<< 初夏の花壇 定禅寺通の初夏のケヤキ >>

ミラーの空

「ミラーの空」と書きましたのは仙台メディアテークの建物に反射した空です。
明るい光が反射して空がきれいと思って写しました。
以前のTV「世界ふれあい街歩き」バンクーバー編で言ってました。
壁がガラス張りなのは空を映して、景観に取り込むためだ、と。
なるほど・・・・
f0100593_15292461.jpg

メディアテークの図書館で借りてきましたのは
イザベラ・バードの「日本奥地紀行」
文明開化の時代、明治11年の東北地方を旅したイギリス人女性の旅日記。
宮本常一のこの本に関する講演会記録を先に読んだのですが、
明治初期の日本人の庶民の姿がとても興味深い本です。
@@@@@@@@@@@
前日の大地震、被害はまだ拡がっているようで気がかりですが
楽天は連敗ストップでちょっと救われる明るいニュース。
エース岩隈も本調子ですね。
by ciao66 | 2008-06-15 18:50 | 仙台散歩 | Comments(4)
Commented by はなみずき at 2008-06-16 20:55 x
ぺんぎん様
 地震、怖かったですね。私、無事でした。
30年前はうろたえて部屋の中を、歩きまわっていましたが、
今回は我が家で最強と思われるテーブルの下にもぐって
揺れが収まるのを待っていました。
 これからもいつどんな時に、と思うととても不安です。
被害にに逢われた方の事を思うと胸がいたみますが
こんな綺麗な写真を見ると元気がでますね。
ケヤキも何と美しい事でしょう!
Commented by ciao66 at 2008-06-16 21:36
はなみずき様 ご無事で何よりでした。
宮城県沖地震からちょうど30年+2日の日だったんですね。
 今回は陥没した穴は大きさ1.5kmも有ったらしく
大地が大きく変化する凄い地震にはびっくりしました。
 地震はいつも突然で、今後も気になりますが
もうしばらく来ないことを期待し、来てもその時はその時と・・・
 ところで、ガラスに映った空ですが、
青空だけでは迫力なし、曇りではもちろん×。
綺麗に見えるのは適当に青空と雲の両方ともが見える時のようです。
ちょっと意識して上を見上げないと判りませんが・・・・

Commented by yjj7top at 2008-06-17 23:25
余計な話ですが、新しい建築基準法(6月施行)ではこのような硝子張りの建物は建てられなくなります。
カーテンウォール(硝子張りのサッシ)が全て耐火仕様でなければならなくなった為、硝子を支えるアルミサッシがこれまでよりもかなり太くなります。
おまけに高価になる為、硝子の面積が小さくなる(硝子張りでは無く、壁+窓になる)と思います
Commented by ciao66 at 2008-06-18 21:58
時代が変わったのちにカーテンウォールを見ると、「あっ古っ・地震に危なそう」と思うのでしょう、かあるいは
、「あの時代特有のデザインで希少性があるね」と思うようになるのでしょうか・・・・
いずれにしても、このような軽快な建築様式はこの時代特有のものだった、ということになりそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初夏の花壇 定禅寺通の初夏のケヤキ >>