<< 冬の散歩道 25. 国境の橋を渡ってラウフ... >>

26. マカルト広場からセバスティアン教会へ歩く

オーストリア旅行の最終日、オーベンドルフからザルツブルクに戻って来ました。
飛行機の出るのは夕刻なので、まだ少し時間が有ります。
f0100593_21393438.jpg
ちょうど12時頃、路地裏に見つけたレストランです。
f0100593_19094160.jpg
料理の写真は上手く行かず、お皿と食器だけ撮ってどうする?(笑)。
f0100593_19091847.jpg
モーツァルトハウスそばのフュルストというお菓子屋さんに来ました。
手作りなのはここだけという、モーツァルトクーゲルンの元祖のお店。
(丸いチョコですが、買ったのはここだけなので、比較はできず。)
f0100593_21374651.jpg
橋を渡って、マカルト広場に来ました。
ここもモーツァルトハウスなのですが、生家が手狭になって、そこから引越した家です。
この2階部分に一家は住んでいましたが、2階だけでも結構広い立派な家です。
f0100593_21404669.jpg
建物はタンツ・マイスター・ハウス(舞踏教師の家)という通称で、実はこの家は、第二次大戦の空襲で粉々になって、最近になって再建されたものです。
2階からは写真禁止で、ご紹介できませんが、とても丁寧に再現されている印象でした。
公式サイトはこちら
f0100593_21405721.jpg
午後2時半ころ見学を終え、
リンツァー通りを少し歩いてセバスティアン教会に来ました。
f0100593_21410700.jpg
堂内の様子です。
f0100593_21414219.jpg
美しい回廊です。その外側は・・・
f0100593_21421030.jpg
教会の墓地になっていて、
f0100593_21431234.jpg
目当てのお墓を見つけました。
真ん中の大きい墓がモーツァルトの奥さんのコンスタンツェ。
小さい右側の墓が、モーツァルトの父、レオポルトの墓です。
f0100593_21425752.jpg
ニッセンというのはモーツァルトの死後しばらくして再婚した相手の姓で、コンスタンツェ・モーツァルトからコンスタンツェ・ニッセンに変わったわけです。
再婚したニッセン氏はデンマーク人の外交官で、コンスタンツェとともにモーツァルトの伝記や手紙の編集などに携わりました。

有能な教育者であったモーツァルトの父レオポルト、
彼がいなければ天才モーツァルトはいなかったはずですが、
お墓が脇に有って、小さいのは謎です。

午後3時半ころ、最後に来たのは、ミラベル庭園です。毎日のように来ていたのですが、一か所撮り忘れたところ、
ぐっと手を伸ばした二人の銅像は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のなかで
ドレミの歌を歌いながら通過したところでした。
f0100593_21440819.jpg
すぐそばのホテルに預けてあったキャリーケースを受け取り、バスでザルツブルク空港に向かいます。
20分ほどで空港に到着、近くて便利な小さなローカル空港です。
f0100593_21450223.jpg
乗るのはルフトハンザ子会社のユーロウィングス。
ゲートから歩いていき、タラップで飛行機に搭乗、このローカルさがいいのです。
f0100593_21452419.jpg
ザルツブルクの夕刻の空からの景色です。時刻は午後7時前ころ。
向かう先は、ベルギーのブリュッセルです。
f0100593_21460504.jpg
飛び立ってまもなく国境越え、ここはドイツの上空です。
f0100593_21464096.jpg
乗り換えのブリュッセル空港です。乗り換え時間は50分だけという忙しさで、遅れたら大変だったのですが、ほぼ定刻に着いてくれたので幸いでした。
f0100593_21473342.jpg
無事乗り換え完了し、今度はANA便で日本へ。
f0100593_21475609.jpg
雨の成田に到着。
この旅で初めて遭遇した雨。
f0100593_21481808.jpg
最後まで長々と旅行記をご覧いただき、コメントを頂戴し、
どうも有り難うございました。

さて、次回は何処へ?


オーストリアランキングに参加中。クリックして頂ければ幸いです。

by ciao66 | 2017-12-12 21:09 | オーストリア2017 | Comments(6)
Commented by トムソーヤ at 2017-12-13 22:20 x
旅も終わりましたね。お疲れ様でした。

お皿と食器だけの写真、アップするところがciao66さんらしい。
あと、ザルツブルグ空港からの帰国、意表をつきますね。

ウイーンやザルツブルクの歴史や景色や、そして映画と色々楽しく拝見しました。
ウイーンはいい街ですね。また行きたくなります。

来年はどこにゆくのか、楽しみですね。





Commented by cahieretstylo at 2017-12-13 22:53
旅の終わりはちょっと寂しいですね(私が行ったわけじゃないのに(笑))
次の旅の計画はそろそろ動き出すのでしょうか。

知らない街をたくさん見せていただいて、
自分も歩いたような気持ちになる楽しい旅行記でした。
ありがとうございました^^
Commented by ciao66 at 2017-12-14 21:30
トムソーヤ様、旅行記を最後までご覧いただき、コメントも頂戴しどうも有り難うございました。

 いつも忙しい旅で、次は少しはゆっくりした旅もいいかなと思いつつ、やはり同じパターン(笑)。

 今回の旅で国境地帯が面白そうと思いましたので、独・仏の境目辺りとか、周りを三か国に囲まれたルクセンブルクとか、思い付きのアイデアはいろいろ有るのですが、さてどうなりますか・・・。
Commented by ciao66 at 2017-12-14 21:39
cahieretstylo様、旅行記をお楽しみいただいたとのこと嬉しく思います。多くのコメントを頂き、後押しされてここまで来れました。どうも有り難うございました。

 次回はどうするか、考えるのも楽しいのですが、実現性の乏しいプランもいろいろ有るのです。ドナウ川をずっと水源地から黒海まで旅するとか、時間がかかって、大変そうですが、夢のようなプランも有ります(笑)。
Commented by Clearwater0606 at 2017-12-14 23:49
気力ありますね。一連のお写真を拝見して、そう感じました。

空からの風景、非常に興味深いです。
Commented by ciao66 at 2017-12-15 07:52
Clearwater0606様、旅のスタイルは様々ですが、自分で決めたスケジュールで、期間が短いことも有り、気力が続くのかもしれません。

 もっと気ままに長期間の旅が出来ればいいのですが、ちょっと非現実的な妄想の旅は、のんびりと休みながら?

多くのコメントを頂戴しどうも有り難うございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬の散歩道 25. 国境の橋を渡ってラウフ... >>