<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第4話:アヴィニョンのサン・ベネゼ橋へ(Avignon,Pont St-Bénézet)

(2010年4月8日その2)
ローヌ川に架かるサン・ベネゼ橋です。橋の3分の一が流されたままで、向こう岸には渡れません。
何のための橋なの?という状態なのですが、世界遺産です。
この絶景は、ロシェ・デ・ドン公園という岩山からの眺めで、地図はこちら
f0100593_12594040.jpg

当初の予定ではこの街に一泊の予定でしたが、出発前の予定変更でこれをキャンセルして、
アルルを一泊増やして3泊として、ここアヴィニョンは「一時間早回りレース」(汗)

旅の続きはこちらをクリック♪
by ciao66 | 2010-04-29 20:54 | フランス紀行2010 | Comments(20)

第3話:パリ・リヨン駅からTGVで南フランスへ・・・SNCFのストに遭遇しながら

2010年4月8日:その1)       
まずはパリに到着しました4月7日の続きからです。
写真は夕刻7時40分のパリ・リヨン駅(Gare de Ryonガール・ド・リヨン)です。
この駅は時計塔まで有る立派さで〝駅ウォッチング〟が楽しめる素敵な駅でした。
でも・・時計塔はbig benに似てイギリス風の感じがするのですが、
屋根に曲線が有るのはやっぱりフランス風なのでしょうか。
 翌日にSNCFのストライキ(grève・グレーヴ)が有る、というニュースは日本でキャッチしていました。
私の予約していた南仏行きTGVが運行されるかどうかが心配だったのです。
f0100593_16592910.jpg

(まずは切符引取り)
 リヨン駅の券売機で、ネットで購入したTGVの切符の現物引取りを試みますが、上手く行きません。
後ほど何度か試したところでは、私のクレジットカードが機械によって読めなかったり、読めたり、
どうもフランスの券売機は気まぐれなようです。
このときはダメのほうでしたので、さっさと窓口に並んで、切符購入済み証拠となるSNCFのメールのコピーとクレジットカードの2点セットを出して、切符引き換えは問題無くできました。やれやれ・・・
ちゃんと仕舞っておかないと・・・あっ忘れました。まだ大事な質問が有ったのです。・・・もう一度窓口に。
(つたない英語の私・・・明日、その列車は動くのでしょうか?) 
(英語の話せる駅員・・・その列車明日運休です。その代り△〇■×〇■×。Do you understand ? )
速過ぎて聞き取れず・・(困った顔で、私・・No I don`t understand.)

今度はゆっくりと話してくれましたので、私にも理解できました。
「切符の列車は運休ですが、明日はTGVのどの列車に乗ってもいいですよ。」
「発車時刻は、明日駅で発表される掲示板で。」ということだったようです。


TGVの発車ホームは概ね数字ではなくアルファベット番号のホームだということも判りました。
さて切符は手に入りましたが、ストで仕方が無いので、明日は明日の風が吹く、ケセラセラということに。
この後、ホテルに向かい、遊歩道を散歩しました経緯は第2話でレポートしました。
(写真は駅で配っていたスト告知のチラシです。)
f0100593_1740167.jpg


次の日ストはどうなったか、旅の続きはこちらへ♪
by ciao66 | 2010-04-25 15:30 | フランス紀行2010 | Comments(14)

第2話:〝植物の散歩道〟(Promenade Plantée)と〝芸術の高架橋〟 sanpo

2010年4月7日)       
ここはパリ12区にある〝芸術の高架橋〟(Viaduc des Arts)というお洒落なスポットで、
廃線になった高架橋の下にアートなお店が並んでいます。
高架橋上には〝植物の散歩道〟(プロムナード・プランテ)という珍しい散歩道があるので、
散歩&鉄道好きの私としては見逃せないスポットです。
そして時刻は午後7時46分ですが、サマータイムなので外はまだ明るいのです。
f0100593_21461421.jpg


〝植物の散歩道〟続きはこちら♪
by ciao66 | 2010-04-22 21:12 | フランス紀行2010 | Comments(11)

第1話:無事帰ってまいりました。・・・パリの空港閉鎖直前のフライトで

フランスから無事帰ってまいりました。
アイスランド火山噴火による混乱で「どうなったの?帰ってきたの?」とご心配いただきましたが、
悪運が強い?それとも強運?とにかくラッキーだったようです。
というわけで、旅行記としては異例では有りますが、第1話は帰国最終日の状況の報告です

写真は、4月15日午後3時55分、パリのメトロのサンラザール駅です。
私はパリから80km郊外のジヴェルニーのモネの睡蓮の池を見た後、
パリに戻りオランジュリー美術館に有る睡蓮の絵を見に行く途中だったのです。
この時点では、何も知らずにいました。火山噴火のことを。そして帰国便の時刻が繰り上がっていたことを。
f0100593_41923.jpg


最終便での帰還・・・続きはこちら♪
by ciao66 | 2010-04-18 21:10 | フランス紀行2010 | Comments(16)

フランス旅行準備編(その3)

5Kgのリュック一個で行ってきます。気ままな一人旅に。
「地球の歩き方」は要る所だけちぎって軽量化。ゴッホの本は一冊そのまま持って。
気になるフランスの天気予報はまずまず。でも、予報通り行くかはケセラセラ。
写真は6年前見たオルセー美術館のゴッホの絵ハガキ。
画家が絵を描いた場所に行きます。アルル、サン・レミそしてオーヴェール・シュル・オワーズ。
出発は4月7日。
f0100593_9525159.jpg

旅行準備にいろんな本を読みました。ここに無いものも。
2ヶ月間の旅行準備はもう旅行が始まったかのように心躍るものでした。
ゴッホが気に入った風景を探す旅。わくわくします。
f0100593_9485969.jpg

行程は前回記載とほぼ同じです。
パリでの回る順序を少し変更していますが、その時の状況で再度変わるかもしれません。

(まだちょっと早いのですが・・・)では行ってきます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

旅行中に頂戴するコメントはいたずら防止のため「承認制」としました。
ご返事は帰国後になりますが、どうぞお気軽にお願いします。

by ciao66 | 2010-04-04 22:19 | フランス紀行2010 | Comments(22)

広瀬川の川の色はもう春。

いつもの場所のいつもの景色なのですが、
川の色がクリアなブルーに変化して、河底の岩がよく見えます。
広瀬川は春の気配をだんだんと増しているようです。
f0100593_19403945.jpg

例のオニグルミの木は写真の右側あたりなのですが、
先週から大きな変化はなし・・・来週あたりが変化の〝山場〟でしょうか。
今日は風が冷たくてマフラーを巻きながらの散歩でした・・ぶるぶるっ。

by ciao66 | 2010-04-04 19:55 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(2)