<< 多賀城・夏☆☆あやめ祭り編 こんなみち知らなかった。 >>

多賀城・夏☆今野家住宅と多賀城廃寺編

梅雨の晴れ間に多賀城に行ってきました。
写真は国府多賀城駅から多賀城廃寺に向かう途中の
涼しそうな木陰の散歩道です。
f0100593_14431120.jpg

多賀城廃寺→あやめ祭り→壺の碑→国府多賀城跡を4回シリーズでレポートします。
第1回目の続きはMoreをクリック。





まずは仙台駅。東北本線2番ホーム、9時41分発小牛田行きに乗ります。
f0100593_16514327.jpg

10分少々で国府多賀城駅到着。
f0100593_16522114.jpg

駅の右手、多賀城廃寺へ向かいます。
f0100593_14412859.jpg

途中に有る江戸時代の庄屋さんのお家、「今野家住宅」です。
ここは東北歴史博物館の敷地内ですが入場無料区域なのです。
写真は「チューモン」と呼ばれる茅葺の馬屋+物置。
f0100593_14414124.jpg

中央が「ホンヤ」。
中を見学しましたが、畳の間は代官が来た時にしか使わなかったとか。
f0100593_1441598.jpg

名前はちょと判りません・・・庭の花。
f0100593_1443184.jpg

「今野家住宅」から森を抜けると多賀城廃寺に行けます。(冒頭写真)
f0100593_14431120.jpg

多賀城廃寺到着。
敷地はすごく広いのに建物は何にも残っていません。
そして・・・日差しが強い。
コントラスト効いてます。
木陰を探して歩く(笑)。
f0100593_14432222.jpg

今日は気持ちいい風が吹いて、木陰なら涼しいのです。
f0100593_14441939.jpg

廃寺、ですが最近名前が解ってきたそうです。
7世紀の観音寺というお寺であった可能性が高い、らしい。
f0100593_14443419.jpg

多賀城廃寺そばに有りました。朴の木 (ホオノキ)の花でしょう。
f0100593_16535391.jpg

(次回は「多賀城あやめ祭り編」)
by ciao66 | 2008-06-28 17:50 | 仙台散歩 | Comments(2)
Commented by at 2008-06-28 22:41 x
ほぼ地元のようなものですが、ここまで詳しくは知りませんでした。(学校の遠足で行ったくらい)
最後から2番目の画像でゴルフ場のティグラウンドを連想するって、無粋ですかね?

>>廃寺、ですが最近名前が解ってきたそうです。
7世紀の観音寺というお寺であった可能性が高い、らしい。


カンオンジ?それともカンノンジ?さてさて?

少なくともアルプスの少女とは関係無いですね。
ハイ、お後がよろしいようで・・・・。失礼。

Commented by ciao66 at 2008-06-29 09:28
「観音寺」と墨書された灯明皿(とうみょうざら)、が多賀城廃寺の名称の手がかりとされたのですが・・・
 多賀城市のサイトによると(「かんのんじ」めいぼくしょどき)と振りがなされています。
答えはカンノンジのようですね。http://www.city.tagajo.miyagi.jp/monosiri/bunkazai/sisitei/mo-bu-si-kannon.html
そして、あの「ティグラウンド」には何が有ったのでしょう。
確かにそのまま使えそう(笑)。
気になって調べました。
やはりゴルフでは無く・・・・塔が建っていたようです。
http://www.thm.pref.miyagi.jp/tagajyo/map05_zoom03.html(復元模型:東北歴史博物館)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 多賀城・夏☆☆あやめ祭り編 こんなみち知らなかった。 >>