<< 史跡適塾を再訪し~懐かしい中学校へ 風は冷たくとも >>

司馬遼太郎記念館に行ってみる 

ピーチ・アビエーションに乗ってまた関西へ行ってきました。
写真は大阪湾のどこか、間もなく関空に到着です。
f0100593_20424016.jpg
南海に乗って難波で近鉄に乗り換え、東大阪市の小阪で降りました。
司馬遼太郎記念館へ行く途中にある小さな公園です。
f0100593_20442321.jpg
ここは司馬遼太郎の碑がある場所です。
小学校の教科書に司馬遼太郎の文章が掲載されていたとは知りませんでした。
f0100593_20525061.jpg
くねくね曲がる道、古い街です。
なぜこんな道なのか・・小坂神社の方向へ行きます。
地名は小阪なのに歴史のある神社は小坂・・・昔大坂だった大阪と同じパターンです。
f0100593_20443620.jpg
道端の菜の花。あちこちにあります。
地元の方が司馬遼太郎を偲んでのことですが、目を楽しませてくれます。
f0100593_20444265.jpg
小坂神社に到着です。
f0100593_20445199.jpg
神社横の雰囲気ある道です。
f0100593_20445611.jpg
昔は大和川が東大阪を通っていたというのは知っていましたが、
ちょうどこのあたりだったようです。思わず歴史散歩になりましたが、
道が不連続な不思議な曲線を描いていたのはその名残りでしょう。
f0100593_20450111.jpg
間もなく司馬遼太郎記念館です。
春の花が目を楽しませてくれます。赤はボケの花?
f0100593_20450523.jpg
地図を眺めてわかる河川跡です。小坂駅から南東に伸びるラインが旧川道で、
江戸時代の初期までは神社の西側は大和川だった!
f0100593_20451359.jpg
ここは司馬遼太郎が20年前に亡くなるまで住んでいた家です。
f0100593_20455231.jpg
今に残る表札。司馬遼太郎自筆です。
f0100593_20453126.jpg
花も樹木も一杯のお庭です。
f0100593_20455590.jpg
本物の書斎が今もそのまま残されていて、外から見ることができます、
司馬氏が執筆していた姿を想像しました。
f0100593_20460993.jpg
司馬遼太郎の蔵書はなんと4万冊もあるそうです!

家の中には入れませんがその隣に記念館ができています。(写真は入口の部分)
ここでは蔵書のうち約2万冊が安藤忠雄氏設計の大書架に収められている姿が壮観です。
残念ながら撮影禁止なので、こちらの建築作品集の三つめをご覧ください。
f0100593_20461686.jpg
記念館では、置いてある本を読んだり、ビデオを見たりで
2時間ほど!ゆっくり過ごしたあと、
近くの別のスポットへ移動です。
f0100593_20462544.jpg
喫茶美術館」です。
ここには司馬遼太郎の「街道を行く」の挿絵を描いた須田剋太画伯の絵が飾ってあります。
今時なかなか無いような、落ち着いた雰囲気の喫茶店でした。
f0100593_20463813.jpg
ここにあるのは挿絵ではなく須田氏の抽象画です。
f0100593_20465247.jpg
近鉄に乗って難波に戻ります。
特急でもないのにクロスシートがメインの電車が来て意外でしたが、後で調べたところ
混雑時にはロングシートに転換する、5800系でした。
f0100593_20470107.jpg
泊まったのは淀屋橋のアパヴィラホテルでしたが、とっても狭い。とっても高い。
外国人観光客急増の大阪とはいえ、ここが一泊15,000円(しかも朝食なしで)とはびっくりでした。ここで2泊。
f0100593_20470626.jpg
夕食は近くの沖縄料理店へ。
f0100593_20471102.jpg
沖縄といえばチャンプルーでしょう。
f0100593_20472433.jpg
泡盛初体験でした!
f0100593_20472783.jpg
「うろうろ関西編」は次回に続く。
by ciao66 | 2016-03-28 23:01 | 関西うろうろ | Comments(6)
Commented by cahieretstylo at 2016-03-29 17:41
さらっと関西まで飛んで行く、そのフットワークがいつもうらやましいです^^
記念館の書架は壮観ですね。
そして、喫茶美術館いいなぁ。家具がレトロで重厚感あって素敵です。
Commented by ciao66 at 2016-03-29 20:45
さらっと飛んで行けるのは、ありがたいです。ピーチ開通以来、仙台と関西はパイの奪い合いではなく航空客は全体的に増えているそうです。
一度は行きたかった司馬遼太郎記念館でしたが、行ってみてよかったです。
周辺の古い街のくねくね道も面白いところでした。
Commented by Clearwater0606 at 2016-03-29 21:10
行動力、素晴らしいです。

しかし、この国には色んな所があるんですね。
Commented by ciao66 at 2016-03-29 22:16
少しづつ体力も回復しているようです。帰仙後の体調も大丈夫でした。
関西の散歩の続きがあります。どうぞお楽しみに・・・。

Commented by トムソーヤ at 2016-03-30 13:48 x
久しぶりにリアルに出会えてよかったですね。

前日からあちこち散策されたのですね。
いつもながらの、フットワークの良さに感心します。

小生は、次の日に母親の見舞いのあと、十三付近を散策し、小学校、高校巡りでした。

関西散策の続きを楽しみにしています。

Commented by ciao66 at 2016-03-30 19:18
トムソーヤ様、和やかで楽しく懐かしさが一杯の同窓会でしたね。
また東京には行きますので、今度はゆっくりお話ししましょう。
私は同窓会の次の日は神戸方面へ行き、芦屋の散歩などをしていました。
続きをお楽しみに♪

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 史跡適塾を再訪し~懐かしい中学校へ 風は冷たくとも >>