<< 上賀茂神社☆ならの小川 夏の京都へ >>

大徳寺高桐院から鷹ヶ峰へ

京都の旅は大徳寺から始まりました。
ここは一休和尚ゆかりの禅寺です。
とんちの一休さんは創作の話だったようですが、実在の一休和尚は
戒律や形式にとらわれない人間臭い生き方の人だったという。
そして室町時代には応仁の乱で荒廃したこの寺を再興したのが一休和尚。
f0100593_21385228.jpg

「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」(一休)
大徳寺は地下鉄北大路駅から1.1km、バスで4分。
続きはMoreをクリック。



千利休によって増築された三門の二階部分が見えます。
ここに利休の像を安置したことから秀吉の怒りを買い
利休自決の原因となったということです。
f0100593_2139712.jpg

午前11時頃。この日の気温34℃。影を探して歩きます。
f0100593_21395219.jpg

大徳寺の中でも涼しそうな所。
塔頭の高桐院 (こうとういん) です。
f0100593_21413234.jpg

緑も綺麗です。紅葉ならもっと綺麗な場所でしょうが・・・
f0100593_21442334.jpg

方丈の庭。じっくり座って休憩しました。
f0100593_21465153.jpg

そして、ここにも利休の謂れのあるものが有ります。
右の方の「角」の部分が欠けているこの灯篭。
わざとキズものとしたのは利休。
豊臣秀吉と細川三斎公のふたりからこれが欲しいと請われて
「傷ものになったので差し上げられません」と秀吉の請を退け。
利休割腹の際、あらためて三斎公に遺贈されたという。
f0100593_21474355.jpg

苔が美しい。
f0100593_21485968.jpg

@@@@@@@@@@
大徳寺そばの今宮神社へ寄り・・・
f0100593_20274147.jpg

佛教大学前まで徒歩5分。
ここから鷹ヶ峰へはバスで6分。
市バス一日フリーパス500円也が役立ちます。

ちょっと変わった丸窓の楼門は鷹峰山源光庵です。
f0100593_1936971.jpg

迷いの窓。
f0100593_19365878.jpg

悟りの窓。
f0100593_19371014.jpg

ネーミングは見事ですが、
?????
「迷い」の方は四苦八苦。
「悟り」の方は、禅と円通の心??
円通とは「周円融通」の略で・・・
智慧によって悟られた絶対の真理は、あまねくゆきわたり、その作用は自在であること。
・・・凡人にはよく判りません。
@@@@@@@@@@@
京都の夏、続きは
世界遺産、上賀茂神社です。
鷹ヶ峰から2km少々、ここはタクシーでショートカットします。(次回)
by ciao66 | 2008-07-07 21:30 | 関西うろうろ | Comments(2)
Commented by はなみずき at 2008-07-08 20:58 x
なかなか行けない憧れの京都!
それにしてもツアーでも個人旅行でも、とてもこんなには
まわれません。旅なれたペンギンさんならではと・・・
 凡人は頭を捻りながら理解しようとしています。
緑が本当に美しいですね。シリーズ、楽しみに拝見します。
Commented by ciao66 at 2008-07-08 22:07
季節ごとに違う表情を見せ、緑が美しい京都でした。
しかし、深緑となったこの時期、コントラストがとても強く、木陰となった部分は意外と暗いので写真を写すにはちょっと苦労しました。
それでピンぼけ写真、ボツ写真の比率高し(笑)。
 そして1日で回ったのはちょうど半径2kmの範囲に集中しています。
移動時間バスで10分位のところを順々に回る。
バス停で時刻表をデジカメに撮っておきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 上賀茂神社☆ならの小川 夏の京都へ >>