<< まだ緑が優勢だけど・・・ -3- 大阪ステーションシティ... >>

-4- 大坂の陣400年の茶臼山&天王寺公園へ

天王寺公園は大昔・・・40年ほど前・・・によく来たところでしたが、
そのころは入場料150円が要らずでした。当時とは少し様子が違うようです。
ここから夕方まで妻と別行動の一人旅です。
f0100593_18161383.jpg
この時期バラが咲いているかと期待しましたが、ちらほら見かけただけ。

ベービーカーを押して動物園へ行くのでしょう。
f0100593_18160602.jpg
公園内のシマウマのオブジェです。
f0100593_18154262.jpg
バラを発見♪
f0100593_18161768.jpg
紅葉も発見しました。
f0100593_18162632.jpg
公園内の大阪市立美術館です。右手に回ると・・・
f0100593_18163175.jpg
あれっ慶沢園は休園でした。改修工事だったようです。
休園情報はホームページには書いていなかったと思いましたが・・・。
残念ですが仕方ありません。外から眺めることに。
f0100593_18163597.jpg

慶沢園と美術館と茶臼山はすべて住友の本宅だったところで、
大阪市に土地を寄付したところです。

1914年(大正3年)住友家本邸が鰻谷から茶臼山に移転、
1925年(大正15年)住友家は神戸の東灘区住吉(当時住吉村)に移転、
1936年(昭和11年)美術館が開館し庭園も同時に市民に解放。

美術館の建物の裏側(慶沢園側)のとてもレトロなレストランに入りました。
窓がとってもアート♪
f0100593_18164163.jpg
大きな揚のきつねうどん。麺は讃岐うどんのようには期待できませんが、
レトロそのものの雰囲気は味わえました。
f0100593_18164695.jpg
大阪市立美術館のファサードです。
先に茶臼山へ行ってから入場することにします。
f0100593_18165060.jpg
茶臼山への登りです。
f0100593_21143002.jpg
頂上付近は樹木が茂って眺望なし。でもいい雰囲気です。
f0100593_18165483.jpg
降りてくると、美術館や慶沢園との間に河底池が見えます。
ここも住友家のお庭だった!
f0100593_18171366.jpg
史跡茶臼山のモニュメント。
f0100593_18165788.jpg
ここは大坂の陣の舞台だったところ。1614年の冬の陣ではここは家康側の陣地になりました。1615年の夏の陣では真田幸村がここに陣取り、家康の首をもう少しで取るまで迫ったのですが、及ばずに逆に打ち取られてしまいました。
f0100593_18170175.jpg
古戦場跡の説明版です。
f0100593_18170610.jpg
知らずに来たのですが、ちょうど400年前の出来事でした。
ところで2016年の大河ドラマは「真田丸」だそうです。
橋は渡らずに河底池をぐるっと回って一周することにします。
f0100593_18180370.jpg
東端まで来ました。街中とは思えないところです。
f0100593_18172184.jpg
風情ある板塀。
ここは散歩道としてもとても素晴らしいところでした。
f0100593_18172740.jpg
常緑樹が茂ってこんもりとした茶臼山の全貌です。
英語ではマウンドと書いてありました。なるほどそういう形です。
古墳ということになっていますが、はっきりとはよく判らない謎の山。
手前は河底池と和気橋・・・和気はあの和気清麿のことです。
f0100593_18175101.jpg
この河底池は和気清麻呂が上町台地に人工的な川を作ろうと工事をした跡だというもあります。だから河底池という名前。
そうだとすると、茶臼山は古墳ではなく掘った土で作られた山かも知れません。
大都会の真ん中に残る謎、そういう意味でも面白いところです。
f0100593_18181321.jpg
長文ですがWikipediaから引用します。
和気清麻呂は・・延暦4年(785年)には、神崎川淀川を直結させる工事を行い平安京方面への物流路を確保した。その後、延暦7年(788年)にのべ23万人を投じて上町台地を開削して大和川を直接大阪湾に流して、水害を防ごうと工事を行ったが費用がかさんで失敗している(堀越神社前の谷町筋がくぼんでいるところと、大阪市天王寺区茶臼山にある河底池はその名残りとされ、「和気橋」という名の橋がある)。

天王寺公園から見える「あべのハルカス」です。別行動の妻はそこで友人とお話し中のはず。
周囲には高い建物はなく何処からもよく見えます。
高さ300m。中に入っているデパートは大きいが魅力は?
f0100593_18183748.jpg
ところで旅のあと、私が読書中の本は「幕末住友役員会」佐藤雅美著(昭和62年)。
江戸時代末期の別子銅山のお話ですが、住友家と幕府との駆け引き、当主と番頭の駆け引き、銅価格のからくりなども判り、なかなか面白い。

@@@@@@@

次回は上町線に乗って路面電車の旅で
朝ドラ「マッサン」のロケ地にも行きます♪
by ciao66 | 2014-10-18 23:01 | 関西うろうろ | Comments(6)
Commented by Clearwater0606 at 2014-10-19 08:41
こんな素晴らしい所もあったんですね。知りませんでした。それにしても凄いなあ。
Commented by トムソーヤ at 2014-10-19 08:54 x
大阪出身のくせに、じつは茶臼山や慶沢園、全然知りませんでした。
大阪にもこんな緑の場所があったのですね。
ハルカスは開業前に見ましたが,近鉄百貨店、こんな田舎にと、高いものも安い物もごった返のデパートでしたね。

Commented by ciao66 at 2014-10-19 21:41
Clearwater0606 様、散歩スポットとしては素晴らしく、歴史もてんこ盛りの面白いところでした。
Commented by ciao66 at 2014-10-19 21:47
トムソーヤ様、私も今回再訪して今更ながらとても素晴らしいところだと思ったのです。若いころにはそうでもなかったので、その良さは年齢とともに判るようになるのかも?
 ハルカスの近鉄デパートはほんのちょっとだけ覗いてみましたが正直がっかりスポットかもしれません。デパートらしい華やかさがないように感じました。
Commented by 変愚院 at 2014-10-21 11:00 x
茶臼山、長い間行っていませんが、河底池東側の板塀横の散歩道など昔ながらの風情が残っているようですね。
天王寺はときどき通るので、慶沢園にもまた行ってみたくなりました。
Commented by ciao66 at 2014-10-21 21:04
河底池の散歩道の板塀は、公園のものならいざ知らず、お隣のものなのでさていつまでそのまま有るのか、できれば雰囲気有る散歩道がそのまま残ってほしいものですね。
若いころにはこんなにいいところだとは気づきませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< まだ緑が優勢だけど・・・ -3- 大阪ステーションシティ... >>