<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

松山町歴史散歩

2007年9月29日(土)の続きですが、題名も状況にあわせて歴史散歩になっています(笑)。
千石城の散策の後、やってきたのは石雲寺
松山は仙台藩の重臣であった茂庭家の城下町なのですがここがその菩提寺です。
寺には北限の高野槇の巨木が有ります。
f0100593_1541278.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-30 09:44 | 東北あちこち | Comments(2)

松山町のコスモス園と千石城跡

2007年9月29日(土)
仙台から電車で40分、東北本線の松山町駅で降り、やってきたのはコスモス園です。
ピークはもう過ぎたようでしたが、さまざまな種類のコスモスがまだ楽しめました。場所はここ
f0100593_1534670.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-29 18:52 | 東北あちこち | Comments(2)

広瀬川の小さい秋

2007年9月23日(日)
初秋の広瀬川の散歩です。涼しくて秋らしい景色もいろいろ。
f0100593_19305412.jpg

思いつくままに写真を撮りながら、ぶらぶらと歩きました。
散歩の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-24 09:50 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(2)

映画「不都合な真実」

2007年9月23日(日)
f0100593_19253720.jpg

気の早い?「紅葉」です。東北大片平キャンパス北門前。

今日は「せんだい地球フェスタ」(@仙台国際センター)に行ってきました。
入場無料で見た映画はアル・ゴアの「不都合な真実」。
 なかなかいい映画で、題名の「不都合」の二重の意味が判りました。
「不都合な真実」の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-23 20:30 | life | Comments(0)

ようやく秋かな?赤とんぼ発見。

2007年9月22日(土)
 今日は日中は32℃、この時期にしては!でも、仙台ではこれが今年最後の暑さでしょうか。
夜になって雨が降り、急に涼しくなりました。
 午前中はエアロビクスだったのですが、「中級」にグレードアップして今日は2度目。ちょっと「ハード」で、何とか付いていっています、状態(笑)。
千日紅(せんにちこう) です。熱帯アメリカ原産らしい感じが出ています。
場所はいつものルナール仙台ビルの花壇。
f0100593_1828583.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-22 19:45 | 仙台散歩 | Comments(0)

東北大植物園の散策 「おまけ編」

2007年9月26日(日)の東北大植物園散策の続きです。
今回は「おまけ編」(笑)秋らしい写真を一枚。
f0100593_1982853.jpg

「おまけ」の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-18 20:50 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(2)

東北大植物園の散策・・・続き

2007年9月16日(日)の東北大植物園続きです。
見事に萩が咲いていました。これを見ると、「秋だなー」と思いますね。
ツクシハギ?宮城野ハギ?良く判りませんが・・・ちょうど満開!
f0100593_19164864.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-17 18:15 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(4)

東北大植物園の散策

2007年9月16日(日)
小さな秋を探しに東北大植物園に行ってきました。
ロックガーデンではエゾリンドウが花盛り!
ここに有るのはエゾリンドウ、花屋で売られているリンドウは、本種の栽培種らしい。
日が差すと花が開くというので、お寝坊さんの花のようです。(午前9時半)
f0100593_175928.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-16 20:00 | 青葉山・広瀬川散策 | Comments(0)

小布施の高井鴻山

2007年9月8日(土)の続きです。
栗の小径を通って高井鴻山記念館にやってきました。
・・・高井鴻山(1806~1883)は幕末維新の激動期に"国利民福"の信条をつらぬいた人です。
15歳から16年間、京都や江戸へ遊学で各界第一人者から多彩な学問や芸術を修め、幅広い人脈で佐久間象山とも交流がありました。
 そして、巨万の財力を使い、江戸の浮世絵師「葛飾北斎」などを招き小布施を文化の街に育み、飢餓には窮民を救ったということです。
 
 高井家は信州はもとより、江戸、京阪、北陸、瀬戸内まで商圏とする大きな商いをした北信越きっての豪農商で、飢餓の際の貧民救済など慈善家としての家風が有りました。・・・
(記念館のパンフレットから要約)
f0100593_20933.jpg

写真は鴻山が書斎として使用した建物「悠然楼」。北斎をはじめ訪れる文人墨客や幕末志士と語りあったところで、京風建築・からくり造りになっています。雰囲気ありますが、縁側の跳ね上げの蓋はwhat?
答えと続きははMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-13 19:50 | 信州小旅行 | Comments(2)

小布施の葛飾北斎

2007年9月8日(土)の続きです。

江戸時代の小布施は、交易都市として繁栄を誇り、北斎をはじめ当代の文人を惹き付ける魅力ある町だったそうです。
小布施の「栗の道」。なかなか洒落ています。
f0100593_19543054.jpg

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-09-12 19:35 | 信州小旅行 | Comments(2)