<< 第47話:モネのお庭と睡蓮の池... 第45話:オーヴェール・シュル... >>

第46話:パリ・サン・ラザール駅からモネのジヴェルニーへ列車に乗って

(2010年4月15日その1)
いよいよ旅の最終日に入りました。朝8時20分、パリ・サン・ラザール駅(Gare Saint-Lazare)です。
これからル・アーブル行きの列車に乗って、ヴェルノンで降り、ジヴェルニーのモネの家に行きます。
f0100593_745322.jpg





駅に到着した列車から人がどっと降ります。
f0100593_873928.jpg

行き先はノルマンディーの一部なので、切符と乗り場はイル・ド・フランス(パリ首都圏)では無く、
長距離用のところです。
f0100593_7451076.jpg

モネの絵のアングルで撮ろうと思ったのですが、もっと近寄らないといけなかったようです。
f0100593_7452068.jpg

駅の三角屋根が特徴で有名な絵は、オルセーに有ります。↓7年前に撮った写真。
f0100593_19362743.jpg

モネはもう一つ蒸気機関車がメインのも残しているようです。

時刻表はSNCFのサイトで調べていたのですが、この日はまだストの影響で、8時53分発、ヴェルノンに9時32分着に時刻が更されていました。帰りの列車もこのスト告知のポスターで確認します。
f0100593_74709.jpg

これに乗っていきます。
f0100593_7471852.jpg

前日乗った近郊の電車とはだいぶ雰囲気が違います。
でもたった40分の乗車。海の見えるル・アーブルまで乗っていきたいのですが・・・。
f0100593_7473128.jpg

一つ目の停車駅。ここはまだパリの郊外の雰囲気。
f0100593_7474741.jpg

この辺りからさわやかな景色になってきました。
f0100593_748287.jpg

ここは通過駅。
f0100593_8839.jpg

次は目的地のヴェルノンです。小川の向こうのヤドリギが面白い。
f0100593_7481978.jpg

Vernonヴェルノン到着。バス乗り場は駅を出て右手線路沿い。
ちょっと判りにくいので地元のマダムに教えてもらいました。
f0100593_7493345.jpg

これです。ストで列車の時刻が変更になっていたのもかかわらず、バスはちゃんと連絡していました。
えらい!
そして、ドライバーはやっぱり女性。今回のフランス旅行中のバスは大半が女性ドライバーでした。
f0100593_7494734.jpg

バスはセーヌ川を渡ります。ここはパリから70kmほど下流、でも海にはまだ距離が有ります。
f0100593_750282.jpg

やどり木、また発見。ヨーロッパでは何故かよく見かけます。
f0100593_750324.jpg

乗車20分でGivernyジヴェルニーに到着。モネの絵がバス停の看板です。
f0100593_883914.jpg

こんな美しい村です♪ 散歩はあとにして、さっそくモネの家に向かいます。
f0100593_884944.jpg

この右手の建物。壁に蔦が生えています。
f0100593_751189.jpg

今回は「乗り物編」で終わってしまいました(汗)。
次回はたっぷりご案内します。モネのお庭と睡蓮の池、モネのアトリエに。
モネの絵リンク集→で、どうぞお気に入りの絵を見つけてください。

↓クリックに感謝♪

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村 


by ciao66 | 2010-08-27 21:07 | フランス紀行2010 | Comments(6)
Commented by ciaomami at 2010-08-27 23:13 x
モネって写真のような絵を描かれるのですね~とっても美しいです
ciao66さんのおかげでゴッホの絵とモネの絵は覚えられました!^^
通過駅の色使いがフランスの国旗の色のようでオモシロイですね~
田舎町の風景は心なごむ風景です・・・モネは素敵な村で育ったようですね
Commented by ciao66 at 2010-08-28 09:22
モネは1840年にノルマンディーで生まれ、1926年まで長生きしましたが、
ここには43歳のときに移り住み、43年間住んだので、ちょうど後半生の住まいというわけです。
やはり画家は景色のいいところに移住する人が多いようですね。
次々回はジヴェルニーのモネの散歩道を歩きます。
ps.三色旗は緑色のあるイタリアのが好みです(笑)。
Commented by はなみずき at 2010-08-28 10:52 x
いよいよ、ジヴェルニーですね。
 ゴッホが好き、モネもいいですね!と言うようなわけ
ですが、知らないことがいっぱいで、色々教えていただき
ました。
 フラットなホームがヨーロッパらしいですね。
天井からぶら下がっているのは、広告ですか?
人目を引きますが、フランス語はまるっきし駄目・・・
電車の中はとてもカラフルで、イスの形等もちょっと
ちがいますね。
 モネの散歩道、楽しみです。
Commented by ciao66 at 2010-08-28 15:45
サン・ラザール駅の天井からぶら下がっている、
トースターがショートしたのと、車のエンジンから煙が出ている絵・・
これは、保険会社の広告のようです。
何が起こるかわからないのでどうぞ・・・ということでしょうか。
フランスの広告はとてもセンスがいいかんじで、メトロの駅などでも感心しました。

モネの絵は明るい柔らかい色彩が好きなのです。
この日はゴッホのような巡礼の旅ではないので、
思い入れや深刻さはとは無縁の、
モネの絵のようなイメージのとても気楽な旅でした。

Commented by ちゃぐママ at 2011-10-17 23:50 x
初めまして!とってもわかり易いブログに感謝しています。こんなブログの情報がほしかったのです。アクセスはやっぱり一番大事ですよね。
来週夫と美術館巡りをします。ほかにもいろいろ参考にさせて下いね。
Commented by ciao66 at 2011-10-18 07:24
ちゃぐママ様、お役にたったようで幸いです。
行きたいけれどガイドブックにも詳しい情報がないところ有りますよね。
秋のフランス美術館めぐりいいですね!Bon Voyage!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 第47話:モネのお庭と睡蓮の池... 第45話:オーヴェール・シュル... >>