<< 蝋梅と木蓮 雪の広瀬川 >>

冬の台原森林公園

雪だらけの台原森林公園にやってきました。
地下鉄旭ヶ丘駅前ですが、ここは目標地点だったのです。歩き始めたのは・・・
f0100593_1815178.jpg

一駅離れた台原駅からです。雪の残る遊歩道を行きます。




f0100593_17531829.jpg

森の中なので陰は凍っています。氷だらけの台原森林公園。
f0100593_17532594.jpg

こういう地道も有ります。
f0100593_17533240.jpg

ランニングする方とすれ違いながら、
f0100593_17533890.jpg

ちょっと明るい木洩れ日の中を行きます。
f0100593_17534442.jpg

暫く行くと、また凍り付いています。
f0100593_17535156.jpg

順番に現れる土と氷、また氷と土。
f0100593_1754011.jpg

左に行くと展望スポットですが今日は右へ行きます。
f0100593_175493.jpg

段々空が明るくなりました。日当たりのいい場所に来たようです。
f0100593_17541850.jpg

眼下に公園の池が見えます。
f0100593_17543089.jpg

樹木越しに仙台市科学館も見えます。
f0100593_17544039.jpg

また雪道。
ランニングする方はどの方も軽快に走っているのですが、どんな靴を履いているのか??
スパイク付なのでしょうか?それとも慣れているだけ?
f0100593_17544986.jpg

私は滑らないように、砂がまかれた上を選んで歩いていました。
f0100593_1755226.jpg

1.3km歩いたようです。ここを下ればまもなく山道は終わりです。
f0100593_1755421.jpg

森の中から春を思わせる明るい青空が正面に現れ・・・♪
f0100593_17555440.jpg

広々した下界?に降りてきました。
f0100593_1756312.jpg


池はうっすら凍っていました。よく見ると雪のかけらが氷の上に有ります。
カモたちは何処へ行ったのでしょう。
f0100593_1801521.jpg

広々した気持ちのいい所。向こうは仙台市科学館です。
f0100593_1802566.jpg

池を渡るとカラスザンショウ?を発見。
f0100593_1803646.jpg

モクレン、どこかに有ったはずなのに場所が判らず・・・。

科学館の上からは展望がいいのですが今日はパスして、
f0100593_181095.jpg

彫刻のある広場まで来ました。
f0100593_1811244.jpg

散歩の方も少しは居ますがランナーよりは少ないのです。寒いからでしょうか。
f0100593_181194.jpg

台原森林公園の周回路を4分の3周ほど廻って、地下鉄旭ヶ丘駅に到着。
ここのデザインはなかなかいいと思うのです。アーチがリズミカルです。
(道路の下が駅なのですが、電車から外の公園の景色が見えます。)
f0100593_181303.jpg

もう一度青空・・・冬の青空ですが雲ふわっとがいい感じ。
f0100593_1813997.jpg

駅を通り過ぎ振り返って撮ったのが冒頭のこの一枚で、
本当の目的地は画面左手に見えています。
f0100593_1815178.jpg

ここを登ると一周して台原駅ですが、ここで引き返します。
f0100593_19483653.jpg

再び駅舎。
f0100593_182110.jpg

駅から地上に出て、目的地の青年文化センターの建物。
f0100593_1821228.jpg

市民能楽講座だったのです。

私は解りやすい狂言のほうが目的だったのですが、この「棒縛り」なかなか楽しめました。
主人と奉公人の知恵比べの喜劇。縛られたままどうやって上手くお酒を飲んだか・・・。

能の「吉野天人」はちょっと猫に小判・・・(汗)。天人の桜の舞よりは、
鼓のポンポンというとても気持ちのいい音色だけが印象に・・・(笑)。
f0100593_1821880.jpg

by ciao66 | 2012-02-11 19:53 | 仙台散歩 | Comments(6)
Commented by Clearwater0606 at 2012-02-11 20:02
台原森林公園にはしばらく行ったことがないのですが、とても参考になりました。暖かくなったら、散策に行ってみたいです。

しかし、かちかちに凍り付いてますね。ちょっと滑りそうで恐いです。

お疲れ様でした。
Commented by ciao66 at 2012-02-11 20:42
やっぱり新緑のころが歩くにはいいですね。
かちかち&つるつるです本当に。
靴は滑り止め付のものが有ると良さそう。
それにしても木蓮は果たして何処だったのか?
Commented by トムソーヤ at 2012-02-12 16:19 x
写真の中では、明るい木洩れ日がいいですね。
凍り付いた道は、確かに歩きにくいでしょう。
仙台の皆さんはどうしてるのかな。
長い道のりを見せて、本来の目的が、最後の2枚とは。
面白いオチでしたね。演題が狂言だから??
Commented by ciao66 at 2012-02-12 19:38
仙台の街中を歩く限りは、そんなに問題なしですよ。
ただし、底がツルッとした靴は履いてこない方がいいですが、そうでなければ大丈夫。
これが森林公園の山道となると話は別で、ウォーキングシューズでも不安定でした。
今年の冬は特別だったでしょうね。雪の写真ばかり目立ちます。
目的地のそばで散歩するのは私のいつものパターン・・・一石二鳥なのです(笑)。
Commented by はなみずき at 2012-02-13 11:52 x
ここの山桜が好きで、新緑の頃はこのコースで
歩いたりしますが、凍てつく道は大変そうですね。
 でも、青空が本当に美しく春の兆しが感じられます。
良く出来ているサスペンスを見ている様で、結末が
とっても良かったです。
Commented by ciao66 at 2012-02-13 18:49
意外な結末で?「なーんだそんなことだったのか」と最後は思われたことでしょう。
道のコンディションは悪かったもののお天気がよく
風は無かったので散歩自体は楽しめましたよ。
次回あたり、そろそろ冬景色も終わりにして、
春らしい題材を載せたいと思うのですが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 蝋梅と木蓮 雪の広瀬川 >>