.jpg

ここは気持ちのいい散歩道なのに、誰もいなくて・・・

散歩の続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-29 19:57 | フランス紀行2010 | Comments(10)

第47話:モネのお庭と睡蓮の池をめぐる

(2010年4月15日その2)
ジヴェルニーのモネの家のお庭です。
4月中旬でしたのでちょうどチューリップや水仙の花が満開で目を楽しませてくれました。
f0100593_442162.jpg


続きはモネの家と睡蓮の池です♪
by ciao66 | 2010-08-28 18:00 | フランス紀行2010 | Comments(7)

第46話:パリ・サン・ラザール駅からモネのジヴェルニーへ列車に乗って

(2010年4月15日その1)
いよいよ旅の最終日に入りました。朝8時20分、パリ・サン・ラザール駅(Gare Saint-Lazare)です。
これからル・アーブル行きの列車に乗って、ヴェルノンで降り、ジヴェルニーのモネの家に行きます。
f0100593_745322.jpg


続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-27 21:07 | フランス紀行2010 | Comments(6)

第45話:オーヴェール・シュル・オワーズは美しく、去りがたく・・・

(2010年4月14日その3)
オーヴェールの美しい村の散歩道は続きます。お昼過ぎで終わるつもりでしたが、
去りがたい思いで、予定していた列車は乗らずに、夕方までここにとどまります。
f0100593_19462065.jpg


散布の続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-24 20:34 | フランス紀行2010 | Comments(10)

第44話:美しい村の散歩道@オーヴェール・シュル・オワーズ

(2010年4月14日その2)
午後2時、ゴッホゆかりの「ガシェ医師の家」からの眺めです。
オーヴェール・シュル・オワーズはゴッホの当時の姿の残る美しい村でした。
f0100593_20432074.jpg

その名もRue du dr. Gachetガシェ医師通りという、散歩道のメインコースの高台にその家は有ります。
精神科医だったガシェ博士は印象派のピサロとも交友が有り、支援者だったようです。
その画家ピサロの紹介でゴッホはガシェ医師を訪ねてこの家に来ます。

散歩の続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-22 16:18 | フランス紀行2010 | Comments(8)

第43話:ゴッホ終焉の地、オーヴェール・シュル・オワーズ~麦畑とラヴー亭 sanpo

(2010年4月14日その1)
ゴッホ終焉の地、オーヴェール・シュル・オワーズはパリから電車で1時間少々、
画家の愛した村を歩いてゴッホを偲びます。
写真はラヴー亭という当時から有ったレストランですが、この屋根裏部屋がゴッホの終の住まいでした。
f0100593_10124821.jpg


続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-21 19:51 | フランス紀行2010 | Comments(4)

第42話:バトビュス(Batobus)でセーヌ川を巡る

(2010年4月13日その4)
午後4時50分、ノートルダム対岸から、セーヌ川La Saineのクルーズ船に乗り込みました。
この船はバトビュスBatobus。batoは船、busはバスのことで、要するに水上バス。
写真はポン・デザール=芸術橋を通過したときのものです。
f0100593_18533078.jpg

スタートして間もなく、
見えてきた橋はPont de la Tournelleトゥールネル橋、これから潜ります。

続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-20 08:14 | フランス紀行2010 | Comments(6)

第41話:マレ地区からセーヌ川へ歴史散歩@パリ

(2010年4月13日その3)
午後2時頃、昔はここに宮殿が有った時期もあるというヴォージュ広場に来ました。
中世のパリが残るマレ地区の象徴的な場所です。
f0100593_13582010.jpg


続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-17 21:00 | フランス紀行2010 | Comments(8)

第40話:モンマルトルのアメリ探しの旅

(2010年4月13日その2)
アメリのロケ地探しの旅、次のスポットに来ました。
ここはモンマルトルのサクレ・クール寺院下の階段。バイオリン弾きが雰囲気を盛り上げています。
f0100593_815617.jpg

見上げるとサクレ・クール寺院のドーム。Sacré-Cœurは「聖なる心」の意味。

続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-14 18:07 | フランス紀行2010 | Comments(12)

第39話:ルピック通りのゴッホの旧居からモンマルトルのブドウ畑へ

(2010年4月13日その1)
旅もあと3日を残すのみとなりました。この日はモンマルトルの散策から始まります。
まずは、ゴッホがパリ時代絵を描いた場所、オーベルジュ・ド・ラ・ボンヌ・フランケット。
古き良き時代の建物、という雰囲気が残っていますが、ゴッホの描いた庭は今はありません。
f0100593_2033254.jpg


続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-08-12 21:39 | フランス紀行2010 | Comments(8)