<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

3日目(その2:アヤ・ソフィアのモザイク画「デイシス」は最高傑作)

イスタンブール歴史散歩、2007年3月13日(火)の続きです。
いよいよアヤ・ソフィアに来ました。・・・ちょっと復習です。
 アヤ・ソフィアとは「聖なる叡智」を意味し、この聖堂が1000年間もの間、ギリシャ正教の総本山だったわけです。その後、1453年のファーティフ(メフメット2世)によるコンスタンティノープル陥落に伴い、イスラム教のモスクとして改造されて約500年の歴史、さらに1934年にトルコ共和国となった後は宗教施設でなく「博物館」として、現在の状態になっています。世界遺産。
↓ドームの直径は31m、高さは54mも有ります。世界最大のドーム。西暦537年ユスティニアス帝によって建てられたもので、なんと約1500年前の建物、この約1000年後にバチカンが出来ます。
大きな円盤はモスクにしたときに付け加えられ、今もそのまま残っています。イスラムのカリグラフィーです。日本の書道みたいなものですね。 
f0100593_812540.jpg

 「1453年5月28日、コンスタンティノープル陥落の前夜、人々は・・・アヤ・ソフィア教会に集まり、・・・奇跡を求めて一晩中祈り続けた。夜が開けて、トルコ軍の先兵が・・・殺到し、扉が打ち破られた。」(・・・澁澤幸子の「イスタンブール歴史散歩」から)
 この歴史的影響について塩野七生はこう言っています。「西欧の人々は、ビザンチン帝国の滅亡によってはじめて古代ローマという母胎から切り離された痛みを感じたのであった。」  
続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-31 23:30 | トルコ旅行2007 | Comments(2)

3日目(その1:マルマラ海に向けて朝の散歩)

2007年3月13日(火)
トルコ旅行3日目です。今日も「イスタンブール歴史散歩」の続きです。
 写真はMarmara Guest Houseの屋上テラスから写しました。
曇っています。マルマラ海の向こうはアジアサイドのハーレムやハイダルパシャ付近です。ちょっと天気悪いようです。7時40分頃。
f0100593_8351699.jpg

食事前の散歩はぶらぶらっとホテルからマルマラ海のほうに降りて行きます。
普通の町の様子はどんなのか興味があります。地元の人がどんな生活しているか?垣間見れたら面白そうです。
続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-30 23:40 | トルコ旅行2007 | Comments(2)

2日目(その5:ガラタ塔の夕陽)

2007年3月12日の続きです。ボスポラス海峡を往復してぼちぼち夕方になりました。
写真はガラタ塔からボスポラス海峡(・・東方向)を見たものです。
前回触れました、ファーティフ(=メフメット2世征服王)の「軍艦の山越え」の現場が見えます。
写真右手のボスポラス海峡から陸揚げして、写真左手のガラタ塔の裏手を通したのです。
f0100593_22371234.jpg

以下は「コンスタンティノープルの陥落」から・・・・1453年の情景です。
 まずは事前準備の光景。
作業はジェノバ人居留区を巡る城壁に少し離れて沿いながら通っている、道を整備することから始まった。・・・地固めが終わると・・・軌道敷設し・・・・木製の軌道には動物の脂」を塗った。
 準備が終わると、「左右に並んだ牛の群れに引かれ、・・・多数の人間に押されて」、60mの高さのあるガラタの丘の頂に向って船は押し上げられた。

・・・・そして、「一番手の船を丘の上に引き上げるのに成功した時、・・・歓声が起こった。戦争をしているというよりも、何か愉快な遊びが上手く行った時に似た、雰囲気が支配していたのだ。70隻におよぶ船が、次々とそれに続いた。」・・・・・

続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-29 22:05 | トルコ旅行2007 | Comments(4)

2日目(その4:ルメリ・ヒサールの城砦はdangerous)

2007年3月12日のトルコ旅行記はまだ続きます。
 ルメリ・ヒサールのバス停で降りた私は、二人居たトルコ人に道を聞きました。・・・「意見不一致」!
一人は「バス道路に沿って」、もう一人は「上の方に上がる道で」と。 
急坂を登って確かに城砦にはたどり着きました。
・・・・でも入り口が無い! 「入り口は下だよ」と身振り手振りの親切トルコ人が居て、結局、登った道を引き返すことに、「あー疲れた」・・・常識的には城砦の下が入り口でしたね。
 さて、骨折り損をしてたどり着いたルメリ・ヒサールですが大変いいところでした。
↓城砦のメインタワー。こちらから大砲でドーンと。向こう岸のアジア側の要塞と挟み撃ちです
f0100593_21181215.jpg

ここでちょっと歴史を「おさらい」
  ルメリ・ヒサールを造った人(造らせた人)、はファーティフ(征服王) と呼ばれるメフメット2世です。ファーティフは1451年に18歳でスルタン(トルコ皇帝)に即位、その1年後の1452年にここが出来、1453年に鉄壁と言われたテオドシウスの城壁を破り、金角湾の封鎖を船の「山越え」という奇策で突破してビザンティン帝国の首都コンスタンティノープル(今のイスタンブール)を征服。・・・・・速攻です。
 これについては史実に即した小説「コンスタンティノープルの陥落」(塩野七生)に詳しく出ていますが、私は実際に自分の足で歴史の場所に立ってみたかったのです。 
続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-28 21:43 | トルコ旅行2007 | Comments(12)

2日目(その3:快晴のアナドルカヴァウの城砦から見えた黒海)

f0100593_2046183.jpg

2007年3月12日(月)のトルコ旅行の続きです。
 写真はアナドルカヴァウのジェノバ城砦から見えた黒海です。
綺麗でした!水平線は黒海です!黒海が見えて感激。
手前の海はボスポラス海峡です。
左手はヨーロッパ、右手と手前の土地はアジアです。 

 アナドルカヴァウの船着場に着いたのが12時5分。魚屋さんのレストランなどの有る波止場前から登ったのですが、ちょっとした山登りです。道も間違えました。(笑)
 「1時間少々あればジェノバ人の要塞の往復が出来る。そして、帰りは13時15分か、14時15分どちらかのローカルのフェリーでサリイェルまで行ける。」このプランはぷるぷるトルコさんから頂きました。他のサイトではこのような情報は皆無です!多謝・多謝です。
 では、登り始めるところから・・・・・
続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-25 21:00 | トルコ旅行2007 | Comments(4)

2日目(その2:ボスポラス海峡クルーズ)

2007年3月12日
 エミノニュ桟橋まで来ました。ボスポラスクルーズはクルーズと言っても、観光客以外に市民も多く乗る「一般のフェリーボート」に乗っていくのです。もっともそこが面白いのですが・・・10時35分出発です。ガラタ橋の南東側の3番乗り場。天気も良くなってきました!
 切符は5YTLですから、500円位。私は片道しか買いません。帰りは違うルートだからです。
行き:エミノニュから黒海に近い終点のアナドル・カヴァーウまで1時間30分のクルーズ。そこで黒海の見える要塞に登ります。
帰り:アナドル・カヴァーウから小さなローカルのフェリーでサリイェルの波止場まで戻り、 バスでルメリ・ヒサール要塞に行き、そこにも登る計画なのです。
 なにしろ、 今回の旅行は「イスタンブール歴史散歩」がメインテーマなのです、そこに足を踏み入れ歴史的遺跡を実際に歩いて見たいのです。船に乗って、帰ってくるだけでは満足では無いので。
↓別の行き先のフェリーボートです。イスタンブールでは、これが市民の足です。
f0100593_1003964.jpg

続きはMore↓をクリック 

More
by ciao66 | 2007-03-23 19:33 | トルコ旅行2007 | Comments(0)

2日目(その1:朝の散歩とブルーモスクの「絵葉書売り」との攻防)

2007年3月12日(月)続き (・・・・イスタンブール歴史散歩その2)
 トルコ2日目の朝は早朝5時15分の「アザーン」で目が醒めました。
「アザーン」【adhan】は1日5回のお祈りの時間を知らせる呼び声です。
良く透り澄み渡る、なかなかいい声です。まるで心地よい音楽のようです。
イスラム教の国に来たんだ、という実感が沸いてきました。
「アザーン」が終わると今度は、鳥の声も聞こえてきます。
 うとうとと一眠りした後、7時頃に朝食の前の散歩に行きます。
↓ホテルのすぐ近くです。向こう側はトプカプ宮殿の城壁。 
f0100593_13343284.jpg

(写真は後日の晴れた日のものです。)
この日は朝、雨では有りませんでしたが曇っていました。
続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-22 20:41 | トルコ旅行2007 | Comments(4)

「イスタンブール歴史散歩」(1日目:イスタンブールに着くまで)

 2007.3.11(日)
トルコ航空051便で午後2時25分に成田を出発、イスタンブールまで12時間半のフライトです。乗ってみるとトルコ航空、なかなかサービスいいです。クルーはフレンドリーで、機内食も良かったし、機内用のグッズもアイマスク・スリッパ・靴下他諸々まで付いています。
 チケットは燃油サーチャージ・空港税など全て込みで往復13万円ほど。予約した1月21日時点では格安航空券でも正規割引運賃でもほとんど同じ料金でした。正規割引運賃の場合はネットでも旅行会社窓口でも同じのようなので旅行会社窓口で。
↓搭乗したジェット;エアバスA340-300型です
f0100593_3105049.jpg

・・・全く余談ですが途中、上映された映画が面白かったのです。
博物館の動物の剥製やオクタビアヌス等の銅像が夜中になると動き出して博物館中が大騒ぎになる映画、さらに
タップダンスを踊るペンギンや歌うペンギンが登場する映画も有りました。
2個とも面白かったのですが、もう一つのトルコ語だけのどたばた喜劇はよく解りませんでした。
・・・・喜劇ばかりで、トルコ人はユーモア好きか?
映画は座席前の個人専用のミニテレビが有りませんので、ポジションによっては見にくいかも知れません。
 暇な時間は携帯のメディアプレーヤーでお気に入りの音楽を聴いたり、塩野七生の「コンスタンチノープルの陥落」をもう一度読んだりしてていました。
 12時間は長いので、後は体力温存の為ひたすら寝る!
&エコノミー症候群と腰痛の予防にストレッチ。
ZZZZZZZZZZZZZZZ
イスタンブールのアタテュルク空港には当日19時55分到着予定でしたが、ラッキーにも30分ほど早く到着し、そのくらいの時間には既に空港の税関を出て出口に。
f0100593_318283.jpg

  空港出口には私の名前とMarmara Guest houseと書いたボードを持ってお迎えが来ていました。上の写真はホテルの経営者(=お父さん)で後で写したものです。ボードを持っていたのは息子さんです。
ホテルまでは車で30分ほど、「家族経営でやっています」とのお話。お互い英語は片言です。そして明日の天気を聞くと「rain」と・・・うーん残念。少し前の予報では晴れだったのに。
途中ビザンティンの城壁とブルーモスクの夜景が綺麗でした。

 続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-21 11:43 | トルコ旅行2007 | Comments(6)

「不思議都市」イスタンブールへ・・・トルコ旅行準備編3

2007年3月10日(土)
f0100593_21421750.jpg

いよいよ11日に出発です。地球儀の左端に向けて。
 準備は万端、の筈?でも数日前にハプニングが・・
出発は成田第一ターミナル。でもガイドブックにはトルコ航空は第二ターミナルと書いて有ったので、仙台→成田空港のJRの切符を間違えていたのです。
「第2」で降りていたら、空港内のバスに乗って「第1」に移動、という面倒なことになっていたかもしれません。
 最近トルコ航空のターミナルが引越ししていたようです。
たまたま、ネットで成田空港を見て、違うぞ、と発見!気づいてよかった。JRの切符は取替えて貰いました。
でも、航空券買った時の案内にもターミナルの記載が無かったのはちょっと不親切ですね。
最新情報のチェックはネットで!
 旅行中の天気は予報によると月・火は晴れ、水・木は曇り時々雨、金・土で持ち返し、らしいのでまずまずでしょう。 
 旅行と重なってしまって11日の青葉の森観察会には行けないので残念なのですが、18日の帰国後に行ければ、と思います。
 ブログの更新は多分21日頃に予定していますが、現地でもチャンスあれば記事をアップするかもしれません。
 ではギョルシュルズ(・・・またね)。トルコ語ちょっと覚えにくいので、
忘れたときは万国共通のジャスチャーの「笑顔で手を振る」で行きましょう。
by ciao66 | 2007-03-10 15:00 | トルコ旅行2007 | Comments(6)

「不思議都市」イスタンブールへ・・・トルコ旅行準備編2

2007年3月3日(土)
 今月の旅行準備なのですが、写真のような本を見たり、ネットで調べたり、先日から鋭意進行中。
f0100593_19355114.jpg

真ん中の本は 「望遠郷」のイスタンブール・・・本屋に見当たらないので「絶版」と思われますが、アマゾンの古本でネット注文して買ったものです。写真図版が綺麗で、解説もかなり詳しいのですが、同類の本は出版されていない感じです。 陳舜臣さんの「イスタンブール」も歴史の解説がなかなか読みやすくいい本です。
 トルコ語の勉強の方は前回の準備編掲載から、2個覚えました。
バカルムスヌス・・・すみません、と呼びかける。
トゥヴァレットゥ・・・トイレ
この2個は必修ですね。いざという時に困りますので・・・
 で、どの辺をどのように廻るのかは色々研究して大方のプランは出来ました。
続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2007-03-03 22:00 | トルコ旅行2007 | Comments(4)