<< 「山アナボコと川埋木」 仙台市野草園で秋を感じる >>

ちょっとだけ秋の榴ヶ岡公園へ ⇒ ピカソ愛と芸術の版画展を観る

朝夕は秋、それでも日中はまだまだ夏が支配する仙台、
秋を探しに榴ヶ岡公園へ行ってきました。
ハナミズキの紅葉です♪
f0100593_20334296.jpg

そしてプラタナスの黄葉も!
f0100593_20254291.jpg

日影を歩けば風は秋の気配です。
f0100593_20255370.jpg

桜の黄葉も発見。
f0100593_20362499.jpg

そして、本日の一番の発見は・・・
少しピンクに色づいた木の実です。ちょっと形がいびつで・・・、
f0100593_20261086.jpg

アップで撮ってみると、
ジャガイモのようなショウガのような、ごつごつした形の木の実!
f0100593_20261895.jpg

不思議なかたちです。何でしょう?
f0100593_20262610.jpg

この枝と葉っぱは見覚えがあるような・・・
f0100593_20263439.jpg

幹はこんな感じ。
f0100593_20321950.jpg

上の方にはすっかりピンク色の実も有りました。
そして、帰宅後の調査で答えは判明・・・・ 
f0100593_20265558.jpg

「ゴツゴツした形の木の実」・・・をキーワードに画像検索してみると、

身近な植物、コブシの実でした!!

ゴツゴツしたのは名前通りに拳の形だったようです。

これから秋は深まるにつれて、
形も色もどんどん変化していくようです。
知りませんでした。

今年の春に見たコブシの花

@@@@@@@@@@@@@@@@@

公園散歩のあとは仙台PARCOへ、
お買い物ではなく、 ピカソ愛と芸術の版画展へ。
芸術の秋なのです。仙台では9月13日〜10月6日に開催。
f0100593_2027539.jpg

絵のスタイルを次々変えたピカソですが、
ピカノの線描のラインは美しいカーブを描くのに感心。

そして、会場の出口で貰ったおまけです。
三角くじのような?
開けてみると・・・
f0100593_2027143.jpg

いかにも、ピカソらしい言葉ですね。真実をついている気もします・・・。
f0100593_20272942.jpg

ピカソの言葉のどれが当たるか
行って見てのお楽しみ、ということのようです。
by ciao66 | 2013-09-21 21:31 | 仙台散歩 | Comments(2)
Commented by ひろし at 2013-09-22 13:48 x
秋の気配を少しずつ感じることが出来るようになりましたね。
コブシの実、もっこりした生姜の実のようで印象的です。
実は、最寄り駅前にこのコブシの実があり、「変な実だなあ」と思っていました。
偶然にも、一つ難問がクリアできました。
ピカソの版画展、芸術の秋へとつながり納得!うまいつながり方ですね。
Commented by ciao66 at 2013-09-22 20:55
コブシの実ですが、その花の清楚な姿からは想像できないような
個性的でインパクトのある形ですね。
これから赤い実がはじける時期まで、忘れずに観察してみたいと思います。

ピカソの言葉によると、女性はみな毎日絵を描く芸術家!
さすがに鋭い観察眼ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 「山アナボコと川埋木」 仙台市野草園で秋を感じる >>