<< 冬の京都は美しかった(その2:... 三居沢発電所と三居沢不動尊 >>

冬の京都は美しかった(その1:嵯峨野散歩)

2007年2月10日(土)
嵯峨野の竹林、朝早く人が少なくていい感じです。
京都に30数年ぶりにやって来ました。
f0100593_836759.jpg

続きはMoreをクリック。



↓竹林をアップで。
f0100593_8361815.jpg

↓通りかかったのは日本唯一の珍しい「髪の神さま」・・・御髪神社。ガイドブックにも無し。
小倉池が鏡になって綺麗なところです。
「髪は人身の最上位にあって造化の神より賜った美しい自然の冠」(御髪神社)
f0100593_8324132.jpg

↓境内の絵馬には髪の長寿の願いや、理容・美容関係者の願いが!
f0100593_10345678.jpg

↓小倉池の傍を通ってさらに北に落柿舎・常寂光寺方向に行きます。
f0100593_951230.jpg

↓落柿舎に来ましたが冬場の開門は10時からなので入れません。
落柿舎は芭蕉の門人、向井去来の別宅。
f0100593_8524339.jpg

常寂光寺は9時開門、丁度そのころに来ました。
↓山内の雰囲気のある道を登ります。
f0100593_8354327.jpg

↓眼下は仁王門。
f0100593_8355197.jpg

↓苔が美しい。
f0100593_10121936.jpg

↓梅も既に咲いていました。
f0100593_1011551.jpg

↓常寂光寺の山門近くの民家にあった黄色い花ですが・・・what?
このあたり一帯は歴史的風土特別保存地区の小倉山特別保存地区に指定されているので、景観が特に保護されているようです。こんな素敵な環境の中の家は希少価値。住んでみると人生観変わるかも・・・・
f0100593_8544245.jpg

↓冒頭の竹林からちょっと時間を遡り、朝8時頃の嵐山、朝早くは、人が少なくゆっくり・のんびりと眺めを楽しめます。大堰川(おおいがわ)の流れは綺麗。
ココより上流は有名な保津川、もう少し下流では桂川ところころ名前を変える川です。
最後は淀川ですが・・
このあたりも、歴史的風土特別保存地区で景観は素晴らしいし、よく保護されている感じです。
f0100593_902766.jpg

↓亀山公園展望台から保津川を望む。写真右手の山が有名な小倉山、ここから更にだいぶん登ったところのようです。
f0100593_963597.jpg

↓天龍寺そばの石仏群。新しそうですがちょっと変わっていて面白い感じです。
f0100593_8291733.jpg

 前日は日帰り出張だったのですが、丁度金曜日なので仙台には帰らず、宿泊は「自費」で(・・・強調!)本日はプライベートというわけです。
(京都散歩は次回に続く。)
by ciao66 | 2007-02-11 13:36 | 関西うろうろ | Comments(4)
Commented by at 2007-02-11 18:10 x
静寂が染み入りますね。
黄色の花は蝋梅かな?
Commented by ciao66 at 2007-02-11 18:48
蝋梅!有難うございました。これでまた一つ覚えました。
 検索してみたら「北の森工房」さんに綺麗な蝋梅の写真がありました。
http://www.kitanomori.com/flowerf/blog/blog9.html
 ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B%E6%A2%85にも記載がありました。・・・一説では花被片が蝋細工のようであったことから蝋梅と呼ばれるが梅の種類ではない。蝋梅油(ろうばいゆ)は薬として使用する。・・・
 朝の空いている時が貴重な時間でした。早起きで三文の徳?
 京都散歩は連載でまだ続きますので、またご覧頂ければ幸いです。次は東山方面へ行きます。

Commented by TAKUCHAN at 2007-02-22 14:50 x
冬の京都あまりに美しくて言葉になりません。大阪へ出張がてら命の洗濯をしてきたようですね。ペンギンさんの満足げな顔が目に浮かぶようです。こちらは、プログを拝見する余裕すらなく慌しい数週間でした。来月娘のアパート探しのついでに鎌倉散策でもと考えています。
Commented by ciao66 at 2007-02-22 22:15
TAKUCHAN ご多忙中に命の洗濯させて頂き、感謝しています。
遊ぶばかりでなくちゃんと仕事も忘れずに?してきましたが・・・・。
 ところで鎌倉はいい所ですね。季節も良くなってくるし、江ノ電でちょっと足を伸ばして江ノ島も面白い所でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬の京都は美しかった(その2:... 三居沢発電所と三居沢不動尊 >>