<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

島崎藤村の詩碑

 仙台駅東口に程近い一角に最近広場が出来ていて、先日の散歩の途中に寄りました。地図はここ
島崎藤村の詩碑です。 
 この詩碑これまで青葉山の仙台城址のトイレ脇(・・・泣!)という気の毒な場所に有りました。
何とか藤村のゆかりの地に詩碑を移そうと運動した方が有り、今年9月に移設実現したとのことでこれがその広場です。
f0100593_21244431.jpg

なぜ「ゆかり」の地かというと・・・
続きはMore↓をクリック。
 すぐ近くの、島崎藤村が仙台に住んでいた頃、下宿をしていた場所。
時代は明治29年というから古い。区画整理で移設された塩釜神社(仙台の、です)すぐ側。
三浦屋という名前ですが、もちろん今はもう有りません。説明版が有るのみです。
(クリックして拡大すれば読めます。)
f0100593_21242127.jpg

 当時彼は東北学院の教師をしながら若菜集を作っていた。
「宿を出て東7番丁の樹陰を逍遥することをこよなく楽しみとせり。ブドウ畑、ナシ畑、道側につらなりて・・・」
いまでは想像しにくいですが当時この辺りは、「駅裏」でとてものどかな所だったようです。
f0100593_21234559.jpg

河北新報夕刊付録の「KAHOKUひまわりクラブ」261号記事(ひまわり歴史講座 仙台万華鏡)から説明内容をちょっとお借りしました。
by ciao66 | 2007-11-27 19:15 | 仙台散歩 | Comments(2)

東北大学植物園と青葉山公園の紅葉

2007年11月24日(土)
東北大学植物園の続きです。
小さなもみじが生垣に。
f0100593_15482520.jpg

帰り、自転車の籠にリュックを入れようとすると、風で飛んだ落葉が3枚。
思わずパチリと撮りました。
f0100593_1334982.jpg


続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-25 07:43 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(2)

晩秋の東北大植物園

2007年11月24日(土)
開園期間は11月いっぱいなのでラストチャンスの
晩秋の東北大植物園に自転車で行ってきました。今年3回目。
笹の緑。
f0100593_1331055.jpg

枯葉もいい色合いです。
f0100593_13321732.jpg

植物園の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-24 17:15 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(0)

蕎麦と仙台ゴスペルフェスティバル

 2007年11月17日(土)の続きがまだ残っていました。
陸奥国分寺跡→新寺→仙台駅と歩いてきて2km少々。
さらに歩くこと1km以上、勾当台公園まで来ました。
 よーく歩きましたネ!・・・・まだこの日は今日のように寒くなかった(笑)。
もう話題としては4日も遅れをとりましたが、仙台ゴスペルフェスティバルだったのです。
f0100593_2043792.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-21 20:30 | 仙台散歩 | Comments(7)

紅葉散歩の続きと松音寺の山門

2007年11月20日(火)
 昨日の仙台はなんと初雪!この時期には珍しいのです。寒い~。
皆さん風邪ひきにご注意下さい。

 さて、先日の散歩の続きです。陸奥国分寺跡から歩いて仙台駅の方向へ向って行きます。
新寺の辺りに来ると名前の通り広い敷地のお寺が並んでいて、どのお寺も紅葉が綺麗で楽しめました。
  3本仲良く並んでいるのは新寺3丁目の公園です。
f0100593_14555679.jpg

散歩の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-20 19:17 | 仙台散歩 | Comments(8)

準胝観音堂の紅葉と芭蕉の句碑

2007年11月17日(日)の続きです。
陸奥国分寺薬師堂のすぐ西側に「奥の細道」の標識が見えます。
奥に見える準胝観音堂そばに芭蕉の句碑が有るのです。
f0100593_18571366.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-18 19:25 | 仙台散歩 | Comments(0)

「陸奥国分寺跡」薬師堂の紅葉

2007年11月17日(土)
 急に寒くなりましたね。仙台の今朝の最低気温はなんと1℃!
街中の紅葉も見ごろというわけで、今日は歴史散歩に行ってきました。
 見事な紅葉の場所は「陸奥国分寺跡」です。
f0100593_14375466.jpg

ちゃんとお堂も有るのに何で「跡」なのでしょう?
 歴史を紐解けば・・・
 ここはそもそも、西暦741年(天平13年)の聖武天皇勅命によって全国に建立された国分寺の1つで最北の寺
 その後、時は流れ奥州藤原氏滅亡とともに、荒れ寺となってしまった。
 今残っているのは、伊達政宗が再建した建物で、天平時代の伽藍はもう残っていないので陸奥国分寺「跡」というわけです。
 そして、古くは宮城野、木ノ下は万葉集にも詠われ、正宗による再建後には芭蕉も訪れた地でもあります。 地図はここ

続きはMore↓をクリック。
 

More
by ciao66 | 2007-11-17 20:20 | 仙台散歩 | Comments(6)

青葉の森11月観察会・オオタカの営巣地がピンチ

2007年11月11日(日)の青葉の森11月観察会です。
 「青葉山の緑を守る会」定例観察会の後、地下鉄東西線の青葉山トンネル工事現場で仙台市の関係者から現地説明会がありました。
 青葉山の地下をトンネルで抜ける工事が既に一部始まっていて、八木山橋梁建設予定地のオオタカの営巣地などの自然に与える影響が心配されているわけです。
 写真は工事現場そばにあった笹ですが、この付近は最近まで青葉山のゴルフ場だったところで自然がまだ残っています。
f0100593_16232320.jpg

くまざさに 蔦の実絡みて おもしろき

笹の実??と一瞬思った(笑)でも、実はこの蔦植物が何だか良く判らないのです(笑)。
・・・のんびりと駄句を書いている場合でなくオオタカのピンチです。
観察会の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-12 06:50 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(7)

芭蕉は隠密だった?

2007年11月11日(日)
f0100593_1763787.jpg

「奥の細道の謎を読む」・・・・読了しました。
 芭蕉は忍者でした。普通の忍びの者ではなく「上忍」と呼ばれる部類です。 
これは有力者を相手にした情報収集をする、いわば上級スパイですね。
「江戸幕府の隠密」です。
 でも、はっきりと証明された訳では有りません。
「状況証拠が限りなく黒」ということで、確度は高いが、いわば「謎」の部分なのです。
 そして、芭蕉が忍者といっても、偉大な「俳聖」であることには変わらないのですが、「真実は謎のまま」の方がかえって興味を掻き立てて良いように思います。
話の続きは「当時の時代背景」と「仙台藩で芭蕉が何を見たか」です。
 続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-11 16:50 | life | Comments(4)

秋の花壇のホトトギス

2007年11月10日(土)
 今日はあいにくの雨なので、先週日曜日の「在庫品」です(笑)。
 杜鵑草(ほととぎす)が綺麗に並んで見事です。
 調べてみると、ほととぎすの名前は「花弁の斑点が鳥のホトトギスの胸毛の模様に似ている」からというのですが、はて鳥のホトトギスがどんな模様だったか・・・良く判らないのです(笑)。
f0100593_2141414.jpg

 今度は、サントリーの鳥図鑑で鳥のホトトギスの方を調べてみました。
・・・黒白の横縞です。(←鳥の絵がリンクしています。)
 植物のほととぎすは斑点なのに、どうしてこの名前???と思いましたら・・・植物もほうも縞柄になった種類が有るらしい。
場所はいつものルナール仙台ビルの花壇です。
続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-10 17:00 | 仙台散歩 | Comments(0)