カテゴリ:ふらふら四国・中国( 2 )

小豆島のオリーブ畑と「岬の分教場」を巡る

鳴門から高松港に移動しました。
これからフェリーで小豆島へ向かいます。
f0100593_09330524.jpg
右手は有名な屋島です。台形なのでどこから見てもよく判る。
屋島の山頂から瀬戸内海を眺めてみたかったけれど、それは宿題ということになりました。
f0100593_09330890.jpg
左手には瀬戸内海の島々が!女木島です。別名は鬼ヶ島だとか。
へぇ鬼が住んでいるのか・・・いたのか?
f0100593_09331165.jpg
同じフェリーのオリーブラインとすれ違います。
あれっこの辺りから空の雲行が怪しくなってきました。
f0100593_09331609.jpg
右手は男木島、むこうに見えるのは女木島(鬼ヶ島)。
お天気はついに小雨に・・・。
f0100593_09332090.jpg
「上陸おめでとうございます」とバスガイドさんの声。
雨はやみましたが曇り空の小豆島です。
二十四の瞳の像が迎えてくれました。
f0100593_09332301.jpg
土庄港を出てすぐに海峡を渡ります。
ギネスブックから世界一狭い海峡として認定された土渕海峡です。
へぇ面白い♪でもあっという間の出来事。ここを散歩してみたかった・・・。
f0100593_09332725.jpg
 最小幅9.93m、長さ2.5km。
土庄町役場では横断証明書を発行していてその代金は100円だそうです。
海峡で分けられているのだから、写真左側の部分は別の島のはず・・・。
調べたら判りました。前島というちゃんと名前が有る小豆島とは別の島なのでした。
狭い海峡を渡ってそれが本当の上陸、というのは実感なしですが。

さてこんどは寒霞渓に到着。
ロープウェイに乗っています。
f0100593_09333535.jpg
あいにくの曇り空ですが、晴れていれば絶景のポイント。
瀬戸内海の向こうは四国です。
f0100593_09333885.jpg
島がつながっているように見えるのは小豆島の半島です。
f0100593_09334848.jpg
説明版がありました。
岬の分教場」跡が田浦半島の岬の手前にあります。
f0100593_09335015.jpg
バスはぐるっと半島を回りながら「岬の分教場」跡に到着。
懐かしい木造校舎です。
f0100593_09335574.jpg
当時の本物の鐘でしょう。
f0100593_09335969.jpg
昭和30年代の雰囲気です。
f0100593_09340342.jpg
昔の小学校はこんな感じ。
懐かしさを覚える木のぬくもり。
f0100593_09340731.jpg
映画「二十四の瞳」の「女先生」が自転車に乗る有名なシーンです。
1954年、当時29歳の高峰秀子が主演。
f0100593_09341345.jpg
当時は白黒の映画だった。
f0100593_09341647.jpg
2回目の映画は1987年で田中裕子の主演でした。
テレビドラマでも2005年の黒木瞳、2013年の松下奈緒と繰返されました。
また次もあるのか?その時は誰が?

今ではどこでも使われていない、
他にはどこにも無い・・・かもしれない学校机。
座ってみたら、本当に小さな、小さな、椅子。
f0100593_09342393.jpg
ここが今回の旅の一番の「ツボ」となったスポットでした。

小さい運動場。木枠の窓。
f0100593_09342725.jpg
なんと46年前の生徒の本物の絵が残っていました。
f0100593_09343279.jpg
まさにタイムカプセル!
f0100593_09343512.jpg
付近を散歩してみたかったのですが、慌ただしいツアーなのです。
岬めぐりのバスは~行く~♪」(ガイドさんの歌)
f0100593_09343846.jpg
 次に来たのはマルキン醤油の工場、「4号天然醸造蔵」という建物。
100年以上の歴史を持つ木桶仕込みのしょうゆの醸造蔵で、
国の登録有形文化財にも指定され、
今でも現役でしょうゆを製造しているというのが立派です。
f0100593_09344180.jpg
同じ建物を別の角度から。
貴重な建物ですが、今後いつまで持つのでしょう?
f0100593_09344400.jpg
小豆島で最後の見学スポットはオリーブ公園です。
オリーブの木がいっぱい。湾の向こうには先ほどの岬の分教場が見えます。
f0100593_09345988.jpg
 すぐそばにあったのがこの建物。なんだか普通では?と思ったのですが、
映画のセットです。魔女の宅急便の「グーチョキパン屋さん」だったのです♪
えっアニメでは見たけれど、ロケということは・・・
f0100593_09350210.jpg
2014年に公開された映画!。見ていませんでした。知りませんでした。


 小豆島、初めて行きましたがいいところでした。
お天気が良ければもっと良かったのですが・・・。
日中は雨降りで無かっただけ、まだましでしょうか?
夜には本格的な雨になりました。
f0100593_09350425.jpg
翌朝、小豆島の福田港→姫路のフェリーに乗って最終回の姫路城の巻へ。

by ciao66 | 2015-04-15 08:05 | ふらふら四国・中国 | Comments(6)

国営明石海峡公園&あわじ花さじき~大鳴門橋&渦の道 sanpo

チューリップが花ざかりの国営明石海峡公園です。
ちょうどお天気になって頃合いよく到着しました。
f0100593_16050886.jpg
手前から向こうまで、どこまでも、花園が続く公園です。
f0100593_16050277.jpg
一番遠くまで行くと、宝塚歌劇の組に合わせた花壇ができていました。
星のマークはもちろん星組でしょう。
f0100593_16055982.jpg
明石名物のたこも登場。
f0100593_16060385.jpg
次のスポットは「あわじ花さじき」です。
菜の花が満開♪
f0100593_16062200.jpg
明石海峡といえばタコが名物。
朝方獲れたというタコのテンプラを食べます。
f0100593_16062655.jpg
菜の花とレンゲの花の向こうに海が広がります。
司馬遼太郎の「菜の花の沖」という小説を思い出しました。
小説は実在の人物、高田屋嘉兵衛の出身地、淡路島が登場していました。
f0100593_16063162.jpg
バスで移動して、伊弉諾神宮へ。
いざなぎじんぐうです。ちょっと読めません。
小さな鳥居の前は「夫婦大楠」と呼ばれる大木。
f0100593_16065364.jpg
淡路島は神話では日本で一番初めに出来た島。くにうみの島です。
そして、いざなぎのみことが余生を過ごしたところが伊弉諾神宮だそうです。

古事記・日本書紀には、
国生みに始まるすべての神功を果たされた伊弉諾大神が、
御子神なる天照大御神に国家統治の大業を委譲され、
最初にお生みになられた淡路島の多賀の地に「幽宮」を構へて
余生を過ごされたと記される。


そして、地理的にも各地の神社を結ぶとその中心にあるという驚きの事実が!
f0100593_16071302.jpg
詳しくは説明文の写真をご覧ください(少し見にくいですが)。
f0100593_16071766.jpg
大鳴門橋を渡ってこの日は鳴門公園にあるホテルに泊まりました。

翌朝は曇り空ですがこれから渦潮見物です。見物方法は・・・
大鳴門橋の橋げた下部の「渦の道」という所から下をのぞき込むというものです。
(手前側の橋脚までこちら側から歩ける)  
f0100593_16073163.jpg
上は道路で、下には新幹線が通るはずでした。橋は1985年(昭和60年)に開通。
でも明石海峡は道路専用橋になったので、鳴門海峡に鉄道が走る見込みは薄いようです。
その部分を利用して2000年に観光施設にしたのが「渦の道」です。
f0100593_16074207.jpg
少し先の通路は網が張ってあるだけなので風が通り抜けます。
長さ450m、足元の通路にガラスの覗き窓が有ります。
f0100593_16074589.jpg
ガラス床の下をのぞき込みます・・・おぉ怖。
恐る恐る足を乗せてみる。(ジャンプ禁止です。)
45mの高さで、ジャンプしない限りは大丈夫でしたがやっぱり怖い。
f0100593_16074833.jpg
潮が流れています。満潮なので太平洋側から瀬戸内海側へ。(右手は四国)
f0100593_16075596.jpg
丸いところも有りますが、残念ながら満潮なのに期待ほどの大きな渦では無い。
f0100593_16075808.jpg
洗濯機のような渦を想像していたのですが・・・。
見事な潮の流れではありました。
渦潮を見るには、大潮の時に間近から観潮船で見るのが一番でしょうか。
f0100593_16080133.jpg
次回は小豆島篇です。

by ciao66 | 2015-04-12 09:12 | ふらふら四国・中国 | Comments(4)