<< 雨の街 奥新川ライン☆かくれ滝橋~清水滝まで >>

JR仙山線「奥新川駅」と四ノ沢橋梁

JR仙山線の四ノ沢橋梁です。
場所は奥新川駅から奥新川ラインの遊歩道沿いに1kmほど西。
 渓谷ははるか下、 たぶん標高差40mは有るでしょう。
25,000分の1地図で計測してみました。
f0100593_1847152.jpg

続きはMore↓をクリック。




遊歩道は橋げたのすぐ下を左にカーブしながら通り、またもう一度下をくぐります。
この遊歩道が昔の森林鉄道跡です。
f0100593_1846572.jpg

橋脚はなかなか存在感が有ります。
f0100593_18473064.jpg

鉄橋の裏から見上げます。
f0100593_18475670.jpg

名前はこれで判りました。
f0100593_18481386.jpg


はるか下の渓谷から鉄橋を見上げたときのショット。
後で、この鉄橋だと気づきました。
f0100593_1782985.jpg

静かなせせらぎの音の中に、ゴーッと音が近づきます。
f0100593_1794758.jpg


奥新川の駅票です。(おくにっかわ)
f0100593_16552354.jpg

めったに電車は来ません。
半数は通過していき、日中2時間待ちは普通。
f0100593_19112594.jpg

帰りの電車。14時12分発快速仙台行です。
これに合わせてゆっくり散策しました。
f0100593_18493670.jpg

 ここは秘境駅。
当然無人駅ですが・・・
この駅ではきっぷは売っていません!

 かわりに、ちょっと珍しい機械が有ります。
・・・・「乗車駅証明書発行機」・・・・・
ボタンを押すと、レシートのような用紙の証明書が出てくるのです。
駅名・発行日・時間が印刷された乗車証明書です。

 ちょっと貴重な体験です(笑)。
by ciao66 | 2008-08-12 19:40 | 仙台散歩 | Comments(4)
Commented by inakamon55 at 2008-08-13 22:46
仙台散歩、見せていただきました。
ciao66さんの写真は自然景観が綺麗に撮影されてて、何気ない写真なのかもしれませんが、とてもいききしています。
奥新川駅。地図で確認いたしました。
最近、東北方面の地図を見ていなくて、知らなかったことを発見してしまいました。仙台市と山形市は県庁所在地ながら隣町だったとは・・・・・。
結構地理には詳しいと自負していたつもりでしたが、平成の大合併もあったことですし、合併が落ち着いたら(今、我が町も隣町と合併協議中)日本地図を買って眺めなくては。
Commented by ciao66 at 2008-08-14 07:06
新しい地図を眺めているといろんな発見が有って面白いですね。
 ところで、県庁所在地ながら隣接しているのは、仙台市と山形市の他は一カ所、京都市と大津市が有るだけです。
 でも、仙台・山形が隣接するようになったのは、最近のことで、仙台市がちょっと大きくなった1988年(昭和63年)からなのです。 
 奥新川あたりは奥羽山脈のまっただ中になりますので、とても自然豊かで、渓谷を登り、山越えする仙山線に乗るのはいつも楽しみです。
Commented by はなみずき at 2008-08-16 18:33 x
ペンギン様
「奥新川」編が盛り上がっている最中、我が家では、ニッカウヰスキー
宮城峡蒸留所に行ってきました。
 広瀬川と新川川との合流点。清冽な水に恵まれ、空気が澄んでいて、
適度な寒冷地であり、乾燥しすぎない事などのウイスキーづくりに
必要な諸条件を満たしている所らしいです。
 こんな綺麗な水を拝見すると、こんな説明が大いに納得でき
ますね。
 
Commented by ciao66 at 2008-08-16 21:11
新川川の清流で水割りをつくり、その味を確かめて、蒸留所をこの場所に作る、と決めたようですね。
東北の川という川を見てまわって、ここが一番だった、というのですから
綺麗な水なのでしょう。
 そして、にっかわがわ、と、ニッカの発音が偶然符合していたのは運命的でしょう。
 昔、ニッカ宮城峡蒸留所には一度行きましたが、こんな話は記憶に残っていませんでした。  
 と、ここまで書きながら・・・
「最近、ウィスキーを飲んで無かった。」と思い出し、ちょっと飲んでみたくなりました(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雨の街 奥新川ライン☆かくれ滝橋~清水滝まで >>