<< 第8話 主計町の「暗がり坂」と... 第6話 金沢城をぐるっと一回り >>

第7話 金沢21世紀美術館と金沢の寿司店

「スイミング・プール」@金沢21世紀美術館
人が来るのを待っていました。
プールの底から何が見えるか・・・向こうからこちらがどう見えるのか。
f0100593_212595.jpg

誰もいないと淋しいプール。
プールの上から手を振ると、下からも応える・・・それで現代アート?
f0100593_2124716.jpg

「市民ギャラリー2004.10.9-2005.3.21」・・・・という名前の作品。
美術館の中では、これが一番わかりやすいし、美しい、と思うのです。
美しいのは加賀友禅の模様だから。
f0100593_218180.jpg

このロッキングチェアーも素敵でした。
ここに座って、向こうに見えたのは・・・
f0100593_2113998.jpg

「雲を測る男」・・・・何が言いたいのだろう?
f0100593_2115373.jpg

これも芸術作品。並ぶと美しく、判りやすくていい・・・キッズスタジオの子供の作品です。
f0100593_2133412.jpg

建物の曲線で切り取られた景色・・・アートです。
f0100593_21254465.jpg

音で遊ぶのもアート。
f0100593_2141350.jpg

晴れていれば色つきの影もアートらしいが・・・曇りだと、なんだかわからない作品。
「カラー・アクティビティ・ハウス」
f0100593_2142877.jpg

人間が入るとアートになる?
f0100593_2144236.jpg

 私にとっては、なんだかわからない美術館でした。
 プールの地下以外はすべて無料ゾーンで見られる作品で、
見るべきメインの作品はほとんど無料ゾ-ンに有ります。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@

美術館に行く前に、予約していた金沢の寿司屋さんで食事。
行ったのは香林坊から歩いてすぐの乙女寿司です。
f0100593_212401.jpg

アジ
f0100593_215284.jpg

マコガレイ
f0100593_2114217.jpg

甘エビ
f0100593_21143551.jpg

赤イカ
f0100593_21144626.jpg

地マグロ中トロは撮らずに食べました(笑)。

牡丹エビ
f0100593_21202381.jpg

バイ貝
f0100593_21163494.jpg

アワビ(煮ている)
f0100593_21164524.jpg

お吸い物はうまく撮れず。(モズクの味噌汁)

キス(昆布締め)
f0100593_21171257.jpg

アナゴ
f0100593_21172576.jpg

地物を中心にお願いしたのですが、
金沢は寿司が美味しいと、妻も満足して正解。
私はアジとバイ貝が特に良かったのです。

金沢編は残り2回・・・次は何処でしょう?
by ciao66 | 2013-07-16 21:06 | 中部地方 | Comments(6)
Commented by cahieretstylo at 2013-07-16 22:56
ふふふ。五感で体感できるアートでしょうか?おもしろいです☆
なんだこれ?と首をかしげるのも観賞の仕方の一つですよね。
現代美術はなんだかわからんけど魅かれるというものから
うわっこれ苦手!とはっきり思うようなものもあったりして、
どちらにしても心がざわついてきます。

それに引き替え、お寿司の安定感は素敵です^^
どれもピカピカでおいしそう~
Commented by はなみずき at 2013-07-17 13:58 x
美と食の今回編も魅力がいっぱいです。

 モダンアートは、この歳になると解かりにくいですが、
金沢らしい加賀友禅をモチーフにしたものは、きれいで
解かりやすいです。
 こんな、ロッキングチェアーが身近にあったら素敵ですが・・

会席料理にスイーツ、見事なにぎり、食の担当の奥様、
はなまるですね。

 一人旅もよし、一緒に楽しめる同伴者がいると、さらに
よしですね。
Commented by ciao66 at 2013-07-17 17:19
cahieretstylo様、ここの個性ある作品には首を傾げっぱなしでしたが、
たしかに何らかの印象は残った気がします。イメージのインプット?
ただ、屋外のものが多いので、やはり晴れのほうが作品も見栄えがいいのでは・・・
梅雨だったのに、しつこくお天気のことを・・・(笑)。

寿司屋さんは、味も良かったのですが、これも一つの作品、
見た目がアートな印象も有りました。
Commented by ciao66 at 2013-07-17 17:32
はなみずき様、モダンアートは時々はいいぞ、と思うものも有りますが、
私もあまり得意では有りません。
水玉模様の草間彌生は好みですが・・・ここには無かったし。
でも、屋外や無料ゾーンでは写真撮ってもオッケーだったのは良かったです(笑)。

今回は任務分担がうまく行って、特に食の方が豊作でした。
まぁ、行って見なければ判らない、食べて見なければ判らないとはいえ、
ここ金沢では幸運にも成功率高しでした。
そもそも、金沢というところが「美と食の町」なのかもしれません。
Commented by Clearwater0606 at 2013-07-17 20:40
金沢21世紀美術館、なかなか素晴らしいですね。特に、下から見上げたスイミング・プール、いいですなあ。これ好きです。

お寿司も素晴らしい。食文化を感じますね。
Commented by ciao66 at 2013-07-17 22:25
やはり、見る人が見ると、ツボなんですね。このプールが。
確かに、見上げて人間がいると、手を振ったりしてちょっと面白くなりました。
ここでは、美術館だけではなく、おっしゃる様にお寿司もアートと文化を感じました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 第8話 主計町の「暗がり坂」と... 第6話 金沢城をぐるっと一回り >>