2007年 11月 01日 ( 1 )

「封人の家」と堺田分水嶺

2007年10月28日(日)の続きです。
 鳴子から10kmほど歩いて目的地、堺田の「封人の家」(ほうじんのいえ)に着きました。午後1時10分。
 もうここは山形県の領域で、「封人の家」とは国境を守る役人の家のことです。300年以上前の建物。
そして、ここは松尾芭蕉が宿泊し一句を詠んだところです。
 
f0100593_18285830.jpg

「大山を登って日すでに暮れければ、封人の家を見かけて宿りを求む。三日風雪荒れてよしなき山中に逗留す。」(・・・・「おくの細道」)
  芭蕉は梅雨時の大雨で2泊3日この家に滞在したのです。
 旅の続きはMore↓をクリック。

More
by ciao66 | 2007-11-01 20:30 | 東北あちこち | Comments(2)