<< 旅の後の読書 「封人の家」と堺田分水嶺 >>

列車から見た鳴子峡の紅葉パノラマ

207年10月18日(日)の続きです。
 JR陸羽東線堺田駅13時45分発の列車に乗車しました。
堺田駅から鳴子温泉駅まで乗車時間はわずか13分間。
 でも両側に山を見ながらの景観はなかなか良いところです。
青空も綺麗ですが鳴子峡の景色は列車から見られるでしょうか。
f0100593_18484911.jpg

続きはMore↓をクリック。



先ほどまで歩いていました「出羽仙台街道」中山越えのルートは、紅葉の山と緑の森のあいだの山裾付近でしょう。
f0100593_1849267.jpg

列車ではあっという間(笑)。
f0100593_18495099.jpg

 紅葉の山を潜るトンネルです。
何回目かのトンネルで列車はスピードを緩めました。
 鳴子峡に差しかかかったので、この時期のJRの顧客サービスでしょう。
私はカメラを構えてトンネルを出るのを待ちます。
f0100593_1850747.jpg

撮れました!
列車が鳴子峡を通過する時間は数秒間なので・・・瞬間技です(笑)。 
f0100593_18323665.jpg

地図はこの辺り。展望スポットの鳴子峡中山平口展望台の近くです。そちらの方が素晴らしいパノラマでしょうが、列車からも瞬間、見ることが出来ました。

鳴子へ来たからには温泉でしょう!鳴子温泉駅で13時58分下車。
日帰り温泉の「はしご」です(笑)。
まずは、湯の街通りを通って徒歩5分の「滝の湯」へ。
 ここは温泉神社の御神湯を使った1000年の歴史の名湯と言われます。
お湯は熱いのと、ぬるいのが有りましたが、狭くて結構混んでましたのでゆっくりは出来ず。
 写真は裏手のお湯を引いてくる所で、樋から豊かにお湯が出ています。
f0100593_18504023.jpg

 次は、「早稲田桟敷湯」・・・ここは歴史が浅く昭和23年に出来ました。
早稲田大学の学生がボーリング実習して掘り当てたというところです。
 やはり建物は早稲田大の設計でなかなか洒落ていて、共同浴場らしくない感じ。
お湯加減も良く、建物や湯船も広くここはvery goodでした。
f0100593_18505343.jpg

 2軒のはしごで1時間少々。いつも忙しい旅です(笑)。
15時3分発の小牛田行きディーゼルカーに乗り。小牛田で仙台行き電車にすぐ接続。
途中で綺麗な夕陽を見て仙台着は16時59分でした。
f0100593_18541217.jpg

by ciao66 | 2007-11-02 20:20 | 東北あちこち | Comments(4)
Commented by futakidで~す♪ at 2007-11-02 21:39 x
特撮☆ですネ~鳴子峡の紅葉を始めて見ました~(*^_^*)
本当にキレイですね~(^.^) 芭蕉の路をたどっただけではなく、鳴子の紅葉と温泉を満喫したなんて贅沢な週末を過ごされたのですね。
夕焼けの写真もとてもきれいです。実際に見たくなりました~(*^_^*)
Commented by ciao66 at 2007-11-02 22:16
電車の中でうとうと眠っていましたが、ふと目が醒めて見えたこの夕陽。綺麗だったのはちょっとのあいだ、「つるべ落とし」の秋の夕日です、すぐに暗くなってしまいました。
 実際の夕陽はやや平凡だったかも。写真写りのいい夕陽(笑)。
Commented by はなみずき at 2007-11-03 21:15 x
鳴子峡の一枚の写真は絶品です。
何十枚も撮った我が家の写真はどれもいまいちで目に焼き付けたあの色ではない
のです。このチャンスを逃さない様にという思い入れが差をつけたのでしょう。
 一緒にひとあじ違った旅を」させていただき感謝です。
 
Commented by ciao66 at 2007-11-03 22:09
気合で撮りました(笑)。心持ちぶれてますが・・・
紅葉は陽が当たっていないと綺麗に撮れないのですが、午後の陽があたって明るく写りました。
列車が鉄橋で一旦停まってくれたらゆっくり見れて良いのですがね~(笑)。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 旅の後の読書 「封人の家」と堺田分水嶺 >>