<< 街中の紅葉 青葉の森10月観察会 >>

フランス・レンヌ・フェスティバル

2007年10月20日(土)
 今日・明日、仙台は「フランス・レンヌ・フェスティバル」。
一番町商店街では楽しいパフォーマンスが!
レンヌから来たKezako`sの“王と王女”です。
写真は王女ですが、とにかくbig。ユーモラスに動いて面白い。
f0100593_13111665.jpg

フェスティバルの続きはMore↓をクリック。



フランスのレンヌは仙台と姉妹都市なのです。
蝶と蜂?の妖精は竹馬の様なもの・・・鉄馬?に乗っかっています。
f0100593_1375117.jpg

これは王様でしょう。
f0100593_13115618.jpg

衣装の柄はフランスらしくもあり、日本の着物のようでも有ります。
右手の赤いのは蜂でしょう・・・大きな尻尾です。
宙返りやジャグリングも有り、お互いに駆け引きしながら歩く姿は面白いのです。
f0100593_13241888.jpg

王と王女の正体はこれ!
おなかの中に人が隠れていました。
f0100593_13165498.jpg

レンヌって何処か判りませんでしたが、ブルターニュ地方に有ることが判りました。
 ブルターニュは紀元前56年カエサルに征服されローマ帝国の統治下に入り、その後ブルターニュ公国として独立していましたが、16世紀になってフランスに統合されました。
 その紀元前から今までの歴史の間ずっ~とケルト人の子孫ということに誇りを持って文化が伝えられてきて、フランス人という前に自分はケルト人という意識らしいのです。
  ケルトといえばアイルランドやスコットランド、ウェールズと同じですね。
明日も有りますよ!公式サイトはこちら

最後にレンヌの人々です。
民俗舞踊団の方達がモデルになってくれました。
f0100593_18294555.jpg

by ciao66 | 2007-10-20 17:30 | 仙台散歩 | Comments(2)
Commented by はなみずき at 2007-10-20 18:39 x
情報、ありがとうございました。おしゃれな楽しいお祭りですね。
ブルターニュ地方はワインも美味しいところではないでしょうか?
明日は行ってみたいです。実は私、友人数人で「人形劇」をやってまして、この
パホーマンスは大いに関心ありです。
Commented by ciao66 at 2007-10-20 19:21
ワインも売っていましたし、カフェも有り、楽しいですよ。お薦めです。巨大マリオネットのパフォーマンスは一番町藤崎の傍で11時と4時30分、サンモールのほうで2時15分からです。詳しくはリンクの公式サイトをご覧下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 街中の紅葉 青葉の森10月観察会 >>