カテゴリ:イタリアを歩く2014( 52 )

50. ローマ時代の列柱が並ぶ電車通りを探して@ミラノ

今回の旅行もいよいよ最終日。空港へ行くまで街歩きの続きです。
ミラノの街中に古代ローマの列柱が残るところ。
ここへは迷いながら寄り道をしながら来ました。
f0100593_17415994.jpg
ここに来るには・・・ドウォーモが右端に見えるところでトラムを乗り換えます。
(ドウォーモの写真は前回のものをどうぞ。)
f0100593_17394875.jpg
乗るのはこれではなく・・・
f0100593_17395783.jpg
トリノ通りを行く2番線です。
f0100593_17400298.jpg
乗りました。
f0100593_17400888.jpg
ところが、降りる所がよく判らず、あっという間にポルタ・ジェノバ駅まで来てしまい、
バスで戻ろうとしたのですが、バスは途中で別の道に入ってしまい、目的地から少し離れたティチネーゼ門で降りました。
(写真は別のところで撮ったもの)
f0100593_17401419.jpg
 親切な乗客がいて、目的地のサン・ロレンツォ教会への道を教えてくれました。
そこの角を曲がりポルタ・ティチネーゼ通りを北へ行けばいいと。
角を曲がったところで、別の教会を発見して寄り道します。
f0100593_17402342.jpg
目的の教会では有りませんでしたが、なかなか良いところです。
この日は日曜日でした。ちょうど朝のミサの最中で、
f0100593_17403296.jpg
素敵な歌声が聞こえています。
f0100593_17403841.jpg
美しい声はこちらを向いている女性のものでした。
f0100593_17405767.jpg
偶然入った教会の名前はサンテ・ウストルジョ教会。( Basilica di Sant'Eustorgio )
f0100593_17404455.jpg
美しい天井。
偶然の迷い道のおかげでいいところに出会いました。
f0100593_17405169.jpg
 ポルタ・ティチネーゼ通りは庶民的なエリアです。
まっすぐ向うのサン・ロレンツォ教会に向かいます。
ここでは線路は複線ですが・・・
f0100593_17410459.jpg
 ここで線路が合わさり単線に。そして、線路がふさがれています。
廃線になってしまったのでしょうか、それとも
門が修復工事中のためでしょうか。
f0100593_17411081.jpg
門を抜けると、そこにはローマ時代の列柱が並んでいました!
(寄り道しながらも何とかたどり着きました。)
f0100593_17412812.jpg
門を振り返ります。
門の絵が書いてあればよく判るのですが、この広告では・・・。
f0100593_17411954.jpg
列柱に近づきます。トラムの線路は列柱を避けてここでは一本だけ。
f0100593_17413584.jpg

迫力があります。
街の中にこのようなものが残っているとは!
f0100593_17414402.jpg
向かい側のサン・ロレンツォ教会Basilica di San Lorenzoですが
列柱に気を奪われて、教会の写真はこれだけ。
f0100593_17415114.jpg
冒頭の写真です。何度見ても素晴らしい。
実はここは、NHKの「世界ふれあい街歩き」で登場したところ。
f0100593_17415994.jpg
線路を挟んでお店が並んでいますが、この並びに散髪屋さんがあるはず。
f0100593_17422711.jpg
ギリギリのところを通る線路。(ここを乗ってみたかった・・・)
f0100593_17425292.jpg
鋏のマークの散髪屋さんを発見しました♪
日曜日でお休みでしたが、今もちゃんとお店は有るようです。
TVに登場したおじさんの顔を見てみたかったな・・・。
f0100593_17425843.jpg
あぁ面白かった♪
まっすぐ歩けばトリノ通りに出るはず。空港へ急ぎます。
f0100593_17440984.jpg
一旦荷物を取りにホテルに戻り、
f0100593_17450317.jpg
ミラノ中央駅に来ました。
f0100593_17451980.jpg
空港行のレオナルド・エクスプレスがミラノ中央駅からも出るようになり便利になりました。
f0100593_17452477.jpg
マルペンサ空港に到着し、お腹がすいたのでレストランに入りました。
ところが、オーダーしたオリエント風サラダがなかなか来ません。
(イタリア版「蕎麦屋の出前」・・・今やっています。もうすぐです。)
少し余裕の時間で来たはずが、だんだん時間がなくなり、焦りました。
f0100593_17453556.jpg
空港のレストランでサラダがあんなに時間がかかるとは思わず。
何とか間に合いました。やれやれ。
f0100593_17454084.jpg
これで連載50回はすべて終了。ご愛読どうも有り難うございました。
数々のコメントを頂戴した方々、イタリアの親切な人々にも感謝して、
ごきげんようさようなら。
by ciao66 | 2014-09-01 17:13 | イタリアを歩く2014 | Comments(12)

49. 「最後の晩餐」@ Santa Maria delle Grazie とダ・ヴィンチ博物館

 ここはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の有るところ。
ここは予約制の見学ですが、それはなかなか取れないことで有名、
f0100593_17055738.jpg
3か月前に公式予約サイトはすでに完売でした。
ネットが満杯でも取れる?という、予約センターにつたない英語で電話してもだめ、
最後に、成功報酬で予約手配をするアーモイタリアにお願いして、やっと取れました。

予約時間は午後2時15分ですが、20分前に必着です。
幸い時間前に到着しました。
f0100593_17060161.jpg
見学する子供たち。イタリアでは博物館や美術館で小学生の団体をよく見かけます。
芸術感覚が小さい時から養われるのでしょう。
f0100593_16493520.jpg
 絵は昔修道院の食堂だった場所にあります。
ここは撮影禁止なので、代わりにダ・ヴィンチ博物館にあった絵の写真を載せます。
 キリストの左隣の人物は、実物を見た柔らかい印象では女性だと思えました。
ダ・ヴィンチが描いたのは誰・・・ヨハネ?マグダラのマリア?二人ダブらせている?
f0100593_16500990.jpg
 絵は20年もかけて見事に修復されたとはいえ、テンペラ画では修復の限界があったのでしょう、鮮やかさは期待ほどではなかったのです。ただ、その場に立って空間を体感したという意味は有ったでしょう。

 大きなホールのような食堂の反対側に大きなもう一枚の絵があって、そういう空間だったのかと・・・。
 もう一枚の絵は別の作家の絵「キリストの磔刑」で、キリストを含めて3人が並んだ珍しい構図ですが、こちらはフレスコ画でなのでとても鮮やかに残っていました。(モントルファーノという作家のもの)


さて見学を終えて、教会から5~6分歩いて、
レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館の前に到着です。(右手建物)
f0100593_16511663.jpg
ここが入口です。
f0100593_16512425.jpg
博物館は元は大きな修道院で、
f0100593_16513730.jpg
美しい回廊が有って興味深いところです。
f0100593_17210183.jpg
初めの展示物は大きな機械類。
f0100593_16513087.jpg
産業革命の頃のものでしょう。
f0100593_16532439.jpg
f0100593_16533561.jpg
次に来たのはダ・ヴィンチ関係の展示物です。
f0100593_16573509.jpg
ダ・ヴィンチが考案したものの模型です。
f0100593_16575095.jpg
f0100593_16580100.jpg
ダ・ヴィンチの素描も美しい。
f0100593_16575656.jpg
f0100593_16580943.jpg
次に来たのは交通機関の部門です。
f0100593_16582186.jpg
f0100593_16582704.jpg
どうやって入れたの?という大きな帆船も有りました。
f0100593_17143195.jpg
f0100593_16590754.jpg
古い飛行機・・・イタリアのものでしょう。
f0100593_16584347.jpg
f0100593_16584919.jpg
飛行機草創期の珍しい写真も。
f0100593_16590283.jpg
じっくり見たわけでもないのに、見学には2時間半もかかりました。
午後5時20分、外に出てトラムの通りまで歩きます。
f0100593_16594765.jpg
 教会の前に停まっていたクラシックカー、優雅なデザインでピカピカです。
これに乗って来たのは誰?と思いつつ教会に入ります。
f0100593_17003931.jpg
サンタン・ブロージョ聖堂 Sant'Ambrogio の全景です。
f0100593_17004775.jpg
ここはミラノの守護聖人である聖アンブロシウスを祀る、ミラノ最古の教会です。
f0100593_17005249.jpg
堂内に入りました。いつもと違う雰囲気です。
f0100593_17005955.jpg
結婚式!ちょうど新郎新婦が宣誓中。
前に停まっていた車の謎が解けました。
f0100593_17010428.jpg
旅行最初のローマの教会でも、最後のミラノでも結婚式に遭遇。
ビザンティン様式のモザイク画です。
f0100593_17011055.jpg
午後6時、マジェンタ通りのバール Antico Caffè Litta 25 です。
f0100593_17012539.jpg
少し早い夕食にします。
f0100593_17013150.jpg
ここはトラムがよく眺められて、特等席?でした。
f0100593_17014308.jpg
お米のごはんがいいなとピラフと、
f0100593_17015686.jpg
ハムとミニトマト入りのサラダ。
f0100593_17020117.jpg
また16番線のトラムに乗って、
f0100593_17021157.jpg
案内図の◎のところ、Cordusioで1番線に乗り換え。
f0100593_20300883.jpg
1番線はクラシックなトラムです。
f0100593_17023713.jpg
トラムは街を眺めながら乗っているので、地下鉄よりも時間はかかっても面白いのです。
ガレッリアのそばを通り、
f0100593_17023236.jpg
乗り換えを含めて30分ほどかかり、
ホテルのそばの Via Settembrini 電停に到着です。
f0100593_17024340.jpg
次回はいよいよ旅行記の最終回、翌朝のミラノ街歩き編です。

by ciao66 | 2014-08-30 15:55 | イタリアを歩く2014 | Comments(12)

48. サン・マウリツィオ教会と考古学博物館@ミラノ

ここはサン・マウリツィオ教会、フレスコ画が美しいので有名なところです。
トリップアドバイザーではミラノでドウォーモを抜いて堂々1位の評価。
f0100593_15573171.jpg
(訪れた人の数ではなく、訪問者の平均評価が一番高いということでしょう)
イタリア語の名前=Chiesa di San Maurizio al Monastero Maggiore

夜空の美しい青色をバックにした天使たちです。
f0100593_15572531.jpg
外観は地味です。Wikipedia英語版によると、16世紀の建造物で、巨大な修道院の付属教会だったようです。
f0100593_15570062.jpg
アーチの曲線と直線のバランスが絶妙です。
f0100593_16084192.jpg
これは「イエスの洗礼」の場面でしょうか。
f0100593_15571102.jpg
f0100593_15571510.jpg
f0100593_15573929.jpg
f0100593_15574444.jpg
ノアの箱舟のとても美しいフレスコ画です。
動物を載せて・・・
f0100593_15574709.jpg
洪水が起こって・・・
f0100593_15575301.jpg
山上に流れ着いた。(とても判りやすい絵解きです。)
f0100593_15575612.jpg
こちらはキリストのお話。
最後の晩餐のあと、自らの予告通りに・・・
f0100593_15580646.jpg
逮捕され
f0100593_15581083.jpg
裁判されて有罪になり、
f0100593_15581902.jpg
十字架に磔に。
f0100593_15582284.jpg
アーメン・・・
f0100593_15584012.jpg
f0100593_15584411.jpg
大きな修道院跡を利用している歴史博物館に入りました。
右端部分が教会です。
f0100593_15572080.jpg
古代ロ-マ時代のミラノ。
f0100593_16010051.jpg
当時の街の様子。
f0100593_16011013.jpg
展示物です。エトルリア?
f0100593_15590270.jpg
博物館=旧修道院の建物です。
f0100593_16004943.jpg
エトルリアの陶器です。
f0100593_15590550.jpg
これもエトルリアのもの。単色のも美しい。
f0100593_16000500.jpg
美しい色彩感覚は今のイタリアに引き継がれています。
f0100593_16003032.jpg
午後1時、博物館近くのパニーニ屋さんでランチにします。
f0100593_16015694.jpg
雲の下に見えるドームはダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のあるところ
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。(博物館から600m)
f0100593_16020028.jpg
次回に続く。
by ciao66 | 2014-08-28 17:07 | イタリアを歩く2014 | Comments(6)

47. トラムに乗ってプッブリチ公園へ@ミラノ

ここはミラノのプッブリチ公園です。公園散歩は旅に欠かせません。
噴水の周りでのんびりしている人たち、私は木陰でのんびり。
f0100593_15285518.jpg
ここに来るにはトラムの1番線に乗ってきました。
ホテルのそばにある Via Settembrini セッテンブリニ通りの停留所です。
(①はトラムの番線、縦に並んでいるのは通過する停留所の名前)
f0100593_14065197.jpg
時刻表もあります。この日は土曜日、イタリア語ではSabatoです。
土曜日の10時台にはogni9 (9分ごと)に走っていると判ります。
f0100593_14064851.jpg
1533番のトラムが来ました。クラシックなスタイルで私好みです。
f0100593_14070330.jpg
オレンジ色の機械できっぷに刻印します。(左側の窓)
f0100593_15280660.jpg
車内に表示がありました。このトラムは1928年製だと。
なんと86年前の車両!骨董品の値打ちがありますね。
f0100593_15281150.jpg
カヴール広場 Piazza Cavourの停留所で1533番のトラムから下車しました.
トラムの顔を見ると、正面はカーブした三面窓、出入り口も斜めにカットしてあり、狭い街でも曲がる時に邪魔にならないように、取り回しに工夫が見られます。
f0100593_15281557.jpg
プッブリチ公園はすぐ横です。
f0100593_15283171.jpg
広い芝生に大きな木々、のんびりしたところです。
f0100593_15283590.jpg
少し行くと、森の中のようなところ。
f0100593_15283970.jpg
緑の散歩道を歩きます。
f0100593_15284343.jpg
また広いところに出て、
f0100593_15285228.jpg
冒頭の写真の噴水です。
犬が飛び込んで、水遊びしていましたが、飼い主が来て犬は叱られていました。
でも、飼い主を叱る人は居ません(笑)。
f0100593_15285518.jpg
FSの駅にある観光案内所で、トラムの路線図がほしいなと思って、聞いたのですが、
しばしば路線は変わるので、お渡しできる路線図はないのですと。
トラムは乗りながら、間違えながら、楽しみながら、行くしかないのです。
急ぐ人は地下鉄へ、どうぞ。トラム1番線で次に乗ったのはこれ。
f0100593_15290896.jpg
スフォルツァ城近くの Cairoli 停留所で降りたところで、
7000番台の新しい車両を発見。7両連結で長いのです。
前から撮ったら丸顔でしたが・・・
f0100593_15294762.jpg
後ろ側から撮ったら全く別の顔でした。
f0100593_15295889.jpg
ロータリーの周りです。線路もそれに沿っています。
f0100593_15294485.jpg
歩行者天国?信号の合間でしょう。
f0100593_15294011.jpg
次の行先はサン・マウリツィオ教会と考古学博物館なのですが、ここからでも500m位なので歩いて行きます。
f0100593_15300241.jpg
16番線の Majenta/Carducci(マジェンタ通りのカルドゥッチ停留所)です。
ここにサン・マウリツィオ教会と考古学博物館があります。(次回に続く)
f0100593_15300602.jpg
(今回のおまけ編です。)
ミラノの宿は Hotel Charly 、ミラノ中央駅にも、地下鉄M1のLima駅にも500m、
トラム1番線には200mと、便利なところです。
f0100593_15260583.jpg
室内の様子です。
f0100593_15263593.jpg
1階の部屋でした。
f0100593_15264079.jpg
窓からの眺め。通りには面していますが、通行量は少なく静かでした。
f0100593_15270607.jpg
このホテルのチャームポイントはちょっとしたお庭が有る所です。
f0100593_15271188.jpg
朝食はこんな感じで簡単なものでしたが、ホテル代の高いミラノですから、立地とお値段のバランスからはリーズナブルでした。
f0100593_15274912.jpg
(次回をお楽しみに)
by ciao66 | 2014-08-26 21:56 | イタリアを歩く2014 | Comments(8)

46. アルプスのような山を展望しながら散歩する@レッコ

山の中の気持ちのいいベンチ・・・スイスの景色のようですがここはイタリア。
コモ湖畔の街 レッコからロープウェイで登ってきました。
f0100593_20211450.jpg
時間は少し戻って、ベルガモからここに来る途中の風景です。
(列車の窓ガラス越しでやや不鮮明です)
f0100593_20133400.jpg
赤丸が Lecco (レッコ) の位置です。
(Google Mapの「地形図」からお借りしました。後の詳細図も同じ)
f0100593_09570937.jpg
レッコに近づくとアルプスの雰囲気の山が見えてきました。
f0100593_20133845.jpg
レッコ駅に到着。B&Bのオーナーが車で迎えに来て、チェックインの後、
f0100593_20134424.jpg
ピアーニ・デルナに登るロープウェイの駅まで送ってもらいました。
f0100593_09571356.jpg
ロープウエイからのいい眺めです。
f0100593_20160460.jpg
午後3時頃ですが、陽は長いのでまだ時間はたっぷりあります。
f0100593_20161337.jpg
だんだん高度を上げて、
f0100593_20161753.jpg
間もなくPiani d'Eernaピアーニ・デルナの駅に到着です。
f0100593_20162718.jpg
ここは標高1300m。山の上は気持ちのいい散歩道。
f0100593_20171264.jpg
少し上り坂になってきました。
f0100593_20191928.jpg
先ほどのロープウェイの駅が下に見え、
f0100593_20171919.jpg
絶壁の上の駅だとよく判ります。そしてここからは・・・
f0100593_20172360.jpg
レッコの街とコモ湖が一望です。
f0100593_20173009.jpg
反対側を見ると、ぎざぎざの山!
f0100593_20184312.jpg
面白いかたちです♪
地元の言葉ではMonte Resegone モンテ・レゼゴーネ
鋸山という意味らしい。
f0100593_20184883.jpg
アップで撮ってみます。
岩肌が凄い!
f0100593_20192797.jpg
小さな森の中を抜けますが、ガイドマップがあるので道は大丈夫です。
f0100593_20193109.jpg
面白そうなところに来ました。
f0100593_20193932.jpg
植物の背景に山を入れて。
f0100593_20200072.jpg
十字架の立っている小さなピークが見えます。
こんどはそちらへ♪
f0100593_20200977.jpg
十字架のピークからの絶景です。
f0100593_20201662.jpg
同じところから見えた緑の山々。
f0100593_20203373.jpg
また森を抜け、今度はロープウェイの駅から見えていた谷間の村へ♪
f0100593_20204817.jpg
咲いていたエーデルワイスです。
f0100593_20210204.jpg
冒頭の写真です。
f0100593_20211450.jpg
アルプスの村のような光景♪
f0100593_20211972.jpg
ギザギザの山の左半分は緑の山、こちらもいい眺めです。
f0100593_20212712.jpg
かわいい花を愛でて、
f0100593_20213475.jpg
村の家を飾る黄色い花です。
その辺に咲いているのを摘んできたのでしょう。
f0100593_20214087.jpg
ピアーニ・デルナの村の散歩道。
5時過ぎですがまだまだ明るい。
f0100593_20214716.jpg
ロープウェイを降りてきました。
ここに来るときは車で送ってもらったのですが、もう最終バスは発車した後、
困ったなと思っていると、山上で出会ったチェコから来たという女性が素早い行動。
さっさと車を捉まえてヒッチハイク!私もそれに便乗させていただきました。
f0100593_20215836.jpg
歩けば1.5km位の距離ですが、車ならあっという間に到着。
B&Bのある教会前で降ろしてもらいました。
f0100593_20220567.jpg
B&B Località Manzonianeの室内はこんな感じ。
f0100593_20155464.jpg
部屋からの眺めです。ここは街から離れた山の上の住宅地。
f0100593_20154877.jpg
 オーナーは麓の自宅に帰って不在、聞いていたレストランを目指して歩きます。
この付近で建築現場の人に聞いて、ここから下へ歩いて10分位というレストランの名刺を貰い、引き返しましたが、それは10分経っても着かないところ。
 ジョッギング中の紳士に名刺を見せたら、ずっと遠いというので、意を決してまたヒッチハイク!通りかかった一台目の紳士がレンジローバーに乗せてくれました。
f0100593_08264143.jpg
そこはジョバンニというレストランで、歩けば遠いところですが車ならすぐです。
湖畔を見下ろす麓に近いあたり。
f0100593_20223541.jpg
オーダーしたのは魚介類のサラダです。美味しかった。
f0100593_20223909.jpg
帰りは、またヒッチハイクで、2台目の車、母娘連れの赤いクルマが止まってくれ、
無事に宿に戻りました。イタリアの人は親切です。

翌朝、食堂で出会った人たち。右端は植木職人の親方で、残りは弟子の職人ですが、
私と同じようにピアーニ・デルナに登るといっていました。
f0100593_20231858.jpg
オーナーさんです。
f0100593_20232667.jpg
部屋から見えた朝の景色です。
f0100593_20230244.jpg
次回のミラノ編に続く。
by ciao66 | 2014-08-24 11:07 | イタリアを歩く2014 | Comments(8)

45. Roccaの城壁の上を歩いてみる@ベルガモ

翌朝、Rocca(城塞)からベルガモ散歩の続きを始めました。
城壁からすぐ下はまるで田園風景のようです。
f0100593_21563045.jpg
ここからはベルガモのチッタ・バッサの街が一望です。
f0100593_21563532.jpg
ここには大砲、戦車など軍関係の記念品が飾ってありました。
この上にはさらに城壁があって、堅い守りの城塞なのです。
f0100593_21575474.jpg
城塞のメインタワーです。坂道を登り、城壁の下を左手に行くと・・
f0100593_21555605.jpg
そこには、サン・ヴィジリオの丘とチッタ・アルタの街の眺めがあって
f0100593_21561183.jpg
いつつもの塔が並ぶのがよく見えます。
f0100593_21561934.jpg
冒頭の写真のベンチのそばを通り、城壁の下をぐるっと一周して、
探していた入口をこのメインタワー裏手に発見。
これから旗の立つ場所へ♪
f0100593_21560122.jpg
上まで上がってきましたが、少し不気味なお天気になってきました。
でも、面白そうな空中回廊です♪
f0100593_21564827.jpg
糸杉の並ぶてっぺんを行きます。
f0100593_21565218.jpg
眼下の眺めです。
f0100593_21565692.jpg
樹木の繁るそばを行きます。
f0100593_21570832.jpg
角の物見台です。
f0100593_21571253.jpg
樹木が美しい。
f0100593_21571632.jpg
空中回廊を一周しました。あぁ面白かった♪
私は気に入ったいいところだったのに、朝9時半ではまだ早かったのか、ここは誰も居ませんでした。
f0100593_21570042.jpg
城壁歩きのあと、城塞の中にある歴史博物館に入りました。
f0100593_13524167.jpg
中世のころでしょう。
昔のベルガモの地図。
f0100593_13522423.jpg
チッタ・アルタの地形がよく判ります。
これを見るとチッタ・アルタの一番下の岬のように尖ったところも面白そう。
(次回また来たら行ってみたい。)
f0100593_14041140.jpg
次に来たのは修復進行中の旧サンフランチェスコ修道院です。
(ex Convento di San Francesco )
f0100593_13525402.jpg
回廊の向こうはビュースポットですと教えてもらって、
f0100593_13525854.jpg
見えたのはこのような眺めでした。
緑あふれる街ですね。
f0100593_14081131.jpg
展示されていたのは現代芸術ですが、
古い修道院の建物との組み合わせはいいのかも知れません。
f0100593_13530912.jpg
フレスコ画は相当痛んでいた様子ですが、綺麗に修復されていました。
(一時期はは牢獄になっていたので傷んだのでしょう。)
f0100593_13531526.jpg
よく判らない現代芸術は Enrico Prometti という作家の展示会でした。
ここはリッチな街なのでしょう、作家の写真入りの立派な本を頂戴しました。
(これは重いのでB&Bに置いてきました。)
f0100593_13531880.jpg
最後の目的地は、前日場所が判らなかった音楽家のミュージアムです。
f0100593_13544971.jpg
思いがけないところからヴェッキア広場に出ました。
この角度からは広場の裏のドゥオーモのクーポラがよく見えます。
ドゥオーモは確かりにくい場所ですね。
f0100593_13550151.jpg
また昨日の裏道を通って、
f0100593_13551869.jpg
入口を発見しました♪ ドニゼッティ博物館です。
看板は何も出ていないので、通過してしまうのは無理もありません。
f0100593_14012851.jpg
ドニゼッティはベルガモ出身のオペラ作曲家です。
ここには昔のポスターや、
f0100593_13580140.jpg
作家の使ったピアノも置いてあって、
f0100593_14211685.jpg
オペラのアリアも流れて、展示室自体が素敵な空間でした。
f0100593_13580409.jpg
荷物を宿に取りに戻り、ちょうどお昼頃、フニコラーレに乗って街にお別れです。
帰りにはユニークな車両の全景が撮れました♪
f0100593_13595521.jpg
これでベルガモ編は終わり。
次回は山登り編@レッコです。
by ciao66 | 2014-08-22 12:57 | イタリアを歩く2014 | Comments(2)

44. ベルガモの街歩きと教会めぐり

宮殿のようなロココ風の天井ですが、ここは宮殿ではなく教会、
ベルガモのドゥオーモです。
f0100593_17531675.jpg
外観は裏から撮りました。教会なのでやはり十字型です。そして、下の外観写真のアール(曲線)の部分の窓が、上の写真の窓と同じところです。
クーポラ(=ドーム)の下は・・・。
f0100593_18213266.jpg
曲線で囲まれた白と金の世界。
f0100593_17531128.jpg
そして、ここにはフィギュアになったようなマリア様が!
f0100593_17532522.jpg
時間は少し戻り、サン・ヴィジリオの丘から降りてきたところ。
表通りではなく裏通りを通って戻っているのですが、
ここの壁の微妙な曲がり方、なぜか目に新鮮です。
f0100593_17510338.jpg
人はあまり通らない裏道。
表通よりも静かで、これもいい感じです。
(でも人がいないと絵にならないかな)
f0100593_17512389.jpg
城壁の端に来ました。
やはり緑に囲まれた美しい街です。
f0100593_17511171.jpg
先程の道に戻り、また壁の道が続きます。
一人歩いていると絵になります。
f0100593_17513531.jpg
(これは晴れた次の日の写真です。)
裏道を通って、サンタ・マリア・マッジョーレ教会に到着。
f0100593_06423074.jpg
ロマネスク様式の堂内の様子です。
マッジョーレという名前の通り、ドゥオーモよりもこちらのほうが巨大。
f0100593_17522909.jpg
モザイクで埋め尽くされた天井と壁。
f0100593_17522231.jpg
ここには青い目の団体ツアー客が次々とやってきました。
f0100593_17524008.jpg
映画のスクリーンみたい?・・・祭壇です。
f0100593_17523785.jpg
こちらはキリストが描かれたタペストリー。
f0100593_17523310.jpg
聖母のタペストリー。
f0100593_17524486.jpg

教会の後はドゥオーモに寄って、次はラジョーネ宮です。
みな同じ場所なので次々に回れますし、
雨が降りだしましたが、建物に入るので問題なしです。
f0100593_17543101.jpg
赤い傘が一つ。
人がいると、なぜかほっとする写真になります。
f0100593_17543727.jpg
カッラーラ美術館は閉館中なので、ラジョーネ宮に臨時的に移動しています。
(美術館は少し離れた場所なので、観光客にはむしろ都合よし?)
下のは最後の晩餐ですが、この絵は誰が描いたのでしょう?
f0100593_17544334.jpg
赤い服のキリストを囲んで、テーブルは一直線の構図。
f0100593_17544953.jpg
ダ・ヴィンチと同じ構図みたいですが、Alessandro Allori アレッサンドロ・アッローリという作家のもの。メディチ家をパトロンにした16世紀の画家ですが、鮮やかな色彩が印象的です。
f0100593_17545643.jpg
この絵もアッローリです。
f0100593_17545853.jpg
ここは階段が素敵だと思いました。
半分解放されている空間が素晴らしい。
f0100593_17541992.jpg
さて、都合よく雨は止んで、これからB&Bに戻ります。
f0100593_17552290.jpg
右手がB&Bの建物ですが、左手のお店の角を曲がると・・
f0100593_17560029.jpg
そこは教会でした♪
教会の軒先?を商店街に貸していたのでしょう。
どんなところか入ってみます。
f0100593_17561691.jpg
ちょうどころ良い大きさの教会です。
f0100593_17564903.jpg
円形のクーポラももちろん美しいのですが、
こんな楕円のクーポラも個性的に感じて私は好きなのです。
f0100593_17570987.jpg
そしてこの教会の特徴はフィギュア!
マリア様もちょっとふくよかなフィギュアの母子像ですし、
f0100593_17565886.jpg
キリストも優しげなフィギュアに!
親しみを感じるフィギュアではありませんか。
f0100593_17570291.jpg
この教会、ガイドマップにも名前は記載なく、グーグルマップにも書いていません。
名も無いはずは無いのですが・・・・。

次回に続く。
by ciao66 | 2014-08-20 20:56 | イタリアを歩く2014 | Comments(4)

43. サン・ヴィジリオの丘へ バスで登りフニコラーレで降りる@ベルガモ

 サン・ヴィジリオの丘からの眺めです。市の塔からのの眺めも絶景でしたが、ここはさらに展望が広がりました。ベルガモの街全部が一望です♪
f0100593_11523567.jpg
少し時間は戻って、ランチしたバールの前です。(城門のすぐ右隣り)
f0100593_11530004.jpg
ここからクレーンの上にサン・ヴィジリオの丘が見えました。
f0100593_14130282.jpg
すぐそばに、もう一つの城門が有り、これを潜ると、
f0100593_11392850.jpg
サン・ヴィジリオの丘へ行くフニコラーレ(ケーブルカー)の駅なのですが・・・。
ビックリしたことに・・・フニコラーレはお昼休みの時間でした!!
f0100593_11393407.jpg

乗客の少ない時間帯なので、12時45分から午後3時まではバスの代行運転。
とはいえ、ケーブルカーとは違う景色が見られていいかもしれません♪
帰りは乗れるわけだし・・・。
f0100593_11393704.jpg
城門をくぐって戻り、バス待ち時間に少し散歩することにします。 
f0100593_11393007.jpg
バス停前の緑したたる豪邸のお庭です。
f0100593_11394052.jpg
お屋敷の近くからバールの有った方向を振り返ります。
f0100593_11394836.jpg
少し歩いて、眼下に広がる緑の光景。
f0100593_11395280.jpg
向こうに動物を発見!
何でしょう?
f0100593_11414587.jpg
放牧中の馬でした。こんな街のすぐそばで!
f0100593_11414997.jpg
少し散歩した後、このミニバスに乗りました。
f0100593_11415884.jpg
なかなかいい眺めで、バスも面白いではありませんか。
f0100593_11420284.jpg
途中、小さな集落を行ったり来たり、寄り道しながら上がっていきます。
登るだけではなく、地元民の足を兼ねているようです。
f0100593_11420607.jpg
サン・ヴィジリオの丘の終点に到着です。
左の道を行けはお城ですよと教えてもらって、
f0100593_11421823.jpg
登り始めました。右手の建物は・・・
f0100593_11422243.jpg
フニコラーレの丘の上の駅です。まだお昼休み中。
f0100593_11422555.jpg
電車ももちろんお昼休み中 ZZZZ・・・・。
f0100593_11422994.jpg
ここからの眺めは絶景です。
眼下にはチッタ・アルタと向こうにはチッタ・バッサ、ベルガモ全体が一望です。
f0100593_11423372.jpg
緑に囲まれた美しい街♪
f0100593_11423745.jpg
さらに坂を登ります。
f0100593_11424258.jpg
城塞の下に到着です。
むこうに円形の櫓?が見えてきました。
f0100593_11424776.jpg
ここから上がるのでしょう。
少し冒険の雰囲気もして面白そうです。
f0100593_11425071.jpg
こんな階段を登り、
f0100593_11425912.jpg
城塞の上に到着♪
周りは木々が茂って涼しい風が吹いています。
f0100593_11430351.jpg
建物は有りませんが、眺望は有ります。
f0100593_11514869.jpg
あいにく、曇り空になってきましたが、いい眺めです。
f0100593_11430961.jpg
バスはこっちの方から登ってきました。
f0100593_11433887.jpg
そして、北の方向には、さらにもう一つ丸い丘が見えました。
とても気持ちの良さそうな美しい緑に囲まれた住宅地。
f0100593_11432150.jpg
お城の直下はこんな感じ。
下に降りることにしますが、来た道と違うところからも行けるようです。
f0100593_11431745.jpg
帰り道はサン・ヴィジリオの丘の住宅地を通っていきます。
f0100593_11512432.jpg
こんなところのおうちは素敵ですね。
f0100593_11514283.jpg
綺麗なバラが咲いていますし、
f0100593_11520327.jpg
街を見下ろすのは気持ちよさそうです。
f0100593_11515667.jpg
もうすぐフニコラーレの駅です。
自転車おじさんの向こうに見えました。
f0100593_11521656.jpg
サン・ヴィジリオの丘のフニコラーレ、車両はちょっと平凡です。
f0100593_11522037.jpg
でも、眺めは最高!(冒頭の写真です)
f0100593_11523567.jpg
緑の住宅街を抜け、
f0100593_11523904.jpg
正面にチッタ・アルタの塔が見えてきました。
f0100593_11524794.jpg
もうすぐ終点です。
やっぱり、フニコラーレは面白い♪
f0100593_11525118.jpg
見どころが殆ど無料で、24時間通用のベルガモカード(€10)、これだけでも充分お得なのですが、これには市内のバスとケーブルにも使える無料パスまで付いていました。 

次回に続く。
by ciao66 | 2014-08-16 15:24 | イタリアを歩く2014 | Comments(6)

42. Torre Civica からの眺めは絶景だった@ベルガモ sanpo

ベルガモの Torre Civica(市の塔)からの眺めです。さきほどのB&Bの部屋からの眺めもよかったですが、それとは比べ物にならない絶景が広がっています。
f0100593_22285039.jpg
このトッレ・チヴィカは街の中心広場のヴェッキア広場に建ち、鐘楼も兼ねています。
f0100593_22245960.jpg
広場にある噴水です。
f0100593_22322687.jpg
ライオンが鎖を咥えています。ライオンはヴェネツィアの象徴。
ベルガモは一時期ヴェネツィアの領土だったのです。ミラノへは40kmの距離で、
アドリア海は200kmも向こう、当時いかにヴェネツィアが強大だったか。
f0100593_22322908.jpg
市の塔へ上るエレベーターです。元は無かったものでしょう。
楽ちんなのですが、塔の途中で終わり、ここからは階段です。
f0100593_22252876.jpg
煉瓦張りです。
f0100593_22422483.jpg
階段の途中からの眺め。
f0100593_22271308.jpg
上まで来ました。向こうに見えるのはサン・ヴィジリオの丘です。
もう一つのケーブルカーでそこに行けます。
(あちらで、広がる景色を想像すると、わくわくします。)
f0100593_22243997.jpg
広場を眼下に別の方向です。
f0100593_22282667.jpg
三つの塔が少しづつずれて並んでいます。手前は、コッレオーニ礼拝堂、
向うの二つはサンタ・マリア・マッジョーレ教会の塔です。その左には・・・
f0100593_22285457.jpg
丸いクーポラのドゥオーモです。
f0100593_22285870.jpg
石の地肌がむき出しの塔・・・レンガ造りではなく石造りでした。
煉瓦は石の上に貼ってあったのでしょう。
f0100593_22291495.jpg
市の塔から下に降りてきました。
コッレオーニ礼拝堂です。
f0100593_22295740.jpg
こちらは、サンタ・マリア・マッジョーレ教会。二つの塔を見上げます。
f0100593_22301690.jpg
教会とドゥオーモの間。
f0100593_22301134.jpg
もう一つヴェネツィア由来のライオンを発見しました。こちらのほうが立派です。
サンタ・マリア・マッジョーレ教会の入り口です。
f0100593_22302008.jpg
教会はとりあえず外観だけにして、もう一つのケーブルカーへ向かいます♪
f0100593_22324084.jpg
芸術的な崩れかたです。どうみても不思議!
ただ壊れただけではこう美しくはないはず。
よく見るときれいに磨かれています。気に入りました♪
f0100593_22324499.jpg
こんなところを通り、
f0100593_22325370.jpg
建物の下をくぐり抜け、
f0100593_22330486.jpg
中庭のようなところを通り抜け、
f0100593_22334785.jpg
こんどは、城門をくぐっています。
これを抜けて左手に曲がり、
f0100593_22335776.jpg
城壁の建物内にあるCittadellaという名のバールに入りました。
もう1時20分、ここでランチにします。
f0100593_22340027.jpg
 ちょっと変わった雰囲気と思ったのはそのはず、
帰国後調べたところチッタデッラというのは要塞のこと、
城壁に見えたのは要塞だったようで、バールはその一部なのでした。

オーダーしたのは蝶の形のファルファッレというパスタで、
クリームソースがいい感じでした。
f0100593_22340364.jpg
このサラダもオリーブが美味しかったのです。
f0100593_22340753.jpg
次回に続く。
by ciao66 | 2014-08-15 22:39 | イタリアを歩く2014 | Comments(4)

41. 中世の建物の B&B La Torre della Meridiana @ベルガモ

ベルガモで泊まった宿からの眺めです。
眼下はチッタ・アルタのゴンビト通り。
豆粒のように見えます。ここは地上6階です。
f0100593_19473407.jpg
B&B La Torre della Meridiana (ラ トーレ デラ メリディアーナ)の入り口です。
Torre=塔、Mederiana=中世の、というわけで、ここは500年前の建物!
f0100593_19444868.jpg
名前の通り、塔の形です。
丸い窓は上に上がる階段のところで、
B&Bは最上階の6階と5階。
f0100593_20364955.jpg
階段の脇の壁には何か不思議な模様が描いてあります。
その時代のものでしょう。
f0100593_19462011.jpg
500年前の建物ですから、エレベータはなし。(調べて判っておりました。)
でも、荷物をよいしょと運んでも、その価値は有る宿でした。
f0100593_19454431.jpg
青空では無かったのが残念ですが、
最上階の部屋からの眺めの続きです。
周りの風景も中世そのもの。
f0100593_19471769.jpg
塔が見えて、その下には屋根に丸い展望台付きの家、
左手には鳥小屋風?の不思議な形のペントハウスと、建物ウォッチングも面白い♪
向こうには城塞の緑が見えます。
f0100593_20083198.jpg
これは夕方の景色。
夕陽を受けて少し赤みがかった建物を見ると、イタリアらしい光景ですが、
向こうに見える山々の様子は、ここが日本の景色といっても違和感なし。
f0100593_19573179.jpg
B&Bの一つ目のB、Bedのほうです。
部屋の様子は、中世の建物にあった雰囲気で、
f0100593_19475679.jpg
調度品も骨董品で感じのいい部屋でした。
f0100593_19481674.jpg
これは食堂です。
オーナーはここの数室にお住まいで、ゲストルームはたったの2室だけ。
趣味でやっているB&B?という感じ。
f0100593_19485107.jpg
夕方になり、眼下のレストランに明かりがつきました。
オーナーに尋ねたところ、もっと別にお薦めがあるといわれて、
f0100593_19493587.jpg
すぐぐそばのレストラン La Dispensa di Arlecchino に来ました。
f0100593_19494075.jpg
ここで頼んだのはB&Bのオーナーが薦めた、
f0100593_19495124.jpg
ベルガモの郷土料理というCasoncelli Funghi (カーソンチェッリ・フンギ)でした。
Funghi はキノコのこと、ベーコンとチーズも入ったパスタで美味しかったのです。
f0100593_19495681.jpg
夜になり、ランプで盛り上がる雰囲気。部屋を出た廊下の窓です。
f0100593_19500046.jpg
ぐっすり眠って、朝になり、同じところからの景色です。
f0100593_19500570.jpg
B&Bの二つ目のB、Breakfastのほうです。
Bed & Breakfast 両方満足して、眺めもよく、雰囲気もいい素敵な宿でした。
f0100593_19501390.jpg
お宿編のおまけ。
通りに面したお隣は、もとは何だったのかロッジア(回廊)風のアールの付いた建物。
今はレストランかカフェの様子ですが、
f0100593_19445531.jpg
裏から見るとこんな感じ。左端でホテルの建物と繋がっています。
f0100593_20202846.jpg
建物の裏側は、少し不思議な通りなのです。
駐車場・広場・裏通りを兼ねたような意外に広い空間。
f0100593_20204114.jpg
ホテルのあるメインストリートのすぐ裏手という位置で、
このように緑が豊かな様子は意外でした。
f0100593_20204568.jpg
次回街歩き編に続く。
by ciao66 | 2014-08-13 15:05 | イタリアを歩く2014 | Comments(6)