10. ウィーン市立公園の朝の散歩とフンデルトヴァッサー・ハウス

ウィーンの3日目です。朝の8時15分でも公園ならもう開いているでしょう。
U4のシュタットパーク駅からウィーン川に架かる橋を渡って・・・
f0100593_14485051.jpg
音楽家の銅像で有名なウィーン市立公園に来ました。
f0100593_14170539.jpg
ヨハン・シュトラウスの銅像です。
音楽の街らしい、メロディー感のあるデザイン♪
f0100593_14173014.jpg
金色の銅像というのは他ではあまり見かけないので、インパクトも有ります。
(作曲家自らが楽器を弾いて演奏するのが当時は普通でした。)
f0100593_14171889.jpg
ちょっと変わった植物。
f0100593_14180386.jpg
ほんのり色づく木々。
f0100593_14482628.jpg
朝のジョギングの人。
f0100593_14182284.jpg
シューベルトの銅像。
f0100593_14183352.jpg
この二人の音楽家はともにウィーン生まれでした。


ステューベントーアからトラムに乗り、次に来たのはヘッツガッセにある
一風変わった建物、フンデルトヴァッサー・ハウスです。
f0100593_14463525.jpg
1986年に完成したのですが、色彩がカラフルで、曲線だらけです。
f0100593_14200016.jpg
これでも公共住宅だそうです。
キーワードは「植物と共に生きる家を作ること」・・・
ちょっと他では見かけない建物でした。
f0100593_14204261.jpg
9時過ぎ、またトラムに乗り
ウィーン運河を渡って・・・
f0100593_14292828.jpg
次に向かうのは、
プラーターの大観覧車と、ヨハン・シュトラウスの家で、
ついでにマダム・タッソーも見ます。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
# by ciao66 | 2017-10-22 16:56 | オーストリア2017 | Comments(4)

9. ベートーヴェンの散歩道とウィーンの森から見下ろす夕焼け

シューベルトの生家の前からトラムに乗って、グリンツィングに到着しました。
ここは建物の下がトンネルになった面白い駅です。乗ってきた電車はずっと向こうに。
f0100593_21070952.jpg
降りた時の様子はこちらです。もう午後4時40分なので、帰宅する人たちも多い時間でしょう。でも、私はまだやることが有って・・・
f0100593_12465366.jpg
ハイリゲンシュタットにあるベートーヴェンの散歩道を歩き、ホイリゲで夕食し、
カーレンベルク山上の展望台に行くという、まだ盛りだくさんの予定なのです。

38番トラムの終点、グリンツィングの駅を外から見るとこんな感じで、ここだけは単線のループ線になっていると判ります。
(後刻、山に上がる38Aバスの車内から撮った写真です。)
f0100593_21384233.jpg
グリンツィングはウィーンの郊外といっていい場所で、やや高級な住宅地でもあり、
昔の雰囲気を少しまだ残している感じも有ります。(写真は駅前の眺めです。)
f0100593_21390262.jpg
ここから、カーレンベルクにはバスで直行できますが、
時刻が時刻だけに、回る順をよく考えないといけません。
山のふもとは早く日が暮れるでしょう。

暗くならないうちに、先にベートーヴェンの散歩道に行くことにします。
ここから歩いても行ける距離ですが、歩き疲れるのは避けたいと・・・

山と反対方向の38Aバスに乗り、その後D線ヌスドルフ行きに乗り換え、
終点のベートーヴェンガンクで降りました。停留所の名前がベートーヴェンの道、という意味なので、ここなら迷うことなくたどり着けるでしょう。
f0100593_21431405.jpg
現在位置はグーグルマップの黄色いマークのところ。
地図を見ても緑の多い住宅地だと判ります。上の方はブドウ畑が広がるいいところで、近所にはワインの飲めるホイリゲ(紫の↓)が有ります。

ベートーヴェンの散歩道は小川に沿って、地図の青い丸を通り赤い丸まで、進みます。
f0100593_22071844.jpg
トラムの終点から歩き始まましたが、
まだここはベートーヴェンの散歩道では無さそう?
f0100593_21081976.jpg
黄葉の始まった木々を眺めて少し行くと・・・
f0100593_22113544.jpg
ベートーヴェンの散歩道に出てきました。
地元の方にお聞きしたら、これで間違いなしですと。
f0100593_22141323.jpg
少し行くと小さな道角に出て、標識が建っています。
上の標識は「ベートーヴェンガンク」とあり、下のは「エロイカガッセ」。

ベートーヴェンにゆかりの道2本が交差しているというぜいたくな場所。
・・・ガンクもガッセも「細い道」のことです。
f0100593_21084186.jpg
エロイカガッセのほうには行かずに、そのまま直進します。

ここで、交響曲の「田園」が出来たのかと想像しながら、
歩く分にはとても雰囲気はいいのですが、

5時過ぎになって、太陽が傾いて、おまけに周りは木々が茂っていて、
撮影にはちょっと厳しい環境になりました。
f0100593_22181421.jpg
散歩道にはこんな家も点在していますが、羨ましいような環境です。
f0100593_21090246.jpg
お二人が追い越していきました。
地元人ではなさそうですが。
f0100593_22210062.jpg
小川沿いの道はますます暗くなってきました。日の当たるところはまだ明るいようです。まだ道はもう少し続いていたのですが、左に折れてハイリゲンシュタットの街中の方に向かいます。
f0100593_21091565.jpg
カーレンベルガー通りに出ました。
ここを真っすぐ行けば、エロイカガッセに出るはずです。
f0100593_21092156.jpg
昔風の雰囲気ある建物が点在して、なかなかいいところです。
f0100593_22275661.jpg
ここだけ秋が来ているという不思議なスポットを通って、
f0100593_21094023.jpg
エロイカガッセに出ました。これを真っすぐ行けばハイリゲンシュタットの広場でしょう。
f0100593_22285794.jpg
30分ほどの散歩は終了して、プファール広場に到着です。
広場には古い教会が有って、
f0100593_21104451.jpg
周りに、昔からあったような雰囲気ある建物が有っています。
f0100593_21105570.jpg
夕刻の一瞬、いい雰囲気です。
f0100593_21105044.jpg
目的地はここでした。
マイヤーというホイリゲ(・・・ワインの酒場)、
まだ午後5時40分でしたが、もう開いていました。
f0100593_21094716.jpg
看板にはベートーヴェンの顔が有り、その下に「ベートーヴェンハウス」と書いて有ります。一時期ベートーヴェンが住んでいたことが有るのです。なぜ居酒屋に?と思いましたが、「今はホイリゲになっている。」との説明を見つけましたので、ベートーヴェンのころは、普通の大きな家だったと思われます。(←この項修正しました)。
f0100593_21095217.jpg
中に入りましたが、
周りにブドウのつたが伸びた、なかなか雰囲気あるところです。
お店は開いたばかりでまだ空いています。
f0100593_22320199.jpg
席について、ワインを注文し、そのあと看板の向こうの建物に行って、食べ物だけ注文して、それはセルフサービスで運びます。(ホイリゲはそういうシステムらしい)
f0100593_21111269.jpg
ワインが運ばれてきて、みんな揃いました。ポークとポテトサラダ、
見るととても簡単な夕食ですが、これで充分満足。
f0100593_21112348.jpg
さて、夕食を終えて、灯のともった街中を行きます。この少し向こうは、ベートーヴェンの「ハイリゲンシュタット遺書の家」(・・改修中で閉館)でした。
f0100593_22450390.jpg
このあと38Aバスに乗って、午後7時頃
夕刻迫るカーレンベルクの展望台にやってきました。
f0100593_21122792.jpg
眼下にはウィーンの街が広がります。
左手はドナウ川、手前はウィーンの森です。
ちょっとおとなしい夕陽でしたが。
この景色を見たかったのです。
f0100593_21124145.jpg
バスで山を降り、地下鉄を乗り継いでウィーンを縦断し、
ホテルに到着したのは午後8時頃でした。

次回は、「ウィーン市立公園にある音楽家の銅像を巡り、プラーターの大観覧車に乗る」の巻です。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
# by ciao66 | 2017-10-20 22:08 | オーストリア2017 | Comments(4)

8. フロイト博物館とシューベルトの生家に行く

建物の外には旗が4本並んでいます。
この旗は、「ここはウィーンの歴史的建造物です」というサインですが、
訪問者には判りやすく格調も高い目印です。
f0100593_15220072.jpg
ウィーンの有名人は数多いのですが、精神医学者のフロイトのその一人、
ドア脇の呼び鈴の中からフロイト博物館のベルを探して、鳴らします。

階段を上がって・・・
f0100593_15202456.jpg
このドアを開けましょう。
f0100593_15203203.jpg
 ここはフロイトが実際に診療をしていたという部屋なのですが・・・
がらんとした中に、ベッドの模型のようなものが置いてあります。
有名な「寝椅子」の代わりでしょうか、本物は別のところにあるとか。
そのわけは後ほど・・・
f0100593_15203752.jpg
当時はこうだった、という写真でしょう。
f0100593_15204492.jpg
住居と診察室の両方を兼ねた家だったのですが、この部屋はどっちの部分なのか・・・。
ここは想像力が必要なところのようです。
f0100593_15204911.jpg
 フロイトはユダヤ人でしたので、47年間暮らし続けた家でしたが、
ナチスの手をのがれるために、1938年にロンドンに亡命しました。
それで、部屋の中が「がらんどう」なのは納得です。
多くの物はフロイト博物館(ロンドン)に有るそうです。
f0100593_15205598.jpg
でも、こちらのお部屋には家具がちゃんと有りました。
ソファーは待合室の椅子?
これで少しは昔の姿を偲ぶことができます。
f0100593_15210644.jpg
窓から見える裏庭ですが、これはフロイトのいた当時と同じ眺め?
f0100593_15212161.jpg
ワンフロアの図面ですが、結構広いお部屋。
これ全部だったかどうかは?ですが。
f0100593_15330886.jpg
見学を終えて、階段を降りて、建物の(共用部分の)ホールです。
f0100593_15215035.jpg
振り返って建物を下から見上げます。
白抜きの大きなFREUD(フロイト)の看板が、とても判りやすいのですが、
ひょっとして目立ちすぎかも・・・。
f0100593_15220530.jpg
ここは、例えればファウルチップのような?博物館だったかもしれませんが、
ロンドンの方も機会が有れば見たいものです。(ロンドンの様子はこちら。)

またD線に乗って、今度向かうのはシューベルトの生家です。
f0100593_15243212.jpg
途中で、人々が乗り降りしているのを撮ってみたり、
f0100593_15245122.jpg
別の停留所のフランツ・ヨーゼフ駅前でも撮ってみたり、
f0100593_15340479.jpg
10分ほど乗ってAlthanstrasseで降りました。
f0100593_21262912.jpg
 グーグルマップの写真ですが、これは旅の前に調べで準備してあったものです。
右下からトラムのD線が上に走り、右上のAlthanstrasseで下車。

紫色のマークにシューベルトゆかりの教会が有り、
赤いマークがシューベルトの生家、黄色いマークは「魔王の家」です。
これから順に回ります。
f0100593_21243807.jpg
シューベルト教会(リヒテンタール教会)が見えてきました。
f0100593_15253001.jpg
後ろ側から近づきます。
f0100593_15253556.jpg
教会はツインタワーです。
f0100593_15254056.jpg
白を基調にした優雅な教会。
少年時代のシューベルトが聖歌隊をしていたのはここでした。
f0100593_15254650.jpg
天井画です。
f0100593_15255194.jpg
後ろ側を見上げるとパイプオルガンが有ります。
f0100593_15255669.jpg
 ここは美しい、素晴らしい教会でした。
教会をあとに、シューベルトの家に向かいます。
シューベルトもこの道を通ったことでしょう。
歩行者専用の路地にある面白い階段を上がっていきます。
f0100593_15260115.jpg
 シューベルトの生家の前に、立ち寄ったのは近くに有る「魔王の家」。
18歳の時に「魔王」を作曲したという家ですが、住んでいたのは、
1801年から1818年の間で、シューベルトが4歳から21歳までの間です。

 今ではなんと、シューベルト・ガレージという自動車修理工場になっています。
外観はちゃんと保存されている気配なのです。
ここだけ道路よりも建物が出っ張ったままなのは、周りの建物が変わったのでしょう。
f0100593_15262727.jpg
さて、こちらがシューベルトの生家です。
これ全部ではなくこの一部で、白壁の家の2階部分、今見えている窓がそうです。
f0100593_15263316.jpg
2階廊下からの建物の眺めです。
(このアングルが見栄え良がいいためか、良く紹介されていますが、
写っていない手前の道路に面した側がシューベルトの生家です。)
f0100593_15263958.jpg
  部屋に入りました。豊かな家庭ではなかったので、とても質素な部屋です。
 シューベルトの父は小学校の先生で、当時は小さなこの家が昼間は校舎(教室)なのでした。
 シューベルトは4歳までここに住んでいて、その後、先ほど見た「魔王の家」に引っ越します。
f0100593_15264912.jpg
シューベルトの顔。
f0100593_15271620.jpg
シューベルトのピアノ。
f0100593_15272314.jpg
シューベルトの眼鏡。
f0100593_15272855.jpg
台所のあとのようです。まさに前々世紀のような?雰囲気。
何もないので様子はさっぱり判りませんが。
f0100593_15281381.jpg
家からの眺めです。昔もこんなだったか?と思ったのですが、
当時と様子はすっかり変わっているかもしれません。
f0100593_15280434.jpg
戸外の中庭に有った井戸です。
多分シューベルト一家もここを使っていたのかと思われます。
トイレもこの並びに有りました。(鍵をお借りして、使わせていただきましたが。)
f0100593_15283552.jpg
シューベルトの伝記なども読んで行きましたので、
ここでシューベルトが暮らしていたかと思うと、感慨深いものが有りました。

続きは、この日の夕刻の散歩の記録です。
ベートーベンの散歩道と、ウィーンの森から見下ろす夕焼け。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
# by ciao66 | 2017-10-18 19:46 | オーストリア2017 | Comments(2)

7. 軍事史博物館とベルヴェデーレ宮殿に行く

ここはウィーンの軍事史博物館ですが、ここに来てみるまで、こんな建物だとは思ってもいませんでした。ここが元々は武器庫だったとは、驚きです。
f0100593_20061453.jpg
まるで王宮のような金色の輝き。
f0100593_20063221.jpg
大きなドームに美しい絵。
f0100593_20062630.jpg
絵画以外の部分は、ちょっとオリエンタルなデザインです。
絵が無ければモスクのドームに似ています。
f0100593_20063977.jpg
アールの天井が美しいのですが、
展示部分は、エントランス部分のようには豪華ではなく、普通の感じです。
f0100593_20065356.jpg
さて、展示を見て見ましょう。
軍事博物館というのはちょっと珍しいジャンルです。

歴史的にオーストリア帝国は軍事的にはあまり強い国では無かったのです。

でも、オスマントルコに攻められた1683年には跳ね返しました。
有名なウィーン包囲(2次)です。丸い砲弾はその頃のもの?
f0100593_19560645.jpg

それからほぼ100年後の1757年、
オーストリア継承戦争で負けっぱなしだったマリアテレジアが、
初めてプロイセンに勝ったコリンの戦いの時の戦利品でしょう。

相手はフリードリヒ2世の時代です。その時の記念碑があのグロリエッテでした。
その後またプロシャにはやられっぱなしになるのですが・・。
f0100593_20072331.jpg
フランス革命(1789年)のあと、ヨーロッパ中がナポレオンに占領され、オーストリアも同様でしたが、そのころ使われた始めたのが気球です。
f0100593_20071841.jpg
その天才ナポレオンも、結局は全ヨーロッパを敵に回して、負けて島流しになってしまいます。
f0100593_20070840.jpg
その後、ウィーン体制の平和な時代になったかと思ったら、次は革命の時代。
パリの2月革命がヨーロッパ中に波及して、オーストリアでも大変なことに。
内戦があちこちで起こります。
f0100593_20072977.jpg
その後、平和な世紀末の時代を経て、飛行機の飛ぶ時代になって、第一次大戦がはじまります。これはアルバトロスB2というドイツの飛行機です。
f0100593_20074907.jpg


その第一次大戦の引き金となったのがサラエボ事件です。

1914年6月28日、オーストリア=ハンガリー二重帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公と妻のゾフィーは、ボスニアの州都サラエボで銃撃されました。

このサラエボ事件の1カ月後、オーストリア=ハンガリーはセルビアに宣戦を布告し、それが第一次世界大戦の端緒となりました。

その時フランツ・フェルディナント大公夫妻が乗っていたのがこの自動車です。
軍事史博物館で一番の見るべき展示物はこれでしょう。

f0100593_20080048.jpg
運転席です。
f0100593_20080985.jpg
銃弾の貫いた跡が生々しく残っている車体。
f0100593_20364992.jpg
残されたフランツ・フェルディナント大公の服です。
f0100593_20082557.jpg
当時の報道写真などを纏めた記事のリンク。↓

サラエボ事件から100年 第一次世界大戦の引き金となった暗殺を写真で振り返る

偶発事件から起こったというところが、危なっかしいですが、

今でも似たり寄ったりかもしれず、そんなことが起きないことを祈りつつ、

風格ある建物を振り返ります。
f0100593_20083885.jpg
30分ほどの駆け足見学でした。ホップオン・ホップオフバスにまた乗ります。
建物の真ん前まで付けてくれるので、これは助かりました。
f0100593_20312467.jpg
公園のようなところを抜け、次に向かうのはすぐそばに有る・・・
f0100593_20085310.jpg
ベルヴェデーレ宮殿です。到着しました。
f0100593_20091337.jpg
女性のような、羽の生えた馬のような・・・不思議な像です。
f0100593_20093268.jpg
建物に入りました。窓の形が独特です。
f0100593_20094495.jpg
昔はオイゲン公の宮殿でした。
オイゲン公は、オスマントルコが攻めてきたときに活躍した英雄ですが、
いまでは美術館になっていて、
f0100593_20100090.jpg
クリムトの「接吻」が有ります。うまく写せませんでしたが・・・。
f0100593_20472016.jpg
クリムトの遺作「The Bride」(未完成)。ぼやけてしまいましたが・・・。
f0100593_20104064.jpg
この庭はみごとでした。ベルヴェデーレ、美しい景色という意味の言葉通り。
視線の向こうはウィーンの旧市街。大聖堂の塔も見えます。
f0100593_20105587.jpg
ここも30分ほどの駆け足で見て、またホップオン・ホップオフバスに乗ります。
f0100593_20111618.jpg
こんどは最前列を確保。
やはりここが一番眺めがいい!
f0100593_20112673.jpg
オペラ座の前で、トラムD線に乗り換えて中心部を縦断し、
中心市街地の北側に出てきました。
f0100593_20125420.jpg
次回はフロイト博物館とシューベルトの家の周辺です。


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。
# by ciao66 | 2017-10-15 21:25 | オーストリア2017 | Comments(4)