<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「宮城野萩」咲く仙台野草園と大年寺山の散策

2006年9月24日(日)
仙台はどうした?との声が聞こえそうなので、久しぶりの仙台散歩upです。
↓大年寺山の惣門です。ここまで自転車で来ました。
f0100593_194055100.jpg

ここから長い石段を登ります。このルートで山の上にある野草園を目指すのです。
大年寺は伊達家四代伊達綱村の創建(1697年)で、綱村以後の菩提寺、当時の遺構は、1716年頃に出来たこの惣門のみ。
地図はこちら
続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-26 06:10 | 仙台散歩 | Comments(2)

「くりでんの歴史展」を見る(くりはら田園鉄道:その3)

9月23日の続きです。
くりはら田園鉄道の栗駒駅近くに、「みちのく風土館」があり、そこで今「くりでんの歴史展」をやっています。ちょっと覘いてみました。
↓入り口から凝ってます。会社の表札「栗原電鉄」は昔の名前。いまは田園鉄道。
f0100593_2025193.jpg

続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-25 19:33 | 東北あちこち | Comments(0)

「くりでん」のレトロな木造駅舎(くりはら田園鉄道:その2)

・・9月23日の続きです。
くりはら田園鉄道終点の細倉マインパーク前から引き返して、栗駒駅に11時25分にやって来ました。駅ウオッチングとくりでんの展示を見ます。次の列車は約1時間後です。
↓コスモスの花が美しく、駅舎と青空が絵になっています。
f0100593_20212288.jpg

続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-24 23:23 | 東北あちこち | Comments(0)

くりでん最後の秋・・(くりはら田園鉄道:その1)

2006年9月23日(祝)
秋晴れの秋分の日、くりはら田園鉄道線に初めて乗って来ました。
2007年の3月末に廃止が決定していますので、「くりでん」からの秋の実りの景色は見納めです。
写真は始発の石越駅から進行方向を見たところです。右手はJR東北線の石越駅です。
f0100593_2083939.jpg

・・・くりはら田園鉄道線は、宮城県の登米市・石越から栗原市の細倉マインパーク駅までの25.7キロを結ぶ、ローカル鉄道です。米どころということもあって、石越から鶯沢までは、社名の通り田園地帯を走ります。(「くりでん応援クラブ」より)
続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-23 20:10 | 東北あちこち | Comments(0)

迷宮美術館:モネとサンラザール駅

先ほどNHKTVで「迷宮美術館」でモネとサンラザール駅をやっていました。
私の好きなモネが大の鉄道ファンだった!これは知りませんでした。
↓パリのサンラザール駅の絵(1877年)は知っていましたが、
駅に入りびたりで10枚以上の連作でサンラザール駅を描いていたとは・・・
当時の時代風景だったようです。
・・・積み藁や睡蓮の連作に先立つ第1号の連作。
f0100593_20482289.jpg

写真はオルセー美術館で写したもの。ここは写真撮影ok。
↓モネ「アルジャントィユの鉄橋」1873年
f0100593_20491752.jpg

ここに住んでいてサンラザールまで出かけていたようです。
鉄道ファンと知って、ますますモネに親しみがわいてきたような感じですね。
by ciao66 | 2006-09-22 20:51 | life | Comments(0)

秋の空と福島県の伊達市

通りかかった仙台市役所の近くです、すっかり秋空です。
f0100593_19471162.jpg

勾当台公園の広場で伊達市の物産展をやっています。
伊達市って北海道では?と思いましたが福島県にも出来たようです。
続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-22 19:45 | 仙台散歩 | Comments(0)

世田谷線の散歩・・世田谷代官屋敷

2006年9月17日(日)
東急電車で目黒→大岡山→二子玉川とわざわざ遠回りして沿線を見ながら・・・といっても地下部分が結構ありましたが・・三軒茶屋に来ました。
次は140円×2の世田谷線のミニトリップ。
世田谷線の三軒茶屋駅です。
電車は2両編成。終点には1編成しか入れません。
f0100593_835514.jpg

続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-19 19:00 | 東京散歩 | Comments(4)

ブリヂストン美術館・神楽坂・渋谷bunkamura

2006年9月16日(土)
仙台発8時15分はやて2号で東京着9時53分着。100分弱で到着。
夕方のオペラの時間まで2~3箇所行きます。
まず、八重洲口のブリヂストン美術館にやって来ました。
ブリストンは・・・誤り、正解は「チ」にてんてん、 ブリストン。
ちょっと判りませんね。キャノンも「ヤ」が大文字でキノンが正しいらしいのですが・・・
f0100593_8311583.jpg

ここは以前にも来ました。印象派のコレクションで有名です。
今日は、なつの常設展です。以下、 印象に残ったもの。
1.やはりゴッホ。好きですから・・展示物は1枚だけで「モンマルトルの風車」・・ゴッホにしてはちょっと地味です。でもこの地味な作品も他の作者の絵に混ざると凄い印象。
2.マティス。・・マティスの部屋に入ると一瞬「パッと」明るくなります。絵が一番多かったのがマティス。でも軽い感じ。その軽い感じがいいのですが・・・
ゴッホのような感銘は無い。あっいいね、という感じ。
3.最後に見た展示室の古代の彫刻。
前にも凄いねと思いましたが、小さい部屋に粒ぞろいの内容です。
シュメールの「女の胸像」はなんと紀元前24世紀!
今から4,500年前ということでここで最古の展示物。
エジプトの展示物が3,000年前くらいのものですから、それよりさらに1,500年前。
続きはMoreをクリック。

More
by ciao66 | 2006-09-18 08:33 | 東京散歩 | Comments(0)

フィガロの結婚:二期会オペラ と寺井尚子の波乱万丈TV出演

f0100593_8274152.jpg2006年9月16日(土)
渋谷のオーチャードホールに二期会オペラ 「フィガロの結婚」に行ってきました。

宮本亜門演出ですが今回は常識的な感じの演出です。
伯爵夫人役の佐々木典子さんが秀逸のアリア「楽しい思い出はどこへ」を聞かせてくれました。
このときはさすが拍手最大、第3幕。
第3幕、4幕と進むにつれ盛り上がりはしました。
伯爵やスザンナ役も上手かったのですが、第1幕「もう飛ぶまいぞこの蝶々」を歌う主役フィガロが・・・・・・
というわけで、オペラを楽しみはしましたものの、同じモーツアルト作のオペラ「魔笛」(=プラハ室内歌劇場の仙台公演)を見たときほどの感動は残念ながら有りません。
魔笛は6月22日の記事に有りますが、
このときは全篇通じてモーツアルト特有のわくわく感やhappyな気分に包まれました。
これは、演目の違い?演者の違い?両方でしょうか?
もう一度チャンスあれば違う「フィガロ」を見てみたい感じです。
続きはMoreをクリック。(寺井尚子@波乱万丈TV出演の話)

More
by ciao66 | 2006-09-17 22:18 | life | Comments(0)

週末はTYO

2006年9月15日(金)
明日から3連休というわけで、週末はTYO、東京へ!
16日はブリヂストン美術館→神楽坂→??→渋谷で二期会オペラ
17日は高輪散歩→駒場の日本民芸館→??
若干変更あるかもしれませんが・・・
帰ってから多分シリーズで、東京の散歩をupします。
仙台や、イタリアの街の散歩のような感じで・・・
次回更新は18日(月)の予定です。
ご覧下さい。
by ciao66 | 2006-09-15 20:39 | 東京散歩 | Comments(0)