<< 姫林檎?と毘沙門天 角田の四方山 >>

白石城のお正月

2007年1月1日(月)の続きです。
12時過ぎに白石城にやって来ました。
10年ほど前に一度来ました、今回は2度目。
ここは平成7年に復元されたお城です。
ここは唯の復元ではなく、全国的にも少ない「木造による復元」。
他の多くのお城は鉄筋コンクリートの復元ですから、ここの価値が有ります。
写真は大手二階門です。
f0100593_19165743.jpg

 元々は伊達の所領→豊臣秀吉により没収→それを正宗が奪い返す、という歴史が有ります。
江戸時代にも仙台藩は2つの城を持っていました。
普通は一国一城令があるので不可でしたが、特別に許されたようです。
一つは仙台城(青葉城)そしてもう一つが白石城。 
地図はここ。いつもとは違うmap fanです。
続きはMoreをクリック。



↓大手二階門からお城の外側方向に振り返ったところです。
f0100593_19175421.jpg

ここは伊達藩家臣の片倉氏の居城でした。
片倉氏は優秀な家臣だったようです。
片倉景綱は正宗の小田原参陣を促したとか、片倉小十郎重長による大阪夏の陣の真田との闘いとか、片倉小十郎景長による伊達騒動の収拾等。
・・前に来たときには全く意識しませんでしたが、今回勉強しました・・byパンフレットですが。
↓天守閣です。
f0100593_19171032.jpg

↓アップで。
f0100593_19485949.jpg

↓天守閣に登りました。すべて木造!当たり前のようですが・・・
11年前に復元して作ったから凄い。見てみるとなるほどと思います。
f0100593_19183435.jpg

↓天守からの眺め。当時この辺には建物が密集していたようです。
f0100593_19241544.jpg

↓先ほどの大手二階門の構造がよく見えます。堅固な守り!
f0100593_19235981.jpg

↓白石市内。ところで、「白石」は「しろいし」が○。しらいし、は×。
ちなみに前回の角田は「かくだ」が○。かくた、は×。・・・日本語は難しい。
f0100593_19243065.jpg

↓最後に、不望山。白石まで来て近くなった分、迫力ありますが、残念なことに午後になって背景がちょっと曇りで冴えません。
f0100593_19355560.jpg

お城を見た後、白石名物「うーめん」で冷えた身体を温めました。
・・素麺の一種のようなものですが、麺を作る時に油を用いないのと、長さ10cm程度と短いのが素麺と違うところ。
↓お正月ですから初詣。本日2個目はここ。お城のすぐ横に有ります。
神明社・天満宮。人でいっぱいです。行列!
一組づつ参拝する為に並んでいます。
f0100593_19394322.jpg

順番が来ました。
↓しめなわです。ちょっと調べてみました。
・・・しめなわは「なわばり」を侵す、「なわばり」争いなどと云われるように一本の縄が境界を示し、占有のしるし、立入禁止のしるしを表す。・・・
又しめなわには清浄・神聖な場所を区画するため引き渡される。・・・
従って神社のみならず、巨大な岩や樹木、清浄な井戸、瀧、寺院にも掲げてることろもある。
正月、門松とともに戸口に注連飾りを置くのも、家の中に悪霊を入れず、穢れをさり無病息災・家内安全を願ってのことである。
注連縄(しめなわ)の豆知識から要約・抜粋。
f0100593_19395588.jpg

「ミニツアー」はまだ続きます。この後、武家屋敷に行き、最終目的地は小原温泉です。
後2回の連載予定。

@@@@@@@@@@@
2007年1月2日(火)
 2日はのんびり自宅で過ごしましたが、午後はフィットネス始めをしましたよ、今日はプログラム無しなので自主トレです。
ところで・・・・
 夜、NHK(総合TV)で「青海チベット鉄道~世界の屋根2000kmを行く」を見ましたが、
「行ってみたい」ですね!
崑崙山脈を5,072mの鉄道では世界最高の高さで通過、
青海省西寧からチベットのラサまで26時間。
途中の雪の山々、砂漠、草原の美しさ!手つかずの大自然。
昨年開通したばかり。
by ciao66 | 2007-01-02 23:30 | 東北あちこち | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 姫林檎?と毘沙門天 角田の四方山 >>