<< 上野東京ラインに乗ってみる。 光は春、風は冬。 >>

春を待つ岩切城

中世の城跡、岩切城へ登る道です。
f0100593_17071714.jpg
手前の入口には立派な史跡の石碑があります。
ここは宮城県民の森に通じる道の途中。
f0100593_17071424.jpg
更に登っていくと、山城らしい掘割の跡が表れます。
ここから曲輪の上に上がってみましょう。
f0100593_17073314.jpg
いい眺めです。
f0100593_17074081.jpg
遠くには泉ヶ岳がくっきりと。
f0100593_17073792.jpg
さらに上に曲輪は続きます。ここでお城の歴史を簡単に。
南北朝の時代にはすでに城は有り、当時は岩切城合戦などというものも有った。
伊達政宗の時代は叔父の留守政景のお城であったが利府に引っ越しして廃城になった。
f0100593_17074411.jpg
桜並木なのでその頃は綺麗でしょう。
f0100593_17074876.jpg
一番上の曲輪に到着です。標高106mの高森山頂上。
ここも桜の木がいっぱいで気持ちよさそうなところ。
f0100593_17075889.jpg
ここからは太平洋が見えます。
といっても仙台港周辺の工業地帯なのですが。
f0100593_17075560.jpg
ちょっとズームしてみましょう。
新幹線も走っています。
f0100593_17075228.jpg
案内地図です。


山城はさらに続きます。
結構広大なのです。東西約500メートル、南北約400メートル。
道を向こうに行くと・・・。
f0100593_17080177.jpg
いい感じの山道。
f0100593_17080550.jpg
ここがポイント!という場所に来ました。
「土橋」です。渡ったところから振り返っています。
f0100593_17080868.jpg
ここで案内図を見てみましょう。
一番左の○が侵入してきたお城の入り口。
赤丸は泉ヶ岳が見えたところ。
オレンジ色は太平洋が見えたところ。
そして、「土橋」はピンク色の丸のところです。
f0100593_17193072.jpg
土橋を渡って先に進むと、広い園地に出ます。(案内図の黄色い丸印)
ここも気持ちのいい場所ですが、3年前に反対側から登って来ました。
3年前は震災の影響で土橋のところは崩れて通れなかったのです。
f0100593_17081253.jpg
立派なサクラの木。
花見にもう一度来てみたいものです。
f0100593_17081523.jpg
あぁ面白かった。下りは楽ちんです。
f0100593_17081826.jpg
ここは自然の地形を利用した、とても素晴らしい山城でした。
f0100593_17082113.jpg
最後の一枚は、県民の森で発見したマンサクです。
f0100593_17082892.jpg

by ciao66 | 2015-03-06 17:59 | 仙台散歩 | Comments(6)
Commented by Clearwater0606 at 2015-03-07 18:18
岩切城、なかなか素晴らしい所のようですね。もうちょっと暖かくなったら行ってみようかな。
Commented by cahieretstylo at 2015-03-07 22:47
泉ヶ岳から仙台港まで、素晴らしい眺望ですね!
よく晴れた日に行ってみたいです^^

Commented by ひろし at 2015-03-08 11:50 x
岩切城跡、眺望も楽しめて良いところですね!
立派な桜の木もあり花の咲く頃の美しい風景が想像できます。
利府は、ジャスコも有り印象に残っているのですが岩切は、ノーマークでした。
Commented by ciao66 at 2015-03-08 12:22
Clearwater0606様、サクラの咲くのを想像しながら歩いていました。来月の下旬ころでしょうね。
Commented by ciao66 at 2015-03-08 12:25
cahieretstylo様、春になると霞がかかるでしょうが、泉ヶ岳の残雪はまだ残り、お天気良ければ眺めもいいでしょうね。お薦めスポットです。
Commented by ciao66 at 2015-03-08 12:32
ひろし様、中世ころはまだ仙台の町の出来る前で、今ではちょっと考えられませんが、この岩切が付近一帯の中心地だった!
 街道が交差し、水運も利用できるところで、意外な歴史スポットだったようです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 上野東京ラインに乗ってみる。 光は春、風は冬。 >>