<< 第22話:リアルト市場のちょっ... 第20話:「迷宮都市ヴェネツィ... >>

第21話:「トラゲット」と呼ばれるゴンドラはヴェネツィア大運河の渡し船

2009年4月28日(その3)
トラゲット(traghetto)というのは渡し船のことで、対岸まで渡してくれるゴンドラなのです。
大運河に架かる橋は、数か所しか無く、トラゲットが市民の貴重な足になっています。
 ちょっとヴェネツィア市民に混じって、ゴンドラ気分を味わおうというわけで、
カッレ(裏道)を通って、ここに来たのです。
f0100593_691774.jpg

トラゲットの続きはMoreをクリック。




前の記事にも登場しましたが、これがトラゲット乗り場。traghetto s. sofia。
f0100593_68549.jpg

こぎ出しました。
陣内教授の「迷宮都市ヴェネツィアを歩く」によると、トラゲットは「立って乗るのがマナー」 と有り、
私は、足を少し広げて立っていました。写真も写しやすいし・・・でも、
あれっ、座っています。地元人では無いのでしょうか、それとも、すいていれば別に構わないでしょうか?
f0100593_693235.jpg

でも、前を向いて立っている方もちゃんといるのですね。
緑の船はなんだったのでしょう。運河用の貨物船?
f0100593_694998.jpg

もうすぐ向こう岸です。あっという間。2分間くらい。
左手の船は、ヴァポレット(水上バス)です。後ほどこれにも乗ります。
f0100593_610211.jpg

大運河を振り返ります。
f0100593_6101511.jpg

着きました。全部で9人位乗っていたようです。
とっても面白い€0.5のツアーでした。
f0100593_6103019.jpg

入れ替えに、向こう岸に渡る方が乗っています。
降りたこちら岸は、リアルトの魚市場の辺りです。
f0100593_6104358.jpg

次回は「リアルト橋」の巻です。

by ciao66 | 2009-06-04 22:07 | イタリア旅行2009 | Comments(6)
Commented by ciaomami at 2009-06-04 22:29 x
私の認識も座って乗るのが「ゴンドラ」で立ってのるのが「トラゲット」でした
トラゲットは「立って乗るのがマナー」。。。何でも有!がイタリア流なのかも…

Commented by ciao66 at 2009-06-04 22:46
「何でも有!がイタリア流」と言われれば、
そうかそんなものか、と、つい納得してしまいます(笑)。
Commented by inakamon55 at 2009-06-04 23:30
観光本ではわからないciao66さん目線での紹介が、ヴェネツィアを一層素敵な街に見せてもらってます。
裏路地も良かったですが、船の旅もいいですね。
ここが島とは知らなかったし・・・・・。
残りの写真が楽しみです。
Commented by ciao66 at 2009-06-05 06:17
ヴェネツィアが島だというのは意外に知られていないし、
本土にくっついていると思われている場合が多いようです。
さらに、ヴェネツィア本島自体が「小島の集まり」だ、という事実は、
意識して見て、始めて「そうか」と思うことことです。
・・・ヴェネツィア編はまだまだ続きます、どうぞお楽しみください。
Commented by 変愚院 at 2009-06-05 09:53 x
またまたciao66さんとご一緒に、ヴェネツィアの路地裏を
歩いている気持にさせて頂きました。
基礎知識は小学館のDVD本で得たばかりなのですが、
ciaoさんの視線は違った角度から町の様子を切り取っておられて、とても楽しいレポートです。
いつの日か、ゴンドラに揺られて水の都を巡ってみたいと思いました。
トラゲットやヴァポレットにも乗ってみたいです。
小雨模様の今日は、Google Earth も合わせて見て、ヴェネツィアへ旅行した気分に浸るつもりです。
Commented by ciao66 at 2009-06-05 19:45
いい本との出会いが素敵な旅のきっかけでした。
「迷宮都市ヴェネツィアを歩く」を書いた陣内教授は建築歴史家で、ヴェネツィア建築大学に留学し、イタリア建築・都市史の専門のようです。前にNHKのイタリアの番組にも登場していました。
 普通のガイドブックで断片的には語られているだけの、街の成り立ちの歴史的背景や、どのように街が変化して今の状態に至ったか、という辺りを、この本では体系的かつ、実際の街歩きの景色のなかで語っていますので、興味深かったのです。
 ということで、私のうんちく書きは、その本の受け売りなのです(笑)。
ヴァポレットや海の景色は後ほど何回も登場します。お楽しみに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 第22話:リアルト市場のちょっ... 第20話:「迷宮都市ヴェネツィ... >>