<< 大文字山の眺めは素晴らしかった。 アサヒビール大山崎山荘のお庭と... >>

たそがれの嵐山を散歩する

天王山を降りて嵐山にやってきました。
向こうに見えるのは渡月橋、ちょうど日没の前くらいですが、
期待した夕焼けはなく、静かな夕暮れです。
f0100593_21170509.jpg
少し前に時間は戻り、阪急の嵐山駅です。
風情ある灯篭風のあかりが迎えてくれました。
f0100593_21145983.jpg
駅を降りてまっすぐに渡月橋には向かわずに、法輪寺に来ました。
f0100593_21150999.jpg
紅葉時にはさぞ美しかろうと思われるのですが
この時期なりに、緑のカエデも風情があります。
f0100593_21151494.jpg
法輪寺の階段を上る途中に有るのが電電宮。もともと雷の神である「電電明神」で、電気・電波だけでなくコンピュータ関係者からも信仰を集めている、という珍しい存在・・・お参りしました。
f0100593_21153316.jpg
本堂です。ここは虚空蔵さんなのでした。
f0100593_21153959.jpg
渡月橋から大堰川(おおいがわ)沿いに上流へ向かうと、保津川下りの船が並んでいました。
嵐山の付近だけは大堰川、この上流は保津川、渡月橋から下流は桂川、
さらに下流は淀川なのですが、なかなか難しいのです。
f0100593_21165120.jpg
さらに上流へ散歩します。
対岸は天龍寺なので観光客が多いところですが、この道はとても静かです。
f0100593_21170157.jpg
しだいに日暮れの雰囲気になってきました。
ちょっと寂しい風景ですが、これも風情があります。
f0100593_21170509.jpg
静かな夕暮、静かな嵐山・・・
f0100593_21171077.jpg
対岸には保津川下りの最終便でしょう。接岸していました。
f0100593_21172072.jpg
風情ある茶店に到着です。
もう営業時間は終わりかけ、お店の方はすっかり片付け中でしたが・・・
f0100593_21172749.jpg
わらびもちなら出来ますよ。ということで滑り込みセーフ。
この日の最後のお客さんになりました。
f0100593_21173117.jpg
こんな静かな嵐山は見たことなし。
ゆっくり一休みして、いい散歩になりました。
f0100593_21173528.jpg
すっかり日暮れです。
暗くならないうちに引き返します。
今はいいけれど、暗いとちょっと怖そう。
f0100593_21174974.jpg
お客さんを降ろして仕事を終えた船でしょう。
静かな夕暮です。
f0100593_21175450.jpg
渡月橋の向こうには比叡山のシルエット。
ほんのり染まった空。
f0100593_21180667.jpg
渡月橋を渡って嵐電の嵐山駅に到着すると、
知らないうちに和モダンな駅舎に変身していました。
f0100593_21182006.jpg
嵐電の大宮駅で下車し、ここから阪急に乗り換えて、
f0100593_21182469.jpg
四条烏丸の大丸京都店の中にある「田ごと」で夕食です。
ケーキなどでカロリーオーバーでしたので、控えめなボリュームにしました。
以前にもここで食べましたが、上品なお味で良かったのです。
f0100593_21183368.jpg
泊まったのはヴィアイン京都四条烏丸でしたが、改装したばかりで綺麗だったし、
一泊6400円でコストパフォーマンス良しでした。

次回はこの旅、2座目・・・東山の大文字山登頂記です。

by ciao66 | 2015-10-05 20:05 | 関西うろうろ | Comments(4)
Commented by Clearwater0606 at 2015-10-05 23:42
青が強調されたような不思議なお写真ですね。
Commented by ciao66 at 2015-10-06 06:36
加工無しですが、日没前の空の雰囲気と、背後にかぶさるようなの山の色彩、目の前に広がる川の色彩が反映されたのでしょうか・・・。
Commented by cahieretstylo at 2015-10-06 11:12
全体に青みがかった景色になっているのは夕方の光線の加減でしょうか。
静かな佇まいを演出していますね。
そして嵐山の駅の灯ろう風のあかりがいい感じです。
降り立った駅がこんなふうだと、旅人としてはワクワクしますね^^
Commented by ciao66 at 2015-10-06 18:37
静かな夕暮の嵐山はいつもとは違う感覚でした。
ふとした瞬間に見せる光景だったのかも知れません。
駅の灯ろう風のあかりは日中だと気に留めなかったかもしれず
ちょうど点灯する時間で雰囲気を味わえてラッキーでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大文字山の眺めは素晴らしかった。 アサヒビール大山崎山荘のお庭と... >>